FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02
 

命の優先順位 

先日NHKで、鳥インフルエンザの人から人への感染に関する番組をやっていた。そこで「パンデミック(感染爆発)」という言葉が出ていた。ウイルスの変異というのは本当にすごい能力で、ある臨界点にくると、短期間で一気に鼠算式に手の付けられないような患者が発生し、その50%以上の人が死亡するというような内容であったと思う。素朴に思ったのはこの手の危機に関する日本の対応の遅さというか、行政機能の感度の悪さというか、米国のそれに比べていかにも見劣りした。

アメリカの対応マニュアルで感心したのは、“被害を最小限にするためには、救う命に優先順位をつけなければならない”という、辛いけどやらなければならない「大人の発想」を持っていて、それをちゃんと議論していることだった。医療従事者が一番、次はシニアの人を優先的に救う仕組みが検討されていたが、後にむしろ将来を支えてくれる赤ん坊を最優先するように変更になったとか。何かを捨てなければ何かを得られないことは人生普通に起こることである。事が起こる前にそれをどこまで真面目に考えられるかが、その人の質を決めるような気がする。

日本では「一人の命は地球より重い」という言葉が一時はやったし、誰も意義を唱えられないような雰囲気がある。しかしタイタニックの話ではないが、現実には全ての命を同時に救うというのは不可能に近いということは、大災害の時などに繰り返し起こっていることである。しかしなかなか“誤解”を恐れているのか、非情な人と言われることを回避しているのか、そういう議論がきちんとされていないことが多いような気がする。生意気な言い方になるけど、日本の幼稚化と言ってもよい現象のような気がしている。特に政治家に不満を持ってしまう。

つまり、実際に少しでも多くの命を救うことを真剣に考えると「命の優先順位」を考えなければならないはずである。その原因が起こることを完全に防止できることがベストであるし、予知とか予防とかが最も価値が高いことは言うまでもない。しかし、起こった後のことをそういう視点で考えていないのは結果として大人としての責任逃れといわれても仕方ないであろう。自分も弱い人間である。でも考えなければならないテーマなんだと思うのだが・・・
スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2008/01/30 Wed. 09:47    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示