FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

東国原知事のこと 

最近は少し下火になったみたいだけど、就任直後は東国原知事の一挙手一投足が全て報道されているようなブームでしたね。タレント時代から彼のことは良く知らなかったけど言っていること、やっていること、なかなか一貫性があってだんだん好きになってきました。

どう言ったらよいのか難しいけど……外から見たキャリアと実際に自然体で自分が描いているキャリアのミスマッチというか……本当に自分の中に多面的な価値観が同居しているというか……タレントとしての才能と、政治家としてのセンスが矛盾してないと言うか……個人的に知っている訳ではないですが、例えば同じタレント出身でも横山ノックなんかとはまったく違う能力を持っている匂いがする、希少な人材だと思います。マラソンがライフワークみたいだし、早稲田に再入学して相当真面目に政治を勉強したり(その前は文学部?そう言えば本も結構出しているのでそっちの才能もある)、自己鍛錬とか研鑽とかにすごくストレートに照れなく取り組むことが自然に出来る人。健全な知識欲とか教養思考を持っている人。そして何をやってもいわゆる三枚目(笑)

知事というのは首相と違って国民が直接選挙で選ぶ自分たちのトップだけど、自分をしっかり持ち、勉強もした政治の素人(?)の“まなざし”の方が確かなメッセージになり、また無理なく政治的な成果に結びつくような気がします。“こむずかしく”やっては駄目というこれからの政治のあり方を示唆していると思います。ストレートに出来ること出来ないことを説明し、実際に全力でやっている姿をガラス張りで示す。そういう意味では同じ有名人でも田中康夫のような「理屈型硬派」の逆を言っている「ヒューマン型軟派」みたいな能力の方が今の日本の政治、特に地方自治には合っているように思いますね。とにかく今までにいなかったタイプの政治家です。

欠点とか欠陥(失礼)もありそうだけど、それも人間性って受け取ってもらえるオーラがある(嫌味じゃあなく)。血液型も同じようだし、見習うべき点が多い。まあ要するに僕は彼のことが好きなんでしょうね。リスクもあるけど日本も大統領制のように直接総理大臣を選ぶことも一考の価値があるのではないかと彼を見ていて思います。
スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2007/10/09 Tue. 10:17    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示