FC2ブログ

大谷光彦のブログ

一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

自分の中にある差別 〜Black Lives Matter〜 

「Black Lives Matter」というキーワードで人種差別反対のデモが世界に拡がっていますね。アメリカの白人警察官による黒人への過剰な行動による死が原因ですが、アメリカでは今回が初めてではなく何度も起こっている事件です。白人警察の黒人取締行為の過剰さが目立っているのは事実です。

もう25年くらい前の話になりますが、僕がサンフランシスコにいた時にちょっとした差別だと思うようなことを2度ほど経験しました。そうかなあ、と思ったことはもっとあるのですが、どうみてもこれはアジア人に対する差別じゃあないかと思ったことがありました。

最初の記憶は、何度も確認して窓際の良い席を予約したはずなのに、理由が理解できないままそのテーブルに案内されなかったこと。案内役の白人の何とも言えない態度を今も覚えています。高級を自認しているようなレストランのいくつかは、そういう差別をしても許されるという様な空気というか一種の白人文化を持っていたように思います。

もう一つの記憶は、お客さんを後ろに乗せて一流ホテルに行った時のこと。Valet Parkingという、車の鍵をボーイに預けたら彼が駐車場に運んでくれるサービスがありますが、前と後ろに白人の運転する車があったところ、僕を飛び越して後ろの車の方を先に案内されたのです。この時のボーイは黒人でした。

僕はどうみても黒人はないのでこれは非白人への差別です。しかし黒人が差別の主体になることもない訳ではないのです。

公民権法が1964年に制定されても奴隷制度の記憶が底辺にあり、貧困から教育の不平等が生まれ、それは次の世代に継承され易い。黒人だからという優遇制度でもない限り黒人の劣勢は再生産されがち。この背景には特に貧困で教育の低い黒人への刷り込まれた蔑視意識がステレオタイプとして存在しているからだと思います。オバマ前大統領が黒人として初めての大統領になっても修正できなかったハンディキャップが存在するのも事実です。
これは形式的には憲法で保障された平等には直接抵触していない。故に例えばマレーシアのブピプトラ政策のような積極的優遇制度を作らない限りいつまでも続くと思います。しかしアメリカはそれをしない国だと思います。それ自体が平等ではないという論理で。

今回のアメリカの話は黒人の話ですが、僕が体験したのは黄色人種であるアジア人に対しての差別だと思います。そもそも人はなぜ差別をするのか、ということを考えなければならないと思うのです。日本においてもいろんな形で昔からこのような差別は存在しています。世界のどこでも存在しています。豊かになって余裕ができて、教育を受けて、知識ができれば減ると考えられてはいますが、「いじめ」のように形を変えたものやSNSなどによる顔を出さない差別は一段とひどくなっています。最近の女子プロレスラーの自殺やタレントなどへの誹謗中傷という言葉の暴力も同じ根っこの話だと思います。スマホひとつで殺せるので指殺人とも呼ぶみたいですね。

話は少し大げさにはなりますが、猿などの動物を見ていたらわかることですが、自分より劣るものを敢えて探したり、勝てない相手には従順な態度をとって自分の利益を守ることもします。常に自分の位置を確認して、できるだけ上の位置にいると思っていたいという優越志向本能があります。それは動物が生きていく上で自然に備わった能力です。こいつには敵わないと思えば媚を売ったりして自分の存在を否定されないような“保険をかける”ことをするのは人間社会でも存在する処世術です。

「差別」という概念は人間しか持っていません。それは「平等」という概念から導き出されるわけですが、自由とか平等はフランス革命の前にはそもそも存在していない言葉でした。だから奴隷制度も存在した。安倍首相がよく「自由や平等という人類の普遍的価値観を共有する国」というような表現を使いますが、「普遍的」と言って良いのかなと疑わしい気持ちになります。北朝鮮、中国、アフリカや南米の一部の国々など、共産主義・社会主義・独裁主義の国々ではそういう価値観は為政者の邪魔になるので排除されます。そういう意味ではそもそも「普遍」ではなく「我々の価値観」でしかない。だから「内政干渉」と言って拒否されるわけです。
話が逸れましたが、人種差別というのは社会的現象として言うことばで、同じように容姿や障害や貧富や能力や体力などでの差別はそこかしこに存在しています。それを禁ずる法律を作ったら一見目に見えなくなるだけです。それは動物としての人間の本能に根差しているから当然です。

