FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

わが社の3つのサービス(第二部) ?再就職支援(アウトプレースメント)? 

最初に、わが社では一番古いサービスである再就職支援から書こうと思います。これはアメリカで始まった一種のキャリア支援のビジネスが日本に入ってきて、再就職支援と呼ばれるようになったものです。産業構造の変化で日本の製造拠点が海外に移転して従業員の仕事が減ってきたとか、市場の変化に合わせて事業部を統廃合するとか、そんな理由で予定していたのとは違う形で会社を辞めることになった方々を支援します。

主なサービス内容は、「キャリアカウンセリング」と「施設利用」と「求人情報の提供」の3つです。ほとんどの従業員の方々は辞めることを予定していたわけではないので、戸惑いと不安をお持ちです。しかもそれぞれの方々が抱えている背景は全て違います。だから仕事を探すまでの環境整備に少し時間がかかります。仕事も今までと同じようなものはなかなか見つかりません。引退できればそうしたいと考えておられる方もいます。転職慣れしていない高度成長を支えてきた日本のサラリーマンには初めての体験です。いろんなことを考えさせられる、なかなか奥の深い難しいサービスだと思います。

戦後の日本では、多くの会社は高度成長の波に乗って業績も右肩上がりで、社員の給与も長く勤めて年齢を重ねるのに比例して上がって行くという、いわゆる年功序列型でした。国際競争力もどんどんついて海外の仕事も増えて行きました。それがいわゆるバブルの崩壊で一気に環境が変わって、社員の給与とその成果がアンバランスであることが表面化したのです。配置転換するだけでは駄目で、成果連動型給与制度とか職能資格制度の見直しなど人事制度の再検討も行われ、その結果、会社が支払うことのできる給与とその社員の生産性が合致していない人のキャリアを見直す必要が生じたということです。これは企業にとっても社員にとっても予定していなかったことかもしれません。でも放置しておくと他社に負けたり、海外での競争力が失われて会社の経営が危なくなる。そういうときに使うサービスです。会社を辞めた従業員の方々をお預かりして、彼らが次の道を見つけられるためのお手伝いをするサービスと言っても良いでしょう。格好よく言うとお世話をするサービス、ケアビジネスの一種と言った方が良いかも知れません。

ここで一番問題になるのがやはり仕事を探すことです。3年前くらいにフジテレビの「EZ!TV」という番組で、わが社の北海道での再就職支援の実態が取材されて30分くらいの番組として放映されました。ここではわが社の社員は自転車に乗ってその町にある全ての企業を訪問しました。それでもなかなか仕事はありません。やっとあっても年齢とかの壁で応募に至りません。全国ではそんな過酷な現場もまだ多くあります。

今景気がだいぶ良くなったと言われています。確かにその頃より求人は多くなっています。でもやはり地域・年齢・性別・スキルや経験による偏りは相当あります。これからはどんな産業、会社でも常に経営が上向いたり下降したりすると思います。それが一斉に起こるわけでもありません。今は概ね求人意欲が盛んで人手不足でもありますが、社内でのミスマッチや事業ごとでも採算の違いから依然再就職支援のサービスのオーダーはあります。但しニーズは微妙に違ってきています。このマーケットは3年前あたりと比べるとかなり縮小しましたが、存在意義を少しずつ変化させながら、むしろいつも必要なサービスになって行く様な気がしています。
スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2007/10/30 Tue. 09:55    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示