FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

政治献金 

民主党の小沢代表と西松建設の政治献金の問題が報道されている。

今まであまり興味を持たなかったけど、この政治献金というものの

存在とそれに関する報道内容にちょっと違和感があることに気がついた。


我々が通常営業するとき、時おり手土産を持っていったりする。あるいは

接待の会食で費用を持ったりする。そこには当然その見返りとなる何らかの

利益の可能性を期待しているわけだし、相手もそのことは承知している。

もちろん確実に利益につながるという保証はないし、相手もそこまでの

義務感は持っていない。同じことを公務員とやれば贈収賄になり罪になる。

それは税金を使って発注する場合の公平性を担保する必要性から当然

理解できる。次は政治家である。政治家の仕事は、公共の利益とか全国民、

あるいはその選挙民だけの利益でもよい場合もあろうが、それらすべての

利益になることのために活動することである。少なくとも特定の個人や企業

のみに利益を供与する活動はしてはいけない。だから、特定のものにつながる

ことを両者(献金側と政治家)が認識した献金は駄目である。


そう考えていくと、許される政治献金というのは一体何なんだろう、ということ

になる。たとえば経団連が特定の政党に献金するとか、政治家が主催する

パーティー券を買うということはどういうモチベーションの下に行われるので

あろうか?それらが完全に見返りを求めない行為であることがありうるだろうか?


どう考えてもそれはない。それを前提にすると、政治家の活動資金も税金から

支払った方が余程すっきりするのではないか。政治家個人ではなく政党へ、

ということにはなるかもしれない。所属政治家の数に比例してとか・・・ 

でも無所属の議員はどうしたらよいのだろう、とか課題は当然あるが。


今問題になっているのは、献金を記載したとかしなかったとかの形式的な

ルール違反の問題と、実際に特定の利益(工事の発注とか、それを有利に

する情報の提供とか)というか、具体的な便益の提供につながる献金だった

かという、もっと本質的な罪までに至るのか、という問題のようであるが、どっち

にしたって政治献金に”きれいな献金”(献金側に戦略的な意味すらない

献金)はあり得ないと思う。そういう意味では偽装なんかの問題よりもっと

本質的に献金自体の正当性を考えなければ解決しない課題ではないかと

思うのである。つまり制度をどんなにいじくっても結局は50歩100歩ではないの

かという気がしてくる。


金のかからない政治をしようと思えば、すべてボランティアのサポートで成り

立つ政治活動か、税金という国民全体に万遍に負担させる原資を使うしか

ないのではないか。そういうような議論が必要な気がする。考えすぎですかね?


どうも、個人がやって良いことを政治家はやってはいけない、という区別を明確に

意識した議論がないような気がしてならない。




カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2009/04/17 Fri. 18:02    TB: 0    CM: 2

