FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04
 

凛としない星空もまた味がある(後編) 

もうひとつのマレーシアの方は、自宅の前にイスタナと言うサルタン(各州の王様)のお屋敷と隣接するモスクがあって(これは王様の色である黄色を使ったとても綺麗な建物であったが)その上に広がる星空であったが、これはいかにものんびりとしたエキゾチックな星空であった。暑い赤道直下の星で、日本の星空とは見える星もかなり違っていた。こっちは椰子の木の間に見える星空で、そんなに大きなスペースと言うわけではなかったが、妙にストレスの無いその情景とその時の“日本離れ”した異国感は強く印象に残っている。

どちらも暑いところの星で、ふわふわとした星達であった。何でそうあくせくするの?と言わんばかりのあの浮遊感もそれはそれで良かった。

ところで、台風というのは熱帯にはないそうだ。もっと北で発生するので、赤道近くの国々ではそんなに強い風は吹かない。だから木なんかも大して根を張っていない。ちょっとスコールがあっただけで倒れて、それが電線にかかってしょっちゅう停電する。まるでそれも自然の営みのように。そこで見えた星々もそんなペースで瞬いているように思えたものだ。

日本の冬の凍てつく星空もいいけど、まあこういうのも悪くはないか・・・そんなことを思い出した。
スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2008/03/05 Wed. 09:29    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示