FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04
 

桜と日本人 

オレゴンの友人から桜の写真がメールで届いた。桜は咲くがなかなか晴天がないとかで、限られたシャッターチャンスだったとのコメントがあった。

その桜はたぶんソメイヨシノだと思うが、花自体は日本のそれと同じである。ニューイングランド様式というのかチューダ様式というのか知らないが、向こうの建物を背景にした桜もまた味があり、綺麗である。しかし、アメリカに住んでいたときに感じたことであるが、この「桜」という花の持つ意味が日本人にとって特別であることを何度も感じた。

そもそも気候の前線になぞらえて「桜前線」などと言う国が他にあるだろうか。日本が南北に長い国であるという地政学的な背景もあるかもしれないので“花”だけでくくれないかもしれない。しかしそれを割り引いたとしても、総じて花というものへの感性が日本人の多くを語っているようにも思う。

そういえば最近、日本の植物学の創始者である牧野富太郎博士に関して彼のお弟子さんが書いた文をある雑誌で読んだが、全ての植物にその国固有の名前をつけているのは世界の中で日本と中国だけだとのこと。普通は、固有の名前だけではなく、学名を使っている由。中国はともかく、そのことが日本人にとっての植物や花との独特の距離感を表しているようにも思う。もっと言うと、小林秀雄の名著「本居宣長」には、本居宣長がいかに“山桜”を愛していたかが書いてあるが、確かに日本人にとっての「桜」の位置づけは“ソメイヨシノ”ではなく「山桜」である。有名な和歌、“しきしまの 大和心を ひと問わば 朝日ににほう 山さくら花”に表される日本人の“もののあはれ”とか武士道なんかに通じる世界である。だから厳密に言えば、日本人と花の関係を語るには、どんな花でもよいわけではないのであろう。

まあそれはそうではあるが、現在の状況で言えば、“花見”文化の固有性という点でも十分日本を語れる。だから何なんだという声も聞こえそうだが、海外で向こうの人から聞かれると答えるのに困る日本人も増えたことと思うので、ここは一度自らの“感性”の振返りをお勧めしたいところである。

将来の、温暖化と桜前線の関係も気になるし、“日本人固有の感性”などというものがいつまであるのか、あるいはどう変わっていくのかにも興味がある。
スポンサーサイト



カテゴリ: 社長ブログ

[edit]

Posted on 2008/03/31 Mon. 09:16    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示