FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

iPadと人間 ?ちょっと気になる関係? 

今日は例のiPadが日本で発売される日ですね。もう発売されているはずです。先日アメリカで発売されたものを手に取る機会がありました。思っていた以上に大きくて重い、って言う印象でした。


iPadを買った人はiPhoneを持っている人ですよね。きっと。最近民衆(?)が2種類に大別できるような気がしていました。iPhoneを持っている人と持ってない人です。


僕はまだ持っていません。”まだ”とつい書いてしまうということはいずれ持とうと思っている可能性はありますね。でも電車の中で見ているとiPhoneを持って指を拡げて画面を大きくしたりしている人とそうでない人に2分されていて、持ってしまうと同じ事をしてしまう訳で、そう思うだけでなぜか非常に照れを感じます。確実に自意識過剰ですが、どうも気恥ずかしい。


そこにきてこのiPadです。あのガラスで大きいってところが妙に恥ずかしい。結構重いように思うのだけれど、あれを持って歩くのだろうか。自分でも、強い好奇心とこの羞恥心が密かに葛藤しているような気がします。


あれはPCでも携帯電話でもない。不思議な道具であるように思います。言われているように、電子書籍や写真なと目を使って吸収する情報処理に向いているのでしょう。しかし紙媒体である本が、これが普及することでどこまで無くなっていくのであろうかと心配になる。


文字情報としての文章と、「文学」としての文章があると思うのだが、この文学とiPadの相性が気になるところです。”慣れ”と言えばそれまでだけど、僕はとてもあれで文学を味わえるような気がしない。「文章の香り」というか、そういう抽象的なものから受ける自分の感性がイメージできない。


まあそんなことを言っても、人が欲するものが売れ、それがある臨界点を超えるとスタンダードになる訳で、PCだってインターネットだって同じことだった。


そう考えていくと、これからはむしろ装丁の美しい豪華で希少性のある「紙の本」がその新しい地位を見つけるかもしれない。デジタル情報である文字の真逆の情報として新しいマーケットが出来るかも知れない。


忘れられていた価値が、それを忘れさせたものそのものによって復権するという例は一杯あります。手作りのものとか、自然のもの、オーガニックなもの、自転車なんかもそう・・・


本好きの人間としては文字をアナログのままにとどめておいて欲しいと強く思います。だって、人間の耳も目もアナログ情報しか受け入れられないタンパク質。感情と一緒にそれを理解しようとする脳。

それが人間ですからね。


スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/05/28 Fri. 19:33    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示