FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

急病なのに医者がいない 

このブログがアップされる時には状況が変わっているかもしれないが、日銀総裁が空席になっている。経済が急病人なのに医者がいないに等しい。

どうも物申したくて仕方なくなる。今までの政治環境下で否決されることを想定する必要がなかったということであるが、そもそも空席がありうるような法律制度になっていることからしておかしい。

従来の政治が問題といっているわけではない。極論を言えば、密室政治の方がよほど成熟した責任政治ができていた可能性すらある。要は権力の幼稚化あるいはノンプロ化が進んでいると言った方がよいのではないか。公平とか民主的とか参加型とか、そういう言葉に含まれている「他人事」感覚に警鐘を鳴らしたい。

少し飛躍するが、自衛隊とか防衛省の最近の不祥事にも共通する問題があるような気がする。政治とか軍(自衛隊を軍隊と呼ぶと怒られるが海外から見ると明らかにひとつの軍隊である)というのは所詮結果責任であり、そのために大きな(とにかく個人とか一般国民では負えない)責任を負っている。

「公」という概念が衰弱してきていることとも関係する。学校でもきちんと教えないので国民全員に意識がなくなり、結局政治家も軍人も一般国民と同じ尺度で物事を考えているように思う。例えば、一流のレストランとかホテルなども「客がそれを作る」という言葉がある。国民がそういう政治家を作っているとも言えるのではないか。
スポンサーサイト



カテゴリ: 社長ブログ

[edit]

Posted on 2008/04/02 Wed. 09:13    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示