痛みを感じる難しさ 

昨日のブログで不法入国のフィリピン人家族への在留許可の話をした。

偽造パスポートでの入国というのは、日本国法に違反したということで

あるが、その一家が15年間日本に居続けられた、ということの背景に

まず興味が行く。その期間が長いことがますます「覆水盆に返らず」

的な問題を発生させたのであろうから。その長い期間に子供が生まれて

日本語しか話せないまま、また日本しか知らないまま中学生になった

のである。アメリカなら完全にアメリカ人である(国籍の取得が出生地主義

だから)。もちろん日本の法律ではそれだけでは国籍は取得できない。

ということは、ますますそういう問題を生じさせないように、早く対応しな

ければならなかったはず。不作為の罪と言ってよい。


全部見ている訳ではないけど、そういう趣旨の報道はなかったように思う。

論点は”人道的ではないではないか”というようなものが多く、もちろん

人道的な処置ではないことはわかる。でも法治国家である以上、残念ながら

人道的でないことをしなければならない結果に至ることは山ほどある。


そういう風に考えると、例えば殺人を犯した側への人道的対応と、殺された

側への人道的対応(人権という言葉の方が多いが、権利という表現は

話をややこしくしてしまうのであまり好きではない)は絶対に両立できない、

というような問題を連想する。「死刑」の是非もこの問題と同根であろう。


法益は個人の利益という視点ではなかなかピンと来ない話であるが、例えば

2人以上の個人(国民)の利益を”公平にかつ恒常的に”守ろうとする考えを

マクロに引き延ばすと「法律」に行きついてしまう。そう考えると、「法律」以外

にみんなを平等にかつ同時に扱う方法はないのではないかと思うのである。

それの方が「人道的」な気がする。


フィリピンの法律だったら、こういうケースでどう人道的に扱うのか、も知りたい

と思った。あの女の子の涙に心が痛んだけど、そういうことを考えるとこの問題

はやはり「社会的」に考えなければならない。


昨日のロボットの戦争の件とこの問題で共通する点は、自分とか自分の痛み

というレベルで考えるべきではない、ということ。もっと言えば”一方だけが

正しいということは決して世の中にはない”ということかもしれない。


他人を非難するのは簡単。社会の批判も簡単。でも自分もほんの少しでも

立場が違ったら非難される側に立つかもしれないのである。殺人者と殺される

側という立場もちょっとしたことで逆転し得る。そういう意味では現実はもっと

怖い。いつも天使である保証などどこにもないのである。戦争も侵略と被侵略

の両面があるし、人間が殺さなければよくても殺された側は人間でない分もっと

傷つくはずだ。


昔の戦争は刀でやった。ひとつ間違えば自分が殺される。だからたぶん武士道

とか騎士道のような”精神的”な規範が発達したんだと思う。それが鉄砲や戦車、

ましてや戦闘機(今や核ミサイルですか)になると、相手との物理的な距離が

離れていくので、殺人感覚というか心の傷つく度合いが違うはず。

ましてやロボットとなると、自分が殺される側に立つ可能性すら意識しなくてもよい

安全圏にいるのである。


戦争を礼賛している訳ではないけど、少なくともどんな行為もそれを受けた側の

心を感じられる状況とか距離とか、その時の自分のリスクにも目を向ける必要が

あると思う。その苦しみを少なくとも代償として背負わない殺人は不純である。


不法入国から話が逸れたが、全体とか相手とかも同じ次元で考えた報道とか、

ニュースの受けて側の理解が必要なのではないかと思った。自分の立場、

法律の立場、相手の立場・・・いろんな視点で物事を考えて欲しい。



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2009/04/14 Tue. 18:04    TB: 0    CM: 2

人間を殺すのはせめて人間であって欲しい 

日本のロボット技術は世界一、という話を良く聞く。

NHKの番組でロボットを使った軍事の話をしていた。

平和ボケの日本企業がとても心配になってしまった。


無垢な悪魔ほど悪魔的であることはない。そういう言葉が浮かんで

きた。戦争論を展開したいわけではない。それはとてもこのブログ

では書けないと思う。でも平和(無戦争という意味でであるが)というのは、

相手も平和でなければならない。テポドンかノドンか知らないが、それが

日本のどこかに落ちれば、間違いなく「日本軍」が誕生すると思う。


平和論者は「自分の家に落ちていればそうは言えないはずだ」という

世間の攻撃に屈する。ごみ処理場とか、刑務所などのインフラと

軍事力の違いが本当はよくわからない。幼稚園もインフラなら軍事力も

インフラだからである。でもこのパラドックスがなかなか理解してもらえない。

インフラストラクチャーは「社会資本」と訳すが、もっと言えば”自分の利害

と他人の利害を区別するにはあまりにも皆に必要な機能とか施設”と説明

しなければならないもの、と定義した方が分かり易い。


ごみ処理場は自分の家の近くでは困るけど、それが無くても良いと言える

人は少ない。拡大解釈をすれば、「自分以外の人が困るくらいで済むなら

欲しいもの」と定義したらもっとインフラを理解しやすいかもしれない。


日本はいわゆる「平和憲法」で軍事支出をミニマムにできたことも、戦後

の経済とか産業の発展に貢献したと思う。そういう事実を直視したとき

「非軍事国家」日本の、またそれを作った戦後教育と戦後政治の中で、

そのことに気づかない”無垢さ”(イノセント)に冷水を浴びせるような話だった。

「鉄腕アトム」で手塚治虫が予言したことであり、ノーベルが自己嫌悪の

結果としてノーベル賞を作ったのと同じ原理なんだけど、綺麗ごとで人を

殺すと本当に大変なことになる、と言いたいのである。


ロボットに人を殺させるくらいならせめて人間が殺すべきである、と思った。

戦争の是非ではなく、人は人を殺したらそのことに苦しむがロボットは苦しま

ない、と言いたいわけである。ロボットを使ったのは人間だから、少なくとも

「殺人幇助」という罪にはなるかもしれない。でも「心の痛み」は自分で直接

犯した殺人者よりは少ない。平和は生半可な善意では”絶対に”実現しない

ということを改めて考えさせられた。


こういう話を聞くと、やはり考えさせられるのは「法律は最低の倫理である」

ということである。偽造パスポートで入国して15年経ったフィリピン人の

家族の滞在許可を法務省が出さなくて、日本で生まれた子供だけに

出した、というニュースがある。今日が「その「別れの日」だったようだ。


この一家に滞在許可を出して欲しいという署名が何万人も集まったと。

ロボットの戦争とこの話には共通点があると思う。これを次のブログで

書きたいと思う。




カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2009/04/13 Mon. 19:42    TB: 0    CM: 0