僕は、「だからどうしようもない」と言っている訳ではありません。あたかも差別が「不正義」だからやめろ、と言って済む問題ではないということを前提に、考え行動を起こさなければならないと思っているだけです。

社会現象としての差別には法律というルールで対処する方法があります。それが逆差別になると反対の不平等運動が起こることも避けつつ、極端な事例を防止するという範囲の話になるでしょう。今回のアメリカの警察組織の改編などもそのひとつでしょうし、会社や行政における差別禁止の法律などがこれに該当します。しかしこれも範囲が難しい。例えばLGBTなどの扱いは国によってまだ大きく異なっています。それは国民のコンセンサスが違うからです。

でも一番厄介な問題は、「心の中の差別」です。これはルール上の防止策では対処できないことです。解決が難しい問題ですが、これには教育しかないと思っています。大人に対しては「啓発」ということになり、子供に対しては学校と家庭の「教育」です。

汚い、醜い、貧しい、遅い、喧しい、臭い、生意気、不親切、など無数のネガティブな言葉がありますね。逆に、美しい、賢い、格好い、金持ち、早い、謙虚、優しい、親切、など無数の褒め言葉もあります。発言や対応するとき、人は自然にその事象に対して生理的な心の動きが生じます。あの様にはなりたくない人、あの様になりたいと思う人、その気持ちを否定できませんよね。そのどこまでを差別と言うのでしょう。

中国のウイグル族やミャンマーのロヒンギャへの迫害、トルコのグルド人や多くの国の少数民族への施策。これらは政治的な現象でもありますが、「人の行い」の本質に根差しています。そしてこれらが日本で取り上げられることは殆どありません。
マリアテレサはなぜ聖人と言われるのでしょうか。その当然多くの人が持っている差別意識を超えた奉仕活動と犠牲的な行動ができたと言われているからです。それを可能にしたのは「宗教」です。でも世界中でまさにこの「宗教」の違いによる迫害や戦争が今でも起こっています。

宗教にも「社会的な位置づけ」と「心の中の問題」という2面性を持っています。それは差別の解決方法のひとつでありながら、また差別の原因でもあり、紛争の元でもある。

本当に「人」と「人の作る社会」とそれらの「営み」とそれが生み出す様々な「問題」は簡単なことではありません。必ず両面があります。黒人のやることは全て正しいわけでもない。白人のやることに誠意や自愛がない訳でもない。

人は極端に走ってはいけない。どちらかが正しくてもう一方は常に悪いわけではない。いつも優れているわけではない、いつも間違いばかりではない。
他人を救うことがあれば他人を殺してしまうこともある。

毎日膨大な事件が起き、メディアもその一部しか報道しない。またその情報が常に客観的な事実かどうかもわからない。自分で情報に接し、自分でなるべく公平に考えいてみる。自分にできることは何か。自分が守るべきものは何なのか。

この新型コロナの大変な中での人種差別の問題。大変な日々に人類は直面していますね。僕も4月と5月はほぼ全ての仕事が無くなりました。これを禍とするのは簡単ですが、それでは学びがない。どうこれから何を生み、この体験から何を学ぶか。

自分を見つめる機会にしたいと思っています。
スポンサーサイト



カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2020/06/16 Tue. 14:33    TB: 0    CM: 0

終戦と親父 〜戦争と体罰とヒューマニティー〜 

今日は終戦記念日ですね。広島生まれの僕にとってこの終戦の日と8月6日の広島への原爆投下の日は子供の頃から少し特別な意味をもつ日でした。それは父親が上官の規律違反の出撃中止命令で命を救われた特攻隊の生き残りであり、原爆投下直後に広島に入った話など幼い頃から何度も聞いていたからです。

