FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

33人の濃密な人間関係 

今日は比較的早く帰宅。ブログに何か書こうと思っていたらチリの炭坑落盤での生存者のニュースが入ってきました。33人が17日間も生存していて、国民が注目する中、地下700mの世界で繰り広げられる人間ドラマが実況中継されているというものです。どんな死に方が嫌かと言えば”生き埋め”だと思っている自分にとって、このニュースはやや興奮して受け入れざるを得ない事件です。

ヒーローになれる要素が十分保証されている人々です。運が良いというのか悪いというのか分かりませんが、きっと運は良いのです。まだ救出されていませんが、これから下手すれば4ヶ月もかかるという救出のドラマが始まりました。

大統領もこのイベントを利用するし、マスコミも格好の話題を提供できるし、しかも結構長い時間のドラマが保証されている劇場型の事件。

例のイオンエンジンという超格好いいエンジンで無事帰還した小惑星探査機「はやぶさ」の人気でも思ったけど、今世界を覆っているこの閉塞感なればこその明るく健康なニュースであることは確かです。

しかし良く助かったものです。暗くて(手紙を書いているというので何らかの明かりはあるのでしょうか)高温多湿な閉塞空間の中で、もし一人だったら体より心が先に折れてしまうことでしょう。逆境の中で身を寄せ合う小さな戦友達。長い時間を一緒に過ごして最後に助かれば一生の友になることでしょう。33人の濃密な人間関係。そして「アンデスの正餐」になるかも知れなかった暗い部分も心をよぎった閉鎖社会。

事件を愛でるみたいでおかしな話ですが、台風が近づいて来ているときの家族の中に芽生えるあの禁断の恍惚の結束感を連想しました。不謹慎ですが、無事に助け出されるまでに味わえる海の向こうのドラマに少しワクワクしてしまいました。一日も早い救出を祈念します。
スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/08/24 Tue. 22:13    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示