”歩く”ということ 

昨日はかろうじて我がカープは連敗を避けましたね。でも最後の最後まで

紙一重という相変わらずスリリング=ストレスフルな試合を見せてくれました。

気がつかなかったけど、負けた試合はブラウン監督がいなかった可能性が

ある。指揮官が不在だったから?それとも”ブラウン”個人がいなかったから?

いずれにしても”居ないと負ける”存在には(そうだったらだけど)嫉妬を覚え

ます。まあどうであれ勝率5割を割らずに済んだ・・・・  今日から新球場で

中日戦だ! (なんでカープとなるとこうも理性を失うんだろう??)


えーと、野球のことを書こうとしたんじゃあなかった。

今東京駅(と言っても京葉線なのでほぼ有楽町に近い場所)から会社が

ある日本橋まで歩いている。ほぼ17分。乗り換えて地下鉄やJRを使う

方法(やたら遠回りになったりするのを除くと)はちょうど10通りある。

それをここに引っ越してから全部やってみた。で、一番短い時間で済む

のがどうやら東京駅からそのまま歩いてくる方法の様であることが判明。


もちろん消費エネルギーは一番使う。でも運動になる。CO2の排出も少ない。

もっとも人間として吐いている量と、電車のそれが一人分減る(実際には

ひとり分減るわけではないが)のとどっちが厳密には少ないかは知らない。

でもここで言いたいのは、「歩く」という至ってプリミティブな動物的行為が、

結構無駄がない、ということである。


まず、立ち止まらない限り、ほぼ均等な速度で進めるので無駄がない。

もちろん「エスカレーター」や「歩く歩道」でも“歩く”。ネックは赤信号であり、

これで最悪5分違う。でも、いろいろ乗り換えるときのロス(すぐ電車が来ない

とか、ホームの反対側まで歩かなければ接続階段がないとか・・)

そんなロスよりはロスが少ない(?)。赤信号は青であることもあるが、

ホームの乗り換えは絶対必要だから。


まあ、そういった左脳的合理性ではなく、言いたいのは、文明の

パラドックスとでも言おうか、とにかく人間のプリミティブな能力は軽んじて

はいけないということ。病気の際の自己免疫の力だとか、第一次産業の

地球的貢献だとか・・・考えるとそういうことにも通じる深さもある。


そうだ、雨の問題がある。歩く距離が長いと雨が降ったとき傘の必要性

が高くなる。濡れても良い、という論理までは経済的視点では少々無理が

ある。そのことを忘れてました。でも葉桜に春雨・・・悪い景色ではない。

精神的に余裕があればだけど。

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2009/04/10 Fri. 10:37    TB: 0    CM: 0

広島カープに見る期待と失望 

先日4月1日に絡んだ話をしましたが、僕の人生で、4月がそれまでと違う

月になるものに、野球があります。広島カープは球場も新しくなって、

今年はAクラスを確保してくれるのでは、とあまり合理的な根拠はない

ものの、自然に期待してしまう。で、最初の3連戦は巨人相手。とにかく

天下の巨人である。セリーグで一番田舎にある球団だと、少々マゾ的

に考える傾向のある広島ファンにとって、巨人というのはどうしても

意識してしまう球団の筆頭だろうと思う。まあ他球団でも同様かも

しれないけど。


まあ、とにかく巨人3連戦を無敗で乗り切った!今年は思った通りの

カープだと思ったところ、一昨日の阪神戦。あの負け方はちょっと許せ

ない。確か10対4からサヨナラだからね?。人間期待させて裏切ると

いうのはもっとも人間的に見て残酷ではなかろうか。それで昨日の負け

でしょう?一気に5割に落ちて、とても今日の試合なんかも見る気になら

ない。(と言ってもちらっと見て、万一勝ってたりしたら、見ちゃうだろう

けど、それでまた逆転されたら、相当平常心になるのに時間がかかる。)


本当に困ったもんである。


でも今日は勝って欲しい!!(もう始まっていますね。見るのが怖い

けど)



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2009/04/09 Thu. 17:39    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示