僕はもう20年以上前になりますが、広島に原爆を落とした爆撃機「エロナゲイ」が飛び立ったという北マリアナ諸島にある「テニアン島」に行ったことがあります。あのサイパン島のすぐ南です。草茫々の中にその滑走路がありました。日本本土の空襲のためBー29が幾度も飛び立った滑走路です。

父親のことはかなり前にブログにも少し書いたと思いますが、この9月で91歳になる父親は74年前の今日17歳でした。特攻出撃の直前、突然覚悟していた死から解放されその後生き方を見失って茫然自失。結局ドイツ人の神父さんとの出会いで救われ、今深い信仰に支えられて長寿の人生を送っています。

先日帰省したとき、この終戦から広島入りするまでの話をインタビューして録音してきました。もう二度と聞けない話ばかりだと思って。そのとき親父が書いたある記事を見つけ写真をとりました。出撃直前で命を繋いだ話と、教師時代に体罰をしなかったという親父の考えの原点がどこにあったかという話。

平和な今、体罰はいけないと教育現場で当たり前のように言う時代になりましたが、もっと深くその意味を考えさせられる話です。戦争は駄目、二度としない、平和を守る。毎年8月になるとこんな掛け声が巷に溢れます。でも、どうしたら平和が守れるのか、どうしたら戦争をしない日本になるのか。僕たちにできることは何なのか、ひとりひとりがその方法を冷静に考えていかなければ、それは単なる机上の希望の弁にしかなりません。また同じことが繰り返されないと誰が言えるのか。先ほどNHKで二・二六事件のことをやっていました。勇ましさとか思想とか、そういうものの奥にある人間の危なっかしさや、誰の心の中にも宿っている”群れて暴走するエネルギー“など、自分の恐ろしさや脆い優しさなどに思いを致す今日でした。

字が見えにくい写真ですが、できたら読んでみてください。「戦争を知らない子供たち」という歌がありましたね。学生の頃よく歌った反戦歌です。今考えるとあの歌詞は何と浅薄な意味なんだろうと恥ずかしくなります。でもあの歌が歌えるということそのものが、まさしく「戦争を知らない」ということなんだろうと思います。そう、僕はこの文章で、父親を通してもう一度あの戦争のことを考えました。そして同時に一度も父親から殴られたことのない理由もこの記事で初めて知りました。

IMG_2228.jpegIMG_2229.jpegIMG_2230.jpegIMG_2232.jpeg



カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2019/08/15 Thu. 22:55    TB: 0    CM: 0

大草原の小さな家 

40年ほど前にTVでやっていた「大草原の小さな家」という番組を知っている人は多いと思います。最近このシリーズをNHKのBSでやっていることを発見しました。昔20代の頃好きでよく見ていましたが、素直に随分上質な番組だなあと思っていました。ただ、一方ではW.A.S.P.(White Anglo-Saxon Protestant)的な基盤の上で展開されるストーリーであり、白人とピューリタンを中心とした価値観から出ていない番組でもあると思っていました。その分少しハスに構えて見ていたかも知れません。若かったからということもあるにしろどこか鼻についていたような記憶があります。
あれから僕もアメリカに住み、白人の奢りや移民の過剰な権利主張、自分に向けられた黄色人種への差別などを経験して、益々この綺麗なストーリーをそのまま受け入れられない少し屈折した感情も持つようになっていたと思います。

