FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

大人の考える平和 

今月はどうにもブログ頭になれない日々のまま月末を迎えそうだ、と思ってバタバタ毎日が過ぎている中での尖閣列島事件。ちと言いたくなってしまいました。

最近はその牙をなくしてしまったけど、昔のソ連を思い出してしまいました。頻発していた北方領土での漁船の抑留のことです。政治環境が変わったり経済環境が変わったからであろうが、それを聞かなくなって久しい。

”話し合いという手段がまったく無力である事を受け入れなければならない理不尽さ”の存在を理解できる日本人は少なくなっていると思っていました。今回中国にそれを感じた国民は相当居たはずだし、許容範囲を超えた我が国の弱さにストレスを感じたはずです。

「安全保障」という言葉が現実感のない言葉になって、民主党が躍進して、普天間の問題が起こった。

”理不尽さ”というのは、力がない時に感じる悲しい気持ちのことです。

経済力と軍事力と食料生産力。本来は全てが同じベクトルを持っている力ですが、「思想」とか「教育」によってそれぞれが別の力として理解されるようになることにも久しぶりに気付かされました。

平和のために軍事力を無くしたいと言い続けることは、理不尽さを受け入れる高次元の理念が必要ですが、人間はそんなに立派ではないですね。右の頬を打たれて左の頬を出す国家は残念ながら存在しない。人にも国家にも欲があるけど「国家の欲」は主体性がなく無機質で始末が悪い。

「大人の考える平和」とは何なのか。どうしたら近づけるのか。こういう事件が起きたときこそ目をそらさないで考えて欲しいと思いました。まだ大人になることを諦めないで欲しいと思っている人が居る限り。
スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/09/25 Sat. 12:57    TB: 0    CM: 2

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示