FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

心の健康(雑感#2) 

明日から12月ですね。本当に時の過ぎるのは速い。昔ほど正月という

イベントに特別な意味とか重みはなくなっていることは個人的には

とても残念な気がするけど、それでも年が変わるということは自分も

またひとつ歳をとることでもあるし、どんな年になるんだろう、という

好奇心のようなものもあるはずです。何かの期待とか、場合によって

は嫌なことが待っていて、はやく通り過ぎないかと思う年もあるでしょう。

でもそこに何かの感情があるはずです。


でも、心が病んでいるとそういう気持ちにはなかなかなれません。

新しい年に向かうわくわく感などとんでもない、っと言った気持ちに

なるんだろうと思います。いっそ時が止まらないかと思うこともある

ような気がします。

例は変だけど、動物は何を考えて生きているんだろう、と

思うことがよくあります。うちに2匹の犬がいます。一番の楽しみは何と

言っても食事です。そのことでの歓喜が体を駆け巡るのを味わうため

生きているのではないかと思うほどです。次が好きな人にかまって

もらうこと。うたたねしていても、僕がいつも座るソファーのその場所

に腰を下ろしそうになると、先を争って跳ね起きてきます。薄目を開けて

その瞬間を待っています。抱き上げて膝に乗せて欲しいとせがみます。

しっぽを思いっきり振ってその喜びを表します。


食事の喜びの方は、人間も含め、動物(いや生物)は皆本能的に持って

いる生理現象だと思います。でも、好きな人に抱き上げて欲しい、とか

遊んで欲しいという方はどうなんだろう。犬の先祖は狼で、それが人間

と一緒に生活するようになって行った過程で、刷り込まれていったDNA

だと思う。でもちょっと人間にも共通するすこし高尚な「本能」だと

思います。


人間というのは、いろんな経験とか知識を整理することができる能力を

持っている。チンパンジーなんかも結構近いと思うようなことをしますが、

人間の脳の力にはとても及びません。でもその分、先のことをあれこれ

考えることになります。経験の中のネガティブなものとより結びつけると

不安感につながるでしょうし、うまく行ったことと結びつけるとそれは

期待感になる。 犬が飼い主にかまってもらいたいのは、飼い主といる

と心地よいという経験から体がそう反応するからです。得をするとか

気持ちがよくなることを体が覚えているのです。だから逆に苛められた

経験が多い人には近寄らないし、攻撃をすることにもなります。その

反対の条件反射だからです。


人間もここのところは同じです。でもその幅というか、想像力というか、

推理力が桁違いに違うので、いろんなオプションを作り出してしまう。

だから、その時の心の状態によって想像する情景が違ってくるのだと

思います。「心のエネルギー」(という言葉も説明が難しいけど)が

低くなってくると、この両方の力(良いことを想像する力はもちろんの

こと、悪いことを想像する力さえも)が低下するのではないかと思い

ます。でもそれほど低下していない場合は、その人のタイプによって

どちらかの傾向が出てくるようです。要するに、楽観的に考えるタイプ

と悲観的に考えるタイプ、という意味で。


でもどうしてこの違いがあるんだろう・・・




スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2008/11/30 Sun. 13:04    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示