FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
 

文化と気温(前編) 

先日、オランダの本社から役員が来た。

生憎雨が降って寒い日で、僕の部屋は大きな窓に面しているせいで、全館の暖房が入っていても外気温に合ってしまって寒い。それで電気ヒーターを入れて打ち合わせをしていたら、「それを消して欲しい」と言われた。本人も少し風邪を引いたのか鼻をグシュグシュやっていたにも関わらずである。

日本人ならたぶん暖房が欲しい状況だったと思う。今回来た役員はイギリス人であった。以前も別のイギリス人が来たとき同じ経験をしたので、イギリス人と日本人の希望室温は違うのではないかと思っている。それを聞く機会がまだないので、真偽の程はわからないが。

確かにロンドンはいつ行っても、暗く湿っていて少し寒い。暖炉文化があるので、きっと部屋は寒く、暖炉の近くだけ暖かいのが好きなのかもしれない。空気を暖めるのが好きではない可能性もある。

今までは日本担当の役員がオランダ人であった。彼は何度も冬に来日したが今まで一度もコートを着たのを見たことがない。背が2m以上ある巨人でとにかく大きい。寒くないのかと聞いても、大したことはないと応えたものだ。

まあヨーロッパと日本の寒さは違うのであろうし、一種のダンディズムとも関係しているのかもしれない。日本人でないのでどうも本音が図りかねる。単に荷物になるので我慢していたのかもしれない。
スポンサーサイト



カテゴリ: 社長ブログ

[edit]

Posted on 2008/06/09 Mon. 11:44    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示