FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

野球選手の生き様 ?広島カープの試合を観て感じたこと?(後編) 

結局、タイトル争いをしている村田にホームランを打たれましたが、次の鈴木尚典を空振りに仕留め試合終了。一番印象に残ったのは村田が塁を回りながら泣いていたように見え、横浜のナインが居なくなっても一人残っていて佐々岡に何か挨拶していたこと。打った自分の弁解でもあるし佐々岡に手を抜かず真剣勝負をした誇りでもあるようなそういう中身のあるシーンでした。佐々岡は淡々と挨拶し感涙には咽ばなかった。挨拶も抜けの無い律儀なものだったし奥さんも泣いていなかった。彼と家族の日常が垣間見られたように思えました。

しかし、プロ野球選手の引退というのはどういうものだろう。40歳くらいでほぼ選手生命は終わる訳で、後の長い人生をどうモチベーションを切り替えて生きて行くのだろうか、と不思議に思います。大きな成果を残した一流選手と言われる人は有名人として次の人生が明るそうだけど、そうでない選手はどうなんだろう・・・プロ野球選手であったことは大きな誇りだと思うけど・・・。そんなことを考えながら観ていました。

でも次の日はヤクルト戦。今度は古田の引退試合で、また佐々岡が最後に投げました。古田に打たしてやるかと思ったら凡退。きっとプロの試合というのは、まずは職業として体が真剣に反応するんでしょうね。結局こっちの考えすぎでした(笑)
スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2007/10/17 Wed. 10:05    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示