FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

首相辞任 

福田首相が突然辞任した。

安倍首相の時も驚いたが、今回も驚いた。2人続いたわけだ。今までの政治家はこういう辞め方はしなかった。

この違いは何だろう。
いずれも2代目の政治家。自分の力で政治家になったというわけではない。本当は代議士になりたくなかったかもしれない。地盤もあり、後援者の当然の期待から引き継がざるを得ない世襲政治の結果と、派閥なんかのメカニズムで最終的に総理になったような気がする。

つまり、権力への意思とか執念のようなものが、もともと希薄であったように思う。そして、自民党であれば何とかなるという時代ではなくなった。自民党ではなく、個人が政治をするようになったこととも関係する。また官僚機構の変質もある。国民の政治への期待にも非常に多様性が出てきている。更に、経済や外交がとにかく複雑になっている。今までのような経済理論で論議できないような現象がたくさん起こっている。

民主党なら違う政策が出来るとは思わない。結局、今の日本で出来ないことは誰がやってもできないように思う。そのことに率直に向かい合うべきであろう。総選挙をやれば民主党が勝つ可能性は大いにある。でも何も変わらないであろう。自民党以外の党が政権を取ったということ以外。

そんなことを考えると、皆で声を合わせて責めるのみというのでは何も解決はしない。やはり、今の時代に合った政治とか政治家というものを考えなければならないような気がする。権力への意思が強く、“個人として”政治家になる明確な目的を持っていて、また、耳ざわりの良い言葉で「うそ」をつかず、明確でかつシンプルなメッセージ、そして現実を直視して「必要なことは何か」をはっきりと国民に伝える。そういう政治家でなければ、物事は先に進まないのであろう。

辞めた総理は、「とにかく嫌になった」というエネルギーを押しとどめるために、役立つ他のモチベーションがなかったのである。その原因は、自分の性格と総理になるまでの自分の歴史にあると思う。特に福田総理は、自分のプライドが許さなかったような気がする。政治家として持つべきプライドとは違うような気もするが、辞めたくなった気持ちはよくわかる。

今の状況下での総理に向いてなかったといえばそれまでだが、私のような一市井人に言われたくはないでしょうね。

スポンサーサイト



カテゴリ: 社長ブログ

[edit]

Posted on 2008/09/08 Mon. 11:18    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示