FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
 

たかが10年、されど10年 

今日は千葉の老人ホームで今年最後の演奏をしてきました。補聴器を使っている人には少し音が大きすぎたようですが、一緒に歌ってくれる人も大勢いてとても温かい気持ちになりました。ちょっと酔っぱらって気持ちよく帰って来たところです。


演奏した曲は、「ジブリのメドレー」(となりのトトロ?もののけ姫?さんぽ?風の通り道?風になる?めぐる季節?崖の上のポニョの7曲)と「懐かしの映画音楽メドレー」(魅惑のワルツ?シャレード?第三の男?シェルブールの雨傘?慕情の5曲)、それと「美空ひばりメドレー」(悲しき口笛?東京キッド?港町十三番地?お祭りマンボ?真赤な太陽?悲しい酒?リンゴ追分?愛燦燦?川の流れのように、の9曲)。そして最後にアンコールで「アニメメドレー」(どらえもん?サザエさんのテーマ2種類?ちびまる子の踊るポンポコリン)でした。


老人ホーム向けに選曲して受けを狙ったわけではありますが、全部オリジナルの編曲で、50分くらいの演奏になりました。


今、このグループ向けに、運命(ベートーベンの5番)、亜麻色の髪の乙女(ビレッジシンガーズ)、風になりたい(THE BOOM)、ベートーベン・ピアノソナタ第8番ハ短調「悲愴」第二楽章、と言う4曲の編曲をしています。これでまあ来年5月くらいまでは幸せに暮らせることでしょう。


この13人のグループは、来年の6月に10周年を迎えます。よくも続いたものだと思います。音楽的に趣味とか方向性が同じようなメンバーであることも重要ですが、やはり結局のところ「人間性」が大切です。みんな何だかんだ言っても”打ち上げの一杯”が楽しみで、その日の演奏を互いに批評しながら、結局褒めあう。”失敗しても楽しい仲間”という自虐的かつ自己満足の世界です。それがお互いに不自然でなくなるまでに10年必要だったのでしょう。「10年ひと昔」と言うけどまあ良くも続いたものです。


老人ホームの慰問も恒例になったけど、この先10年でみんな老人ホームの入居者になるかも知れない。


来年は10周年コンサートをやろう!と、皆で気炎をあげた夜でした。

スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2009/12/27 Sun. 22:22    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示