FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02
 

酒を酌み交わしてみたかった小林繁 

小林繁氏が57歳の若さで急死したというニュースに驚きました。そして古い記憶がよみがえってきました。もちろんあの江川事件です。でも、人の死に意外な死と意外でない死というのがあるとすると彼の死はあまり意外ではなかった。きっとあの江川事件のときの印象と通じるものがあったからではないかと思っています。


江川と小林の電撃的なトレード事件は、当時ドラフト制度のことを正確には知らなかったけれど、一体どういうカラクリになっているんだろうと興味を持ちましたが、スポーツの世界も所詮ビジネスであり政治なんだ、とわかったような顔をしてしゃべっていたことを、少し恥ずかしく思い出します。それは自分でも薄っぺらな感想だと気づいていたからだと思います。


でも、今思うと一番気持ちに引っかかったことは、江川と小林の人間の違いと言うか、人種の違いのようなことだったように思います。なんか世の中の2つの派閥の代表選手であるような気がしていたからです。


気持ちに迷いがあっても短期間で結論を出せ、自分の利益確保に対して曇りなく直線的に動けるタイプと、その反対に、いろんなことが気になって結果として利用されやすいタイプ。もちろん前者の方が社会的に成功する確率は高い。後者は優しい人です。優柔不断でもあるかもしれません。敵は少ないかもしれませんが「部下とか手下」も少ないでしょう。でも長く気持ちよく思い出してもらえる人。江川は前者で小林は後者です。


この感覚と通じる記憶がひとつあります。マレーシアで仕事をしていたときの弁護士の話です。彼は中国系マレーシア人で今でも付き合いのある随分親しい友人ですが、あるとき「日本人はなんであんなに組織で動くのが上手いのか?一対一の交渉だとまず中国人が勝つ。でも組織で交渉すると大概日本人が勝つ。」と言うのです。


僕はひとり対ひとりでやる喧嘩とか交渉の場合(喧嘩と交渉を一緒にするのは問題ですが、利害が対立しているという構図を分かり易くするために許してください)、”羞恥心が少ない方が強い”と思っています。特に自分個人の利害しかないような場合はそうだと思います。ところが会社とか家族とか、”自分を含めた”組織(自分が含まれていない場合はちょっと違う)の利害を守るための交渉ごとになった場合は、むしろ羞恥心の多いタイプの方が強い。そう思う理由を説明すると長くなるのでまたの機会にしますが、江川は前者で弁護士の言う中国人型、小林は後者で日本人型だと思います。


彼の急死があまり意外ではないと言ったのは、後者のタイプの死はある意味、死と言う現象がその人自身に組み込まれている自然な現象ではないかと思わせるものがあるように思うからです。「他人に道を譲る」というような現象がなぜか身の回りに起こってしまう。それは動物的な生命力から言えば弱いタイプとも言える。


ちょっと小林さんに申し訳ない言い方になっているかもしれませんね。そんなに分かりやすく分類されたらたまったもんじゃあないですね。たぶん小林さんを他の人と比べたら前者になるかもしれません。でもあの江川事件の江川と比べたらやはり後者のタイプに見えていました。だから酒を飲んで美味しいのは小林さんですね。


57歳の若さというのも彼らしい気がします。江川が「すまない」と一生思うだけのものを残した事件だし、日本人の多くがそう感じ、それに抵抗しなかった小林さんと美味しい酒を飲みたいと思ったと思います。もうそれも古い話になりましたが。


冥福をお祈りします。

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/01/21 Thu. 09:53    TB: 0    CM: 0

看護師とバリトン・サックス 

今、うちにバリトン・サックスという楽器があります。サクソン・ファイブという僕がやっているサックス・クインテットのバリトン・サックス奏者が今度結婚するのですが、その披露宴で演奏をすることになって、彼にいつも僕が吹いているアルト・サックスのパートを譲って、僕が代わりにバリトンを吹くことにしたのです。まあ花を持たせると言うか、とにかく彼を主役にしようという配慮であります。入場時の結婚行進曲も新たに編曲して、もうみんなで盛り上げようと気合いを入れています。


