FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

雪の話 

先日の午後、友人に用があって携帯に電話しました。なかなか出てくれないので切ろうとしたら繋がって、眠そうな声。「今ニューヨークなんだけど・・・」だと。電話代をかけるほどの話でもないのでそそくさと切りました。


ローミングサービスって昔言っていたけど、今はもうどこでもそのままかかってしまう。どうなんでしょうね、この便利なサービス。便利とは?と考えてしまう現象のひとつです。


アメリカの東海岸は大変な雪のようですね。


サンフランシスコにいた時、ヨセミテ国立公園によく行っていました。シェラネバダ山脈の中にあって、冬に行くにはそれなりの覚悟が必要でした。よく話に出たのは、冬に行方不明になってしまって、春の雪解けに車の中で発見される人が後を絶たないって。捜索しようもないほど広大で、車を簡単に隠してしまう雪の量ということでした。


日本も今年は雪が多いですね。でもアメリカみたいな話はあまり聞いたことがありません。発見されないほど広い国土ではない、ということでしょうか。


僕は雪国に住んだことがないので雪の”素敵な部分”にしか目が向かないけれど、毎日降り積もる雪は自主的な行動を妨げ、こころの世界も変えていくのでしょうね。でも春を深く感じられるかもしれません。


何でも両面があって、自分の都合の良いように解釈する本能を人間は持っています。でもこの「都合のよい」というのが実は人によって、また状況によって変わってくるのです。こころの健康とこの部分は密接な関係があります。


自分の利益って何なのか、、、シンプルなことほど人を悩ませる。人間はやっかいで、どうしようもない「動物」ですね。


雪の多い国で、それを楽しむスポーツが生まれて、冬季オリンピックに至った。明日バンクーバー五輪開幕ですね。今度は雪が少ない五輪のようですが。





スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/02/12 Fri. 10:01    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示