FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

個人の業績/チームの業績 ? One for All/All for One ? 

今回は少し私の会社の話をしたいと思います。

ヴェディオール・キャリアは人材紹介と再就職支援とメンタルヘルスの3つの柱で事業展開をしています。前回書いたように、メンタルヘルスはヒューマニーズという子会社でやっていますが、この3つを結びつけるテーマはキャリアをアドバイスするというより“ケアーする”ということで、人材ビジネスに“ケアー”という感覚で取り組んでみたいと思ったからです。しかし言うのは簡単ですが、社員のサービスの中でお客様にそれを感じてもらうのは大変難しく、日々その大変さを噛み締めています。

一応外資系なので(別に外資系の特徴という時代でもなくなったけど)、年間目標・四半期目標が数字として与えられていて、私以下それを達成すべく日々頑張っているわけですが、これを社員個人と各チームの目標に落とし込んで、それぞれの行動目標に結び付けていかなければなりません。

“ケアー”サービスの実施者であろうとしながらKPI(結果を出すために必要な数字的マイルストーン)を達成して行くのはかなり難易度の高いことだと思います。その中でいつも悩んでいることは、個人の競争とチームでの競争のバランスというか、2つの間に生じるある種の矛盾をどう調整するかということです。これはスポーツの世界でもあることでしょうが、場合によってはチームのために自分を前に押し出さず、自分の存在意義をしっかり主張することが要求されるからです。会社はこれらのことを本当に公平に評価しなければならないわけですが、社長を頂点とする全てのマネージメントがそれぞれのレベルで質の高い評価ができ、それに社員が納得できるという仕組みは本当に難しいことであると思います。

「ひとりで出来ることはこの世の中にはない」とどこかで書きましたが、一人ひとりが個人として頑張らないのに出来てしまうこともないですよね。このことは家族でも会社でも、たぶん大きく言えば“国家”レベルでも同じだと思うのです。永遠のテーマですが、できるだけ等身大で自分の思うことを社員に伝えたいと思いつつ、それも叶わずストレスを抱えている今日この頃です。
スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2007/07/31 Tue. 12:04    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示