大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの社長をしている 大谷光彦のブログです。

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

心臓のことを考えることが一番心臓に悪い 

福岡伸一の「動的平衡」というのを読み終わった。シグナチャーに

連載していた記事が面白くて、彼の本を知った。


細胞内に別の生き物であるミトコンドリアがいて、別のDNAを持っている。

それが人間の細胞(植物にももちろん光合成をするミトコンドリアがいる)と

共生している。受精のとき、精子からはミトコンドリアは卵子に入らないので

ミトコンドリアは母親からのみ受け継がれる。だから「男」は母のミトコンドリア

DNAを子に伝えるだけの悲しい存在・・・


最古の霊長類は700万年前に現れ、「最も古い現代人」は16万年前の

ホモサピエンスだそうだ。そして母系伝承されるミトコンドリアDNAを調べて

行くと、アフリカにいた一人の女性に至ると。これを「ミトコンドリア・イブ」と

呼ぶ。700万年もの飢餓の歴史を生き抜いてきた人類が脂肪を

ため込むメカニズムを獲得したわけで、カロリーを減らすことが如何に

大変(いや、抵抗不能なほど当たり前な能力)かということがわかる。


とにかく面白かった。人間は数か月ですべての細胞が入れ替わる。

つまり分子レベルでいえばもう前の自分ではまったくなくなっていると

いうこと。


常に細胞は死に、入れ替わりに新たな細胞を生む。一瞬たりともそれが

静止しない。これを彼は「動的平衡」と呼んでいる。


彼はそれゆえに、臓器移植とか生殖医療とかは、人間をあたかもパズルの

ような静止体としての考えに立っていると懸念を示している。それらの行為

が簡単に実現するほど人間の体は単純ではないと。


あたかも川の流れのように膨大な数の細胞が常に死と再生を繰り返して

いていて留まることがない。

基礎代謝はそれに必要なエネルギーの量。毎日食べなければならない

のはその動的状態を継続するため。生命とは変わり続けていること自体

を言うと。


そんな悠久の時の流れを細胞とそれを構成する分子が語っている。

そんなものから構成されている人間って何なんだろうか・・・


そう考えると、「自分」って一体何を指しているのか?「自分の悩み」って

一体何のことを言っているのか?本当に不思議な感覚を持ってしまう。


心臓がいつもひとりで絶え間なく動いていること、その不思議さを考えること

が一番心臓に良くないという。つまり自分の体のその不思議さを考える

ことがもっとも自分らしくないことになるのかもしれない。


神秘的な自然の崇高さと、人類が一人の女性から脈々と受け継いで

きた種としてのしたたかさ。どんなに足掻いても自分とは違う次元で

”自分が生きている”という「あっぱれさ」を思った。生と死と、そして

「性」を考えさせられた。

スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2009/05/20 Wed. 00:32    TB: 0    CM: 0

人類共通の敵 

今日は随分と風が強く、一日中音がうるさいほどであった。雨はそうでも

なかったが久し振りの嵐という感じ。(建物の構造上、どうもマンションの

中庭の気圧が外より下がるのか、とにかくヒューヒューとうるさいので

ある。)


そのせいか(そんな訳はなく、単にひどい貧打病なだけであるが)

カープがまた負けた。もう自虐的になってきて、期待しないことで

自己防御を図る昔のカープファンに逆戻りしつつある。


この風で、向田邦子のエッセイかなんかで、台風が好きだったと書いて

あったことを思い出した。家族内に不協和音があっても、この時には

皆結束して台風への備えをした、というような話で、その感覚はよくわかる

と思ったものだ。僕もそういう感覚で台風は嫌いではない。

(あくまで安全な場所にいるという前提が必要なんだが・・)