しかし今、少し歳を重ねた自分がこの番組を見ていると、この原作者が伝えたかった価値観(清貧、勤勉、謙虚、倫理、努力、ひたむきさ、他人への思いやり、学問に対する敬意、罪を憎み人を憎まない性善説等々)がもっとダイレクトに伝わり、とても素直で暖かい気持ちになってきます。
00cc77097bc064c82f5d571fd058f4c1_t.jpg
もちろん今見ても、背景にキリスト教的価値観や白人第一主義という通奏低音が流れています。しかし同時に勤勉で慎ましやかであることを最も尊い価値においていることへの尊敬の念やその価値観の万能性・優越性を感じます。素直に欧米白人キリスト教文化の持っていたレベルの高い民度が伝わってくると言ってもよい。

今トランプがアメリカ人の過半の支持を得ています。背景には白人の過去の栄光へのノスタルジアがあることは間違いがないでしょう。しかし、負け組というコンプレックスを、どこか自分たちの歴史が持っていた清貧さや勤勉さを誇っていた感覚との“すり替え”もあるような気がしています。

せめてWASP的な誇りを取り戻してほしい。そうすると移民への過剰攻撃も“はしたない”と思い、逆に尊敬を受けることになるのではという風にも思うわけです。貧しさを誇って欲しい。移民が貧しさを権利に変えていることを、静かに、そして精神的余裕を持って“いなして”欲しい。

今の白人にもこういう歴史があり、こういう価値観を尊んだ歴史があったことを、教育の中で、政治の中で思い出して欲しい。もう戻れない古き良きアメリカをこの番組で考えてしまいます。

我が日本にも同じことが言えるのでしょうね。日本の古き良き価値観とは何なのでしょうね。

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2019/08/10 Sat. 23:23    TB: 0    CM: 0

懐かしいマレーシアの田舎生活〜ベトナム人向け日本語教育テューターに応募して〜 

先月からベトナム人の日本語教育のテューターボランティアというのをやっていたのが終わりました。日越EPA(ベトナムとの経済連携協定)に基づく看護師と介護福祉士候補者の受入スキームによる来日で、今回がすでに第6陣。5月31日入国の217人(男性31名、女性186名)。彼らは来日前にベトナムで12ヶ月の日本語研修を終了して日本語検定試験の初中級N3(一部はより上級の中級N2)に合格して来日しています。来年の国家試験(介護福祉士は3年の実習後受験)に向けて8月から全国の施設でインターンとして働くことになっています。僕が手伝ったのはその日本での日本語研修です。少し今の国際交流や国家施策という視点で日本に入ってくる外国人の実態を知りたくて参加しました。テューターも倍率が3倍の結構狭き門だった様で、希望者が多いことにも驚きました。
ベトナムイメージ4
印象に残ったのは彼らの真剣さ。家族をベトナムに置いてきた人も多く、名札の裏に写真を入れている。将来のチャンス獲得のために、貯金をして背水の陣で来日しているそのバイタリティー。日本のことを一生懸命好きになろうとしている健気さとか、日本語は難しいということや日本食に苦労している様子とともに何より感じたことは彼らの必死さ。

日本にはもう昔のような右肩上がりの経済発展はないかもしれない。でも昔の日本もそうであったように、ベトナムの未来はこれからという機運や希望や誇りをそのまま纏っている若者達。彼らの生き生きとした熱いまなざしと、たどたどしい日本語と沈黙を恐れるようにまくし立てるその勢いに遠い昔の記憶が重なりました。

1980年代から2000年くらいまでの20年間、途中3年ほどアメリカにいましたが一貫して東南アジア中心に仕事をしていました。当時のベトナムにはまだ日本企業のビジネスチャンスが多くなかったのか、ベトナムを含むいわゆるインドシナ3国には行ったことがありません。でもあの高温多湿で香辛料の匂いの混じった空気、ここかしこにあった熱帯雨林、雨になったらぬかるむ道路、自転車や二輪車が中心の人々の移動手段、スコールとその後の停電、つかの間の涼と雨上がりの虹、、彼らと話していて昔自分が徘徊していた東南アジアのことを思い出しました。どの国も発展して、もうあんな世界ではないでしょうね。遠い夢の国になりました。

どうか日本に来るベトナムの若者のその輝きが長く失われませんように!
どうか日本を嫌いになりませんように!