ところで、この楽器は一番下の音を吹くので大きくて重い。普通のストラップで首からぶら下げるとむち打ちになりそうで、ハーネス(肩と腹にかかる帯で楽器を支えるもの。犬の散歩でよく見かけるようなやつです)でなければ大変です。さらに相当な肺活量を必要とするのですぐ呼吸が苦しくなる。


この前の週末に、楽器を変えて数曲練習をしました。予想通り喘ぎながら演奏しましたが、一面その面白さに結構ハマってしまいました。肉体的には苛酷なのですが、ベースラインを支えるその役割は、なかなか気持ちがいいものです。よく縁の下の力持ちという言い方をしますが、そういう域を超えて十分主役になれる目立ち方をします。


ちなみに彼は看護師です。夜勤が多く練習日を決めるのが結構大変。看護師とバリトン・サックスというのも結構その立ち位置や重要性が良く似ているのではないかと思ったりしています。そもそも看護師のサックス奏者というのもレアかもしれませんが。


しかし楽器と年齢の関係はやはりありますね。腰を痛めたりしそうで、やはりこの過酷な楽器は、若い人に任せることにしましょう。はやく結婚式が終わってくれることを願っています。



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/01/20 Wed. 14:57    TB: 0    CM: 0

どうでもよい信号の話 

今日は、どうでも良い話なんだけど、前から気になっていたことを書きます。「信号」の話です。会社に通うとき大きな信号が2つあります。自分の歩く速度は一定と見えて、最初の信号のタイミングと次の信号のタイミングは正確に一定です。最初が青になってから渡り始めると、本当に正確に2番目の信号が待つことなく青になります。この整然とした秩序に感心しています。


サンフランシスコは坂の町ですが、ダウンタウンはほとんど一方通行です。車で動く時、本当にみごとに一定のスピードで走ればいくつもの信号が順番に青に変わって行きます。これには感動していました。渋滞ということを考えるとこのシステムは実に見事なものだと思っていました。道路が碁盤の目で、しかも全部が一方通行だから可能なシステムであろうと思いますが、東京ではお目にかかったことがありません。無秩序にしか見えません。


その事と、前から面白いと思っていたことに、”あと何秒で変わります”という数字がでる信号が大阪駅前にありますが、あれを最初に見た時(もう随分前ですが)、”どこかで同じものを見た”と思ったことを思い出します。それは中国です。上海とか蘇州にもっと昔からありました。中国は(今はどうか知りませんが)僕がよく出張していた10年前くらいには、自転車が多く、信号を含めた交通ルールに従う雰囲気はほとんどなく、車とぶつかったり、車どうしもしょっちゅうぶつかっていました。赤信号も”無視して当然”、という感じでした。


そのことが、この”あと何秒待って!信号”発明の原動力ではないかと思っていました。それと同じものが大阪にお目見え(たぶん日本最初ではないかと思っていますが)したということは、大阪の方々に同種のニーズがあるのでがないかと思った訳です。要するに未来がわかっていれば我慢できるが、わかっていなければじっとはしていられない。いわゆる”イラチ”ということだろうと。確かに店の行列とか渋滞のときの待ち方なんか、関東とは違いますよね。


大阪の人に叱られそうですが、実は僕もその一人だと思っています。米国では右折(日本で言えば左折)は、赤信号でも曲がれます。そんなに危険ではありません。日本も大阪標準をスタンダードにした方が良いことって結構あるような気がします。


そう言えば、関西のエスカレーターの追い越しは左ですよね。関東と反対ですが、これも信号と同じような理由があるのでしょうか?なさそうだけど・・・


昨日JR四谷駅前でこの”あと何秒で変わります信号”を見つけましたが、数字ではなく点灯した光の帯が減っていくシステムでした。数字より”品がある”ような気もしましたが、どういう理由でしょう?

