FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
 

「最小不幸」と「最小幸福」、どっちがお得? 

菅内閣がスタートしましたね。民主党ネタには食傷気味になっていたので、興味の対象になっていませんでしたが、”「最小不幸の政治」を目指す”というのはなかなかうまい事を言うと思って取り上げました。消去法で迫るローリスクな政治ということをうまく言っていると思います。市民運動出身だけあってさすがに板についている自然な言葉だと思います。

確かに誰かさんの「友愛政治」よりは100倍大人の言葉で、筋は通っています。だけどいまいちプロフェッショナルな言葉ではないな、というのが第一印象です。

良く考えて見ると、民主主義というのは、大勢の人が一人ひとりミクロな選択をするだけで、結果として大きな選択ができるシステムです。そういう意味では確率的に、「最小リスクの政治」と言ってもよいと思います。それは国民性悪説に基づくリスク分散を意図したシステムだからです。全体主義や共産主義に懲りた歴史のせいでもあるでしょう。でも国民を本当は信じているシステムではないですね。敢えて言えば国民のいい加減さを信じているシステムでしょう。確かに首相が変わっただけで支持率が3倍。

しかし、これは政治家も国民もミクロ型になってスケールが小さくなるという負の副産物を必然的に伴うシステムであることも事実です。機密費の公開などの透明性追求も一種の自己批判や自虐本能の現れでもありますが、結局のところ孤独に勝てないアマチュア政治家でもできる政治。政治のアマチュアイズム化と言ってもよい現象を生む事になるのです。谷亮子の立候補に象徴される”身近で、愛される国民代表”というタレント政治です。

選挙という膨大なミクロの判断の集積が最終で唯一の審判になる。だから何度も何度も選挙があり、また首相が辞任し、また選挙がある。選挙がビジネスで出来れば本当によいお金儲けが出来そうである。

今から思うと鳩山さんはとんでもない子供だったのかもしれない。今の民主主義は結局政治家と国民の両方を子供にするシステムなのかもしれない。小さなものに幸せを感じられる習慣をつける政治なのかもしれない。そんな人ゆえ小さな幸せすら国民にもたらす事が出来なくなる。

菅さんには、是非とも「最小幸福の政治」だけは目指して欲しくないと思っている訳ですが、そもそも「最小不幸」と「最小幸福」ならどっちが良いと思います? わからなくなってきますね。
スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/06/09 Wed. 21:42    TB: 0    CM: 2

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示