大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの社長をしている 大谷光彦のブログです。

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

阿川佐和子著「強父論」を読んで 

昨年の夏に94歳で亡くなった阿川弘之のことを娘の阿川佐和子が描いた「強父論」が滅法面白かったです。彼女の文章の旨さもあるのでしょうが、暴君の父親を描きつつ、その父親に対して娘であり女である彼女が持っている“屈折した”愛情や敬愛の感情が、そこはかとなく鳴り響いているような本でした。読み進んでいるうちに、腹を抱えて笑いつつ不覚にも涙が出てしまう個所がいくつかあるのです。「男と女」の複雑で不可思議な関係が「父と娘」の関係を通してその深みを増して迫ってくる感じがあります。

強父論写真


たまたま今年は幸田露伴の生誕150年で、娘の幸田文、孫の青木玉、そしてひ孫の青木奈緒という女系の目を通して語る露伴の番組をNHKで見ましたが、女性の力を通して継承され残されていく戦前の言語教養とか身体文化の価値とどこか通じ合うものもあります。男性より女性の方が、そういう、特に身体文化に価値を見出し残す力があるような気がします。男のことは女性の方が解るのでしょうね。

シンプルであること、一貫しているということ、こだわるということ、自分にも他人にも嘘がつけないほど不器用であるということ。こんな男は現代の社会では生きてはいけないでしょう。存在してもその価値が評価されるどころか同情すらされないでしょうね。天然記念物なみの存在でかつDVの加害者扱いにされることでしょう。

前時代的で諸悪の根源のような「男」や「父」がついこの前までの日本に存在した証が展開されている本ですが、もう一度「男」や「父」を考え、自分の一見ヒューマンな考え方の偽善を思った次第です。
スポンサーサイト

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2017/07/09 Sun. 22:52    TB: 0    CM: 0

京都と「よそさん」 

しばらくブログサイトに入らなかったら、入れなくなってしまいました。パスワードの問題のようですが、どこでどう間違っているのかわからないまま、何度かトライして最後に入れました。自分が借りている部屋に自分の持っている(つもりの)鍵では簡単には入れないという現象に辟易している人も多いと思いますが、「自分とは誰」ということが自分でも自信がなくなる今日この頃です。



抱腹絶倒の本を読みました。若い時は京都に住みたいと漠然と思っていたものですが、歳を重ねるにつれてその考えが変わってきました。京都という街と何代も前からそこに住んでいる人に対して感じてきて、それをどう整理したらよいのかもどかしく思っていた事柄を明快に言葉にしてくれています。笑ってしまいますがまさにシンプルにしてその通り。


去年有名になった本なので読まれた方も多いと思いますが、身内や身近に京都の人がいたらおそらく賛同して頂けるものと思います。


正面から抜き身で切りつけない優しく見えて決してそうではない表現力であったり、決して断定しないことで相手を油断させてしまう言葉の技術、自覚していないほど徹底している自分や京都への自信、長い歴史で時の権力にうまく従いながら自らのアイデンティティーを柔軟に変遷させつつそのコアの部分を巧みに保全してきた卓越かつ成熟した政治と外交力などなど。


中華思想と言えばそれまでですが、文化が深く発酵しながらそのレベルをこれほどまでに高めた都市を日本人として誇りに思い、その自分の屈折した気持がいじらしくも悲しい気持になるのは、都から遠く離れた地で生まれ育った田舎者の証明なのでしょう。もうひとつのタイプの都会人である江戸っ子なら京都に違った感想を持てるのにとも思った次第。まあいずれにしても「よそさん」と呼ばれるのでしょうが。グルーバルがはやされている昨今、一読をお勧めします。言い過ぎていたら京都の人、ごめんなさい。


IMG_6012.jpg

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2017/06/11 Sun. 23:00    TB: 0    CM: 0

トランプ現象 

トランプ大統領がついに誕生してしまいましたね。これが明るい夜明けなのか、ダイナミックな混乱の始まりなのかわかりません。
株の値段があがったと言う事は少なくとも閉塞感から解放されるという期待が先行したのでしょうが、どちらの可能性もあるので、“好奇心が満たされる”と言える程度には分析しておきたいと思っています。

色々言われていますが、まず驚いたのはメディアの役割が完全に変わったことに気付いたこと。そもそもかなり以前から「信頼できる」ニュース」というものと「信頼するかどうかの基準を持つ国民」というのが少なくなってきたところへ、今回のトランプのTwitter発信のド迫力です。大統領の記者会見なんか不要になってしまう。どんな情報でも信じる人がいて、どんな情報でも信じさせないこともできる。テクノロジーの発達は情報の位置づけを完全に変えつつある。