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/01/19 Tue. 17:11    TB: 0    CM: 0

喪失の記憶と15年前の大震災 

今日は阪神淡路大震災の日ですね。朝早く目が覚めてベッドの脇のTVをつけたらちょうど黙祷の2分前でした。思わず起き上がって一緒に黙祷しました。あの日も今朝と同じように寒い朝だったのでしょう。

15年前の今日、僕はサンフランシスコに一人で住んでいました。確か夜の9時か10時だったと思います。冷凍庫に入れていたカレーと茶碗ごと凍らせたご飯をチンして、食べようとCNNをつけたら、どこかの大きな都市が燃えている映像が画面一杯に映っていました。高速道路が横倒しになり、町の至るところから火の手があがっているヘリコブターからの映像で、アナウンサーが一生懸命興奮してしゃべっていました。英語がすぐ頭に入らなかったけれどJapanとEarthquakeと言う言葉はわかりました。咄嗟に東京か名古屋だと思った。家族のことが心配になり自宅に電話したけれども話し中で通じない。何度かけても通じなかった。夜中の12時を過ぎても映像は続いていた。結局Kobeという言葉を拾うまで時間がかかったし、家の電話は朝まで通じなかった。関東や東海ではなく神戸と大地震は結びつかなかった。

あれから15年ですね。あの日に生まれた子供も15歳。もう15年ですか、、、

僕が学生の頃、尾道の生家が大雨による土砂崩れで流されました。僕も弟も大学生で実家にいませんでしたが、家は跡形もなく流されて、周りの家も合わせて7?8軒が土砂に埋まり、両親は奇跡的に助かりましたがその後長く入院していました。9月12日の夜7時12分でした。結局7人の方が亡くなり、飼っていた犬と猫は最後まで見つかりませんでした。尾道に帰って坂の下から見上げた実家一体は、まるでスキーのゲレンデのようで、それは恐ろしい光景でした。家も幼なじみも皆一瞬にして無くなっていました。今でも古いピアノと落書きだらけの壁をよく思い出します。寝るところもなくなってしまってその夜は親戚の家に行くのですが、バスの車窓から見た瀬戸内に沈む夕日と、そのときの心細かった気持ちは今でも忘れません。

あの日も東京から電話してずーっと話し中でした。CNNの映像が東京ではないと分かってからも、実家の災害の記憶がダブってしまって頭が混乱していたのを覚えています。

自然は残酷で、時に何の前触れもなく人々の営みをいとも簡単に破壊してしまいます。でもその中からも新しい命が芽生え、記憶の質が少しずつ変化して、生きていく力に変わっていくのでしょう。

今朝、黙祷しながら、覚醒しない頭の中で、そんな記憶が蘇り、厳粛な気持ちで一日を過ごしました。改めてご冥福をお祈りします。

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/01/17 Sun. 21:00    TB: 0    CM: 0

政治と映画と靴 

やっと金曜日になりました。昨夜寝る前にちょっと覗いたNHKのBSでキャメロンディアスが出ていた「In Her Shoes」をやっていて、これを見始めたら、結構秀作というか、その侮れない内容にハマって最後まで見てしまい、結構眠い一日でした。寝るとき以外脱がない「靴」の持つ意味は、日本人のそれとは大きく違うということをうまく使ったネーミングでした。

そんな中、今まで飲んでいました。某会社の米国人女社長さんとの会食だったのですが、オバマの民主党と小沢の民主党はどこが違うか、という話題から政治論議に発展し、最後にオバマの保険制度改革と鳩山の社会主義の共通点と相違点という言葉遊びになってしまいました。その文脈の中で今朝見た映画の話をしていたら、映画の中での「靴」の意味が広がってきました。

そして石川議員の逮捕で、小沢劇場にもクライマックスの予感がしてきました。素直に見れば最初から当たり前に見えていることなのに、渦中にいたり、発言の揚げ足をとられると致命的になる職業の人は、回りくどいプロセスを経なければ、到達できない儀式なのでしょうか。なかなか”足を洗う”ことができないのかも。日本人にも西洋人のような靴の文化ががあればと。

焦点のない話になりそうなので、ベッドに入ることにします。もちろん靴を脱いでですが。

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/01/15 Fri. 23:08    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示