現在少し関係している市民大学で、今度昔住んでいたマレーシアの話をすることになりました。それで、もう何十年も見たことのない昔懐かしい写真アルバムを引っ張り出していろいろ見ています。どの写真も感光紙の時代で、みな色褪せてしまっていますが走馬灯のように当時の記憶と青春の匂いが蘇ってきます。そのいくつかを紹介します。これらは1982年からのマレーシア滞在6年のうち3年半居た山奥の小さな町「Kuala Kangsar」にあった我が家の庭からの眺めです。
KKHouse_0006.jpg KKHouse_0007.jpg KKHouse_0009.jpg
蛇がしょっちゅう出没するので現地の人のアドバイスで飼っていた蛇避けのグース。つがいでなければ生きていけないほどの見上げたガチョウ夫婦でした。目の前はこんな田舎の小さな町には不似合いながらマレーシアで有名な美しいモスク。空気ボールながら思いっきりできる打ちっ放し。
KKHouse_0011.jpg KKHouse_0010.jpg オースティンマイナー
庭に苗から植えたパパイアは3ヶ月でこんなに大きく身をつけてこの1ヶ月後に大きくなり過ぎた自分の実の重さで倒れました。敷地に入ってきたアルマジロと当時4歳の娘(今なんと40歳!)。隣のマレーシア人の友達と。奥さん専用のオースティンマイナー。おそらく1960年くらいのもの。シフトギアが丸くなっていてなかなか入らなくて何度も立ち往生。この街で日本人の僕たちは何かにつけ注目を集めたものです。





カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2019/07/22 Mon. 22:54    TB: 0    CM: 0

「はやぶさ2」を擬人化できる嬉しさと誇り 〜人々の涙の意味を考える〜 

「はやぶさ2」が「りゅうぐう」への2回目のタッチダウンに成功し、地下にある岩石を採取したことに成功したというニュースが今日報道されました。TVで見ている時、JAXAの科学者たちが歓声を挙げるのにはあまり驚きませんでしたが、一般の人が涙を流しながらその成功を喜んでいる姿に少し心が動かされました。そして何年か前に初代「はやぶさ」が地球に帰還して大気圏で炎に包まれるのを見た時の感動をまた思い出しました。

「はやぶさ2」を自分達の大切な子供のように擬人化して感動している人々の愛情を感じます。5年以上真っ暗な宇宙の果てまで孤独な旅を続け、やっと目的地に到達し、健気に目的を果たしたその姿や人知れず孤軍奮闘している“物言わぬ”機械に自分の気持ちを寄り添わせている。すでにそれは機械ではないと。

日本の国力が弱まり、世界に誇れることも少なくなったと感じている多くの日本人が、素直に、しかも健全に喜べるイベントという感じがします。

世の中何でも権利義務で考え、自分の行動を認めてもらいたいというエゴがはびこる今の日本で、“名もなく一途に黙々と地味に努力しているもの”は、もはや機械しかないのかも知れない。物言わぬ機械だからこそ安心して自分の気持ちをそれに乗せることができるのかも知れない。

アメリカのNASAで同じようなことをした時、アメリカ人はこんなに泣くのだろうか?ひょっとしたらこれも日本人の特徴のひとつなのかもしれない。ちょっとそんなことまで考えてしまいました。自信はありませんが、このようなことで涙できるという感情表現がとても日本的で、ひょっとして日本人が世界に誇れる「やさしさ」のひとつであって欲しいなあ、、そんな気にもなりました。

日本人の情緒的「民度」の高さに久しぶりに触れることができたような、そんな一服の清涼剤のような時間でした。
ちょっと考え過ぎですね。そんな風に感じた僕自身、少し疲れているのかも知れないとも思いつつ。
c608c7e6cd749370c35fddc24252dfde_t.jpg はやぶさ2 180728_ryugu2.jpg
(写真はJAXAのHPより拝借)

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2019/07/11 Thu. 23:13    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示