もう一つは『不満』のレベルを軽視し過ぎていたということ。それが大統領を生むほどに大きなエネルギーだったこと。もっと言えばトランプ選択のリスクより解放への期待の方がはるかに大きかったということまでわからなかったということ。

イギリスのEU離脱やこれから起こるであろうEUの解体ないしは各国の主権回復運動と合わせ、今年はパラダイム転換の年になるかもしれない。資本主義や自由主義は結局綺麗ごとで一部の人の利益にしかならなかったのか?資本主義がなかったらもっと貧しくなっていたのではない、という根拠が良くわからないのに、嫉妬や被害者意識という強烈な美酒に身を任している多くの人々。

“良識はどこへ行った”と最初思っていたけど、何が良識かということ自体がナンセンスな問いなんですかね。
国民の利益という曖昧で非現実的な言葉が跋扈して、他者の利益が自分の利益にならないということを正当化し、そのまま戦争が起こる大河の流れが生まれている、、そんな気がします。

トランプの言っているシステムは随分と昔に多くの国が経験して旨く行かなかったシステムなんだけだなあ、と先祖返りしている世界に深く悩んでしまう部分もあります。

“喧嘩すると考えてしまう方が負ける”ように、教育とか教養の価値が世界的に低下する気もする。残るのは技術だけ。発達してAIができて便利になって不幸になる。民主主義を放棄する歴史の新たな入口なのか?

まあ、こんなことを言っても仕方がない。まずは自分をこの環境に順応させなければならない?方法が解らないけどそれが今年の最初の仕事かもしれない。

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2017/01/22 Sun. 16:49    TB: 0    CM: 0

正月雑感 新年再開号 

最近、ついFBで簡易に近況報告のようなことをする習慣がついてしまいました。
まあそれはそれで良いのですが、このブログを半年以上触らないでいたせいか、言いたいことがどんどん溜まってきていることに密かに気付いていました。
FBって言うのはひとつの癖ですね。何を発信したいのか考えると発信するものがどんどん無くなって、それがむしろ快感って言うような、、、
その点、このブログは自分の考えや感じていることを発信したいと思わないとなかなか発信できないようなところがあって、それが欠点でもあり利点でもある。まあSNSとしての根っこの部分(自己存在を知らせたい、同じ体温の人と同じ感覚を共有して安心していたい、自己弁護をしたい、認められたい、ひとりではない、、自慢したいなど)は同じなんだろうけど。

トランプ新大統領のこと、AIで人の仕事がなくなること、交通事故の死者が4000人を切ったのに自殺者はその5倍以上いること、シリアでのロシアとトルコの連携のこと、、、うちのバルザックが15歳になって様子が変わってきたこと、最近首が痛くて仕方がないけどマッサージでは治らないこと、近くに素晴らし(そうな)音楽ホールが建設中であること、、、冬には植物に水をやらない方が良いって言われたこと、、そして「僕のすべき仕事」ってなんだろうっていうことへの悩みなどなど、、、、、ああきりがない。

で、突然少し休みの日はこのブログをまた始めようかと思った次第です。年も明けたし。ならば「新年」という季語が使えるうちにと。まあ三日坊主なのでこの瞬間の感情でしょうけど。まあ他人にとってはどうでもいい話です。

この正月は穏やかな晴天が続きましたね。血圧が下がると少し気分が悪くなったりするようになった(歳のせい?)ので晴天の意味が、若い時に比べて少し違ってきているので余計に有難かった。

子供達がそれぞれ孫を連れて集まってくれて、賑やかに疲れる“有難い”三が日でした。歳をとってくると(なんだろうと思うけどそうではない気もする)、寂しさを癒したいという欲求の顕在化と、種の保存の達成感の確認と、一方的な無報酬愛に酔える心地よさなど、があるので「孫は可愛い」というステレオタイプの挨拶があるのですが、自分の可愛い感情をむやみに他人に表現するのは、故に醜い。まあそういう自己矛盾と言うか自己否定と言うか、僕が“あまのじゃく”なのでしょうが、まあ非日常的な感情を掌に包んだような正月でした。

そう言えば15歳になったバルザックが一段と老境に至ってきたようで、元来の“たおやかな”な性格が一段といぶし銀のようになってきまして、時の流れにゆったりと身を任せているような「大人(たいじん)」になってきました。

Balzac201701.jpg

時間があったら寝ています。
訳もわからずゆったりとした足取りで部屋を回ります。
食卓から落ちた食べ物にも気付きません。
焦点の合っていなさ風な目でじっと遠くを見つめています。
尻尾を振ってチヤフルに感情を表すことが少なくなりました。
孫を尊重しつつも、うるさがっています。

ああ、あと何日この子と過ごすことができるのだろう、、、無言で過ぎて行く抗いようのない時を感じます。

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2017/01/07 Sat. 15:45    TB: 0    CM: 0

哲学的なバルザック? 

