FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

地検の逮捕は中国の仕業? 

検察がとんでもないことになっていますね。村木さんが無罪になって厚労省が新たなポストを用意した。その時に実は、男だとどうなっていただろう、という感覚を持っていました。

うまく言えないけど、女性の局長だから何か特別にやり玉にあがったということは無かっただろうかという感じと、彼女が一貫して自己の関与を否定し毅然とした態度を貫いたその姿にはどこか男にはないケレン味のなさを感じある種の心地よさを感じていたことと、無罪になった後何故か免罪符のように彼女に擦り寄った厚労省の男の組織・・・何故かそういう違和感を持っていました。彼女の表情とか姿勢に共感してしまうオーラすら感じていました。

そしてこの事件には何とも意外なオチが待っていた訳です。日本の裁判の質がまだマトモだったということもあるし、検察という公共の利益の番人が組織的に倫理観を喪失していたことに愕然とする感覚。

そして、最高検察庁が身内である地検の操作をすることの違和感。さらに「御上」という権威がもうとっくに尊敬の対