大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの社長をしている 大谷光彦のブログです。

12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02
 

不況のこと 

「100年に一度の不況」ってメディアが言い出したとき、ちょっと大げさ

ではないか、と思った。でも確かにそんな様相を呈してきた。

わが社も影響がないわけではない。「従業員のメンタルヘルスは必要

だと思うが、予算が付かない」と仰るお客さんが増えている。

うちのサービスの料金は、百歩譲っても決して高くないと自負している。

細かく言えばいろいろあるけど、従業員5,000人くらいの会社でも

ひとりの人件費程度である。でもなぜか高いという印象を持たれている。

今回の不況は奥が深い。経済的に相当深いレベルでいろんな業界が

リンクしているということもあるが、「金融」という目に見えない商品、

もっと言えばギャンブル性のある商品、あるいは為替という数字への

依存なくして経済が成り立っていなかった、もっと言えば最近の好況は

それに支えられていたことが思わぬ形で露呈されたということなんだろう。


人間というのは、国家であろうが家庭であろうが、便利で心地よいもの

を獲得しようと飽くなき努力をするもんである。それはそれでDNAの

為せる技であるが、それ故に自己破壊のようなことが起きる。一種の

アポトーシスと言ってもよい。恐竜が我が世の春を謳歌していた時代も

あったが、その強さゆえに環境変化に耐えられなくて滅びたように、

人間の高度な頭脳と「煩悩」故に、自らの宿主である地球を破壊しつつ

ある。今回の経済不況と環境破壊はリンクしている。人類が本当に

地球の王様であるならそれを事前に防止する義務もあろう。

不況の防止はもう遅い。如何に早く回復させるかは議論しなければ

ならないが、環境破壊も”もう遅い”とは言いたくない。まだ間に合う

と思いたい。


社員の心の健康のための投資は短期的には効果が出ない。でも

企業の持続的な成長(あるいは不況への経営耐性整備)のための

予防(あるいは事前準備)としての価値はとても大きいと思っている。


問題は「何が健康か」ということである。健康を害した社員をそれ

以上重症にしないということは最低限要求されることであるが、

病気を予防することであったり、病気に罹りにくくすることが究極の

あるべき姿であると信じている。社員のタフネスを考えている。

心の話である。僕は「心の乾布摩擦」と言っている。ちょっと古い

言葉だけど。でもそのプログラムは決して簡単にはできない。

戦後、家庭や学校でタフネスを作るシステムが相当失われている

からでもある。でもこの不況は、派遣社員の、正社員の、経営者の、

社会の、政治の、そして国家のタフネス作りにきっと寄与すると

信じている。人生でも同じように、経済や社会の営みにも無駄な

過去はないはずだからである。

スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2009/01/31 Sat. 20:12    TB: 0    CM: 0