いよいよ始まった新型インフルエンザの国内流行へ、きっと国民は

一致団結して協力体制をとると思う。それは台風へのその感覚と

どこか共通しているように思う。


この新型は、きっと倍々ゲームで人数があっと言う間に拡がると思う。

弱毒性なのであまり心配ないと言うが、人数の問題は無視してはいけない。

通常の季節性のものはそれなりに免疫を持っている人の間で感染するが、

これは違う。大量感染になると、病院がいっぱいになって、マスクが入手

できなくなって、食糧が足らなくなるかもしれない。

病院がいっぱいになると、いくら致死率が低くても早期治療が受けられなく

なって、重篤になる例も出るのではと心配している。ワクチンができるまで

何か月かかるのだろうか?今効いているタミフルだって効かなくなるDNA

の変異が起こる可能性すらある。


ただ、不謹慎かもしれないが、本来心配されていたH5N1型の鳥インフルエンザ

の良い予行演習と言えるかもしれない。

行政にとっても一般の人にとっても、いきなりすごい怪物がやってくる

よりは良かったかもしれない。


もう少ししたら東京でも感染者が出るであろう。映画やコンサートも

中止されるんだろう。地震とかテポドンとかいろいろ心配されている

けど、ウイルスというのも目に見えない恐怖としては不気味なものが

ある。


石油や食糧を争った戦争は今も「民族」の戦いであったり「憎しみ」を

原因とするような形をとりながら世界のどこかで続いている。

しかしウイルスという人間の中に侵入してきて命を奪うような敵との

戦争の方が優先順位は高いはずだ。戦争を中止に追い込むかも

しれない。


このパンデミックは、各国共通の敵であることは間違いない。

各国の利害が一致し、妙に世界の一体感を生み出している。

その意味では今のひどい不況への対処に似ている。

WHOと首脳会議の役割も似ていて妙に誇らしげに見える。


環境問題なんかに比べると今目の前にあって分かりやすい敵だから

であろう。距離を縮めた世界に、もう国境がないことも分かりやすく教えて

くれる。その事実を目の前に明快に示してくれる点でも共通している。


でもあまり大きな台風にならないことを祈っている。会社のことも

心配になるし、また景気にどんな影響を与えるのかも心配である。


選挙どころではなくなったりするかもしれない。政党間の不協和音を

タナ上げして戦う敵になるかもしれない。いろんな敵が現れる世の中

になってしまったのである。


「人類共通の敵」ってなんかSF映画みたいだが、いつでも起こり得る

現実だったんだ。


カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2009/05/17 Sun. 22:13    TB: 0    CM: 0

自分が裁くのか権力が裁くのか? 

