FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

民族固有の言葉には固有の音楽が存在する(後編) 

同じことで、最近の教会の音楽が一段と醜くなった。

確かに日本にある教会だから日本人が勝手に作っても良いし、前回書いたように、祈りの言葉もどんどん「わかりやすい」口語体にすればよい。でもこういうものはビジネス用語じゃああるまいし、言葉の意味が理解できればよいというものではない。易しい単語では表現できないことも、世の中にたくさんあることは「詩」などが存在することから言っても当然のことである。同じことが音楽で起こっているのである。

少なくともカトリックの背景には西洋の文化がある。Chantというのはギリシャ旋法とよばれる音階によっているが、僕はその香りが大好きである。キリスト教の祈りの世界に非常に合っている。(非常に静謐で内面的な世界だと、僕は思う。教会より修道院にその良さが残っているように思う。)でもラテン語が無くなったときそれもなくなればよいのに、実は一部日本語にのせてメロディーだけ残っている。これがおかしい。ある民族の言語とその音楽の一体性ということがわかっていないのである。

ミサの中で今繰り広げられている世界をどうも受け付けなくなってしまっている自分を持て余しているが、別に宗教の世界だけでなく日本全体、特に教育にこの問題は多く存在しているような気がしてならない。一介の市井の民が偉そうにいうのは気が引けるが、どうも今の日本にはディシプリン(discipline)がほとんどなくなった。

先日、白州次郎の本にも彼が終戦直後にそのことを嘆いていたと書いてあったが、今はもうまったく無くなったのじゃあないかと思い暗澹たる気持ちになってしまいます。
スポンサーサイト



カテゴリ: 社長ブログ

[edit]

Posted on 2008/05/30 Fri. 11:51    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示