FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

柔道をみて-北京オリンピック 

オリンピックの試合が連日あるので、つい見てしまう。
その中で特に気になったのが、柔道の試合。完全なポイント制でしかも反則ポイントの公平性がどうなのか、ということ。

オリンピックは「スポーツの祭典」というが、スポーツってなんだろう。僕の知っている柔道とはどうも違う。技(ワザ)のレベルとか決まったときの美しさとか、あるいは綺麗に勝つとか、そういったものが殆ど見て取れない。なんか美しくない。ルールはもちろん違うが、レスリングなんかとどう違うのか。とにかく柔「道」ではない、ジュウドウという名のスポーツということを、つくづく感じた。また、審判の質と言うか、今のルールではそのことにより大きく結果が左右されてしまう。そういうルールでよいのか、ということも気になる。

オリンピックの競技に採用されるというのは、多くの国で広く行なわれていることが必要で、その競技発祥の国がその競技の背景として持っている文化などとは切り離されて、国境を越えて行かざるを得ないということなのであろう。他国発祥の競技も同じような要素を持っているのであろうが、日本人の僕にはわからない。でも柔道が美しくて誰が見てもどっちが強いのか、もう少しそのことがわかって、それが勝敗を左右するような「競技」にして欲しいと思った。美しく技を決めようなんで考えていたら、確実に負けると思えることが、どうにも残念である。

それから、谷亮子のことも気になった。結局銅メダルに終わったけど、とにかく暗い顔をしていた。動きもはつらつとしておらず、彼女独特の弾けるような動きが見られなかった。何か体調の問題だったのかも知れないが、母になったこととも関係するような気がした。競技者として必要な闘争心とかそういうものが少なくなってきたのかも知れない。

モチベーションを長く維持するのはそもそも難しい。また彼女の環境も変わった。母親になるということは、家庭とか子供を守る本能が自然に芽生える。母親に戦う競技者としてそれを求めるのは少し難しいかもしれない。「田村でも金、谷でも金」は良い、でも「ママでも金」というのは、かなり違うのかもしれない。

そんなことも、少し思った。
スポンサーサイト



カテゴリ: 社長ブログ

[edit]

Posted on 2008/08/18 Mon. 10:08    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示