引越しします 

あまりの多忙で、ブログを書く心のゆとりがない1月でした。


今まで品川のヴェディオール・キャリア内で仕事をしていましたが、

やっと新しいオフィースの内装工事も完成し、引越しができることに

なりました。いろいろ思い出のあるオフィースを去るのはつらいけど

歴史というのは、同じ場所に留まれない無数の多くの人の人生が作り

あげていくもので、今回のこともその中のほんの小さな出来事なんだと

思うことにする。いろんな場面、社員との会話、楽しかったこと、苦しかっ

たこと、自分のその時々の心模様が走馬灯のように蘇ってくるもんですね。


今ダンボールの山の中にいて、もう職場の体を成していません。人は

こういう状態になると、もう未来に向けて生理が活動するみたいで、

体が過去とのしがらみを絶とうとする健全モードになるようです。

それで助かっています。


新しいオフィースは日銀の前で、高速(下に川が流れている)との間に

挟まれている微妙に三角の土地に立っているビルの最上階です。

北に日銀の立派なビル、その向こうにマンダリンホテルの入っている

三井のビル、三越なんかが見えます。でも東は高速道路が視野一杯

に広がって、まるでその上で仕事をしているみたいです。西はJRの

何本も線路のある高架橋(鉄道ファンにはたまらない場所かも)が眼下

に広がっています。こんなところにこんなビルがあったんだ、というような

場所に立っています。品川のオフィースは近未来都市の一部みたいだった

けど、今度の場所は神田の庶民的な町のとなりに日本橋の文化的な

町があり、すぐ後が大手町という名誉を背負ったオフィース街、という

ようにすこぶる変化に富んでいる。結構おもしろい街だと思う。

そんな中でのまた新たな気持ちでの船出となる。


引越しというのは、自宅のそれでも大変だけど、オフィースのそれも

大変である。最近はコンピュータシステムなんかも複雑で、目に見えない

ものの引越しアイテムがたくさんある。昔のように思い出に浸って、

日焼けしてささくれ立った畳に別れを告げた学生時代の引越しとは訳が

違う。しかしどこか心の片隅にそういった情景が引っかかるもんである。


落ち着くまで少し時間がかかると思うが、またこのブログを続けようと

思う。書きたいことはいくらでもあるんだけど、ある程度ゆっくりした

「時間の間」がなければ中々書き込みができない。もっと簡単に考えれば

いいのにと思うものの、やはりそれなりの条件が必要なタチであるらしい。

なるべく更新したいと思っていますので、お付き合いして頂ければうれしいです。

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2009/01/30 Fri. 14:28    TB: 0    CM: 0

新年明けましておめでとうございます 

どうもブログ更新がなかなかできない。過ごす時間がかなり散文的に

なっていて、反省しています。作るのは前から自分で作っていますが、

移籍してからは小さな会社なので事務局がいない。自分で打ち込んでいる

こともあって、掲載されるときのライブの心境で書くようになって、そのことの

影響が大きくなってしまっています。今年はこの体制に慣れなければなりま

せんね。


ともかく2009年になりましたね。去年の後半、特に11月あたりからの不況風の

猛威はすごいものがあります。もともと僕は金融というビジネスがあまり好きで

はなく、今回このきっかけを作ったのが金融ビジネスであったということで、

”やはり”という感じを正直持っています。”グローバル”という言葉がなんか

格好よく使われていました。昔”国際人”とかいう何人かわからない国籍を

表すことばが大手を振って歩いていた時期もありました。金融というのは

「お金」自体が商品である商売で、だからどの国にとっても、どこに居る人に

とっても理解できて簡単に国境を越える、まさにグローバルなビジネスです。

でもお金は結局は紙切れであって、それを何のためにどう使うのかが大切

なんです。つまりお金は額ではなく質なんだと。しかもこのお金は数えること

が簡単にできるのでその量に目が行ってしまって、その裏の意味なんかには

目が行かない。


今回のサブプライムの問題は、錬金術のようなイリュージョンにより、その

実力(それを本当に自分で実現できる力)が無い人にも、ばら色の未来を

見せた商品で、しかもその貸し倒れリスクを無数の金融商品の中にほんの

少しづつわからないように隠して、無数の客に売った。毒饅頭なのに微量

なのでわからないで皆食べていた、そんな感じだったんだと思います。

住宅バブルでもあるでしょうが、その原因は金融ビジネスの倫理にあった

ということです。ともあれ、今年1年はこの問題からの脱却は難しいでしょうね。

日本も輸出をあてにしないで内需で食っていける体制を作るには良いチャンス

かもしれない。とにかく、後世に残る「変化」の年になると思います。内外の

システムが新たなものに代わっていく初年度かもしれない。


これを”不確実”と呼べば「不安」につながるが、”経験則が役に立たない”

と考えられればそれは「チャンス」につながる。自分の潜在脳の自然の

メカニズムをコントロールできる習慣がある人にとっては、そう写るはずです。


それにしても東京は天気がずっと良かった。休みも長かったので空気が

汚れていない。幕張?木更津?海ほたる?ランドマークタワー?羽田空港

全部よくよく見えています。自然は見た目健全です。CO2の問題もビジネス

の大きなキーワードになると思います。地球の健康と心身の健康には

多くの共通点がありますね。 富士山が綺麗です。多くを語っているように

見えます。


今年も宜しくお願いします。このブログを読んで頂いている皆様にとっても

意義のある年になりますように!!


カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2009/01/03 Sat. 12:36    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示