一昨日持ち帰った仕事を終え、昨日は昼に上京してきた娘婿の両親と会ったのち夜は友人と約束していた会食で蕎麦を食べ、あっという間にこの連休も特に何らかの成果も残さず慌ただしく過ぎようとしています。今日は連休の谷間の真空的一日。それで気になっていた植物のことから、何故か放置していた池田晶子の「41歳からの哲学」を手にとって読んでしまいました。

左はウンベラータという植物で、葉の形が実に美しく、のどかな昼下がりに楽観的で明るい空間を与えてくれるとても気にいっている一鉢。右は会社で死にかけていたのを持ち帰って何とか再生を願っていた蘭で、今年立派な花を付けてくれた一鉢(正確には2種類をひとつの鉢に入れています)。そして動物代表としてうちのバルザック君。もう早いもので14歳です。

ウンベラータ   蘭
IMG_1378.jpg

蘭は生命再生の成功例ですが、ウンベラータは葉が黄色になり明らかに様子がおかしい。育てるのが簡単だと言うので買ったのに。近くに住む“植物おたく”の息子に相談したら根腐れではないかと言うのでこれから鉢の交換をしようとしているところです。14歳になったバルザックは虚ろに空間を見て過ぎす時間が増えてきました。相変わらず愛くるしいこの子にも確実に老いが近づいてきています。

子供が育って親としての社会的役割が終わってしまうと、「仕事」をする理由として安易に説明できた「家族のため」というのも無くなってしまう。家族を最初から持っていない場合は常に”それを生きている”ので、こういう「潮目」はないのかも知れませんが、一旦家族を持ちその上で仕事をしてきた者としては、こういう連休には内省的なことを考えてしまうことが多い。俺は何をしているのか、と。

前もブログで池田晶子のことを書いたと思いますが、2007年に47歳の若さで亡くなった哲学者で、彼女の「14歳からの哲学」は子供向けの本の域を超えた名著でヒットしました。植物と命ということからまた今日また池田晶子を読みたくなって、本当に久しぶりですが、一度手にとって止めていた「41歳からの哲学」を読んでいました。

“物事を突き詰めて考えるのが好き”といういい方をすることがありますが、正確には”考えてもいないまま発言することが多い自分が厭”、というのが正しいのではないかと思っています。それは非常にやっかいで周りから嫌がられる性質です。上記の「社会的役割」などと言う言葉も、一種の逃げであり、だれも僕にそんなことは期待していない可能性が大きいわけです。

哲学というのは結局「死」について考えることです。死は究極の平等であり、死を避けられないというのは生物がどうしても受け入れるしかない事実です。でもこのウンベラータも蘭も死の事を考えません。もちろん動物であるバルザックも考えません。考えなくても死にます。

人間だけが死を恐怖として捉え、それ身構え、そして保険をかけ、医学を駆使して逃れようとする。でも死んだ人間と話はできないし、死が恐怖すべき怖いものなのかその証拠もないのになぜそうなのか、池田晶子はそう言います。彼女は死を恐怖していなかったようだし、自分を敢えて言えば地球ごと客観ししていたようなそんな無機質的冷淡さと言うか、鈍感さと言うか、孤高さというか、そんなものを持っていたように思います。小林秀雄が師であったと言うだけはある自己客観視力は半端ではないように思います。

羨望を覚えると言いたいのですが、自分はそうではなくて良かったと思っています。

人はそれぞれ違ったパーソナリティーを持っています。でも「現実」は大勢の人の観念によって作られていて、その「観念」の集合体を常識と言います。自分の観念というものをそれと切り離すことは容易ではないし、実際その切り離しに意味があるのか、から考えなければならない。

ウンベラータと蘭とバルザックには観念がなくて、ただただ僕が育てたいと言う自分勝手な欲の対象になっているだけなのです。でも、否、だから、はるかに彼らの方が幸せではないかと。少し暇であることは僕にはむいてないのかもしれないですね。こんなことを考えて幸せになる人間なんていないだろうから。。

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2016/05/06 Fri. 16:31    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。