FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

エイプリル・フール ?敵か味方か判る日? 

いよいよ新学期。会社は新年度。外資系に居たときは1月が新年度だったので、この、4月だ・桜だ・新学期だ・・というのが妙に日本っぽくて新鮮な気がします。


決算が締まるまで少し時間がかかりますが、その数字も気になるところ。また、4月1日は新たな事業年度の目標だとか、予算だとか、そういうことで社員へのメッセージも必要になる日です。当社は今年いませんが、新入社員を迎えるということで人事は非常に忙しい日です。


私も某社の新入社員の研修で少ししゃべることになっています。新卒の新入社員の世代がどんな考え方をしているのか、彼らにどんなことをどう言う風に伝えるとわかってもらえるのか、そういうことがわからなくなってきています。そもそもTVの民放の番組がどれも同じに見えて、見ようとするとある「割り切り」が必要なくらいですから。


今日はApril Fool's Dayでもありますね。日本でもインターネットが普及してから少し騒がれるようになったように思いますが、欧米では結構このネタを使った話題とかが社内でも飛び交う日です。中にはタチの悪いのもあって、日本人は大概騙されます。しかも毎年騙されるのでジョークにならなくなります。そういう空気が気まずくなった思い出があります。


この境目が難しい。その国の文化とか習慣とかがどのくらいわかっているか。つまりどのくらい”KY”なのかが如実に表れてしまう日でもあります。


”敵か味方かがわかる日だ”と言った友人がいました。そのとおりですが、そのスリルもまた「今日」を楽しむエチケットのひとつなのでしょう。


この起源はどうもはっきりしないようです。もう忘れましたが結構センスのある嘘もありました。でもこういう冗談をどう位置付けられているかで本当にその国のことがわかるような気がします。日本はこういうことにはシリヤスですね。


江戸にあった”野暮”という言葉も死語になってきた今日この頃。「四月馬鹿」を楽しむくらいのゆとりは欲しいですが、「これはエイプリル・フールではありません」という嘘が一番タチがわるいことは万国共通でしょう。

スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/04/01 Thu. 12:40    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示