FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03
 

メンタルヘルスの未来(前編) 

EAPというメンタルヘルスのサービスをわが社の子会社のヒューマニーズという会社でやっていることは前にも書いたが、最近、メンタルヘルスに関する研修の引き合いがとみに増えている。新入社員研修の一部に加えたり、一般社員対象に新たに導入したり、また管理職にメンタル不全の早期発見やそれへの対応方法を教えたりするプログラムである。

組織の中でのメンタルヘルスの重要性が増している現象をどう考えたら良いのか。本当にたくさんの原因があると思うが、基本的には戦後の日本の伝統的な職場環境が大きく変化したことが原因ではないかと思う。

一番大きいのは、おそらく終身雇用の解消。特に大企業の場合、定年までその会社に勤める可能性が高かった。会社は社員のみならずその家族の生活にも一種の責任を感じ、いろいろな面倒を見ることが多かった。慶弔関係とか、運動会とか、社員旅行とか、長期勤続の表彰とか。社員の方も、“会社第一”で土日にも働いたり、上司の家を訪ねたりして公私の区別があまり無かった。一種の運命共同体という意識があった。これは雇用の安心にも繋がっていたし、会社のために奉仕するというモチベーションにも繋がっていた。上司や同僚と飲みに行って仕事の話をする中で、昼間とは違った視点で人間関係を深め、相手を理解できる機会も多かった。つまり組織の中での孤独ではなかった。
スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2008/02/18 Mon. 09:37    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示