FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

”地方”の生き方 

最近は少々健全になっているのかもしれないけど、夜疲れて眠くて仕方がない。

やることが多くて疲れているからだと思うが、そうでないより良いに決まっている。

前回「睡眠」について書いたが、こういう時は動物のように美しく死ねるかもしれ

ない。


ブログ書くのも中毒にならなければ続けられないもんだと思う。でも中毒になる

には動機が強くなければならない。忙しいとその動機が薄くなるのかもしれない。


まあゴタゴタ言っていますが、どうしても深夜遅くこうやってキーを叩くことに

なっています。


昨日までちょっと出張していた。山口県です。なかなか仕事でもなければ行か

ないところです。昔、萩に行ったとき妙に感心したことがある。長州の香りに

感心したんだと思うが、そのなんとなく遠いその距離感と、その風土に独特の

主張があることと無関係でないような気がしていた。薩摩・長州が遠いところ

だったことと、革命の中心になったエネルギーの大きさには関係がないとは

言えないということか。総理大臣の輩出率No.1というのも理解できる。


まあそれはどうでも良いのだけど、日本の地方というもののあり方が今とても

難しい問題になっている。工場がなくなったときの自立イメージがなかなか

つかめない。工場はどんどん海外に出ていくので、これから何で飯を食うのか・・

帰りにちょっと尾道に寄った。両親もいい歳なので機会があれば顔を見せようと

思ってだが、東京に帰る方が圧倒的に近かった。工場がなくなるとどうなるのか

は、尾道も一緒。観光資源というのも言うのは簡単だがそれで飯を食っていける

ところはほとんどない。尾道も周りの市町村と合併して、今やどこまでが尾道

かわからなくなってしまった。島だらけである。初めて「しまなみ海道」なる橋で

つないだ島々を車で通った。みな同じような斜張橋である。長さや高さを自慢

すること明石大橋に同じである。あの寅さんに出てくるような風景は相当破壊

されていた。便利になって人々は足早に駆け抜ける。お金は落ちないであろう。

お金=豊かさという概念を変えるのは容易ではないし、観光資源=文化的財産

というのも力のない人々の負け惜しみであろう。ちょっと眠くて答えが出ないが

そこに住んでいる人の多数派と、たまに外から訪れる人の価値観には大きな

隔たりがあるとつくづく思った。






スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2009/10/29 Thu. 22:30    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示