FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

「楽しめる」といえる職業とそう言える人(後編) 

このことで思うのは、わが社のこと。

以前にも少し書いたと思うが、わが社の紹介部門というのはまだ立ち上げて3年目。社員の多くはこの仕事(キャリアコンサルタントという,、人の一生に関われる仕事というような表現が多い)につきたいと思い、さまざまな経歴を持ちながら集まってきた。この世界が長い社員はほとんど居なかった。今では在籍3年経過した社員も何人かいるし、さまざまな理由で途中で辞めていった社員もいる。

「人の幸せ」などと言いながらも、結局はビジネスであり、売上を挙げなければならない。かと言って目先の“根拠のない、その場しのぎのアドバイス”ではお客さんは評価してくれない。自分の力も上がって行かない。経験・センス・自信とかによる「余裕」を持ちながらこの仕事ができるようになるには、結構時間がかかる。それだけ奥が深い。でもその前に挫折したり、この仕事の“簡単には成果が出ない”性質ゆえに、自分のモチベーションを維持するのは難しい。

これはある意味では「踏み絵」でもある。

しかし、壁を一度越えた社員は強い。もちろん壁は何度も来るし、その都度違う形をしているし高さも高くなるかもしれないが、“与え続けられる”こと自体が充実感にもなる。つまり“歯ごたえ”のある仕事ということでもある。

それをすることに「幸せ」を感じられるかどうかは、結局、その人の「能力の向き不向き」に関係する。あるいは一種の困難への耐性に関係する。それが持てる自分なのか、自分で勝負する前に土俵を降りる社員もいる。周りの社員や上司と合わないということが、自分の中で大きな意味を持ってしまう社員もいる。組織での仕事でもあるが、個人で管理する仕事の要素が多い。その意味でもすごく本質が見えてしまう仕事である。

伊達が「今なら楽しめる」と感じてまた始めるのと同じような感じ方ができる職業だと、信じている。でも、昔の伊達が居たからそう言える伊達がいる。たぶんどんな仕事にも当てはまることであろうが、それを感じられるための難易度ということでは、仕事によって差があるであろう。わが社におけるキャリアコンサルタントのような、自己管理型の仕事の難易度は決して高くない。それを理解して欲しいといつも思っている。そして伊達のようなさわやかの充実感を感じるまで、頑張って欲しいと思っている。

「今は楽しい」という“今”が来るまで・・・
スポンサーサイト



カテゴリ: 社長ブログ

[edit]

Posted on 2008/07/23 Wed. 10:26    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示