今日またカープが負けました。最近とにかく得点できない。

新球場は大リーグの球場みたいで、ビジネスセンスを感じる。

せっかくの滑り出しを何とか3位以内に入ってクライマックスに

出て欲しい。もう悲願です。


何でカープにこんなに熱くなってしまうのか不思議である。

子供のころの刷り込みというのは怖い。僕も親父の影響だけど、

僕の息子もかなり危ないカープファンになった。うれしい限りです。

これぞ「種の保存」に成功した、という実感があるのも、妙にレベル

が低くて悲しいが、シンプルに満足している自分が嫌ではない。


話は変わるが、陪審員制度(日本のは裁判員と言うらしいが)が

いよいよ始まりますね。TVでやっていたけど、日本では裁判が

終わっても守秘義務があって、内容は一切言えないようですね。

裁判中はわかるにしても、その後までずーっとなのだろうか。

そのことがどうも引っかかる。非常に気が重くなるような気がする。


今も賛否両論だし、自分が選ばれたらどうだろうかと考えて見る。

忙しいと嫌だなあとは思うが、興味もある。


でも証拠が明確でないような場合で死刑判決につながるような

ときは結構プレッシャーになるだろう。後味も悪いだろう。


人が人を裁くということ自体、複雑な気持ちになる。権力(法律と

言うべきか?)という免罪符がないととてもできない行為であろう。

ということは、権力とは何かというのがよくわかるような気がする。

権力というのはきっと慣れた後と、最初に行使するときは全然違う

シロモノではないかという感じがする。慣れるとそれ自体何でも

ないものであるように思う。それが無くなったときよくわかると思う。


政治家が犯罪人になるとか、裁判官が被告人になる、というの

がその典型であろうが、小さいところでは定年で公務員を辞める

ときとか、一般のサラリーマンでも名刺がなくなったとき、それまで

の自分と全然違う自分になるような気がする。


去年まで再就職支援と呼ばれる、リストラされた社員のキャリア

カウンセリングと仕事を探す仕事をしていたが、特に中高年に

なってのそういうステータスの変更は、ほとんどの人にとって

大きな喪失感につながる。特に日本人にはその傾向が強い。

名刺がなくなる、組織に属さない、というのは自分のアイデンティティー

を失うことでもあるからだ。


自分は何者かなんてサラリーマンやっていれば考えなくても

済むし、あまりそういうことを考えてもいい結果を生まなかった。


しかし、これからの日本は違うであろう。どっちが良いのか

わからないが、リストラという言葉で表さない転職が普通に

なる以上、いつも自分は何なのか、考えていなければいけない

時代になった。日本人はそういう文化じゃあなかったので、

未知の世界に入り込んでいくのであろう。






カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2009/05/15 Fri. 23:38    TB: 0    CM: 0

他山の石と言うには少々悲しい 

昼食を食べていたら、鴻池副官房長官が女性問題で引責辞任した、

と報じていた。今日発売の週刊誌で攻撃されているようで、随分素早い

辞任だと感心した。麻生総理の側近的存在だったとのことなので、

その意図は解りやすい。しかし政治資金の問題と女性問題とどういう

風に軽重を決めてよいのかわからないが、少なくとも女性問題というのは

職務から言ってあまりにも脇が甘いと言わざるを得ない。

危機管理とまで言えば大袈裟かもしれないが、こういうことの管理が

できない人が公職(つまり国民とか国家全体に貢献することを仕事に

している”プロフェッショナル”と呼ぼう)が勤まるのか。


昔はこういう政治家は多かった。だから必ずしもそれ自体のイベント(?)

を責めているわけではない。英雄色を好むそうだから。

但し、今の世間の、選挙民の、マスコミの価値観を考えたら「脇が甘い」

のである。


しかし、選挙の年。どうなんですかね?NHKの世論調査で支持率だとか、

誰が総理にふさわしいとか・・・国民は政治家を必要としているのだろうか?


だぶんパンデミック(特に豚ではなく致死率の高い鳥インフルの方)でも

地震でも起きたら一気に政権与党の支持率があがる。雇用問題とか福祉

の問題に焦点を当てると野党の人気が高まる。危機の時、不況の時、平和

な時、その時々で人々”全体”の求めるものの優先順位が変わる。

政治ってそういうものと言って良いのだろうか。


今ビジネスは大変である。どの会社もコストダウンで、節約するものを

見るとその会社が分かる。私も政治がどうの、と言っている余裕もない

のだけど。でも、だから余計にイライラしますね。こういう話を聞くと。


社長もある意味公職みたいなものだと思う。

Functionとして冷徹にとらえたときの役割とか義務というもの、そしてやはり

個人としの好き嫌いとか充実感とか、そういうもののバランスをどうするのか、

とても孤独な世界だとも思うが、そうことを今の政治は教えてくれる。


「他山の石」ですか・・・


カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2009/05/13 Wed. 17:08    TB: 0    CM: 0

外の未知と内の未知 

しばらくブログが書けないでいました。確かにこれは習慣の問題で、

ちょっと遠ざかってしまうと、なかなか時間を見つけられなくなって

しまいますね。


連休がカレンダー通りだったが、いろいろ仕事を持ち帰ったり、読みたくて

読めなかった本を読んだり、課題の編曲を複数同時に行ったりしていて、

「ブログ書くモード」にならなかった。運動を毎日していたのに、ちょっと

休んだら面倒になってしまう、という現象に似ているかも。


この連休は、不景気のせいとETCの1000円定額処置であろうが、とにかく

すごい渋滞で、どこにも出かける気にならなかった。


この間、新型インフルエンザだの、小沢辞任だの、相変わらず毎日

いろいろ起こる。それぞれいろいろ考えさせられるものが多い。


本は福岡伸一の分子生物学関連の本や佐藤勝彦の宇宙物理学の

本とかで手当たり次第読んでいるので、考えがまとまらないが、

体の中の話と宇宙の話は似ているところが多い。未知のフロンティア

というか、人類の飽くなき好奇心というか・・・普段言われていることが

間違って理解されていたり、そういうことだったのかという”目からウロコ”が

一杯ある。ケタ違いに大きい外の世界とケタ違いに小さい中の世界の

共通点。人間というのは実に不思議である。



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2009/05/12 Tue. 18:24    TB: 0    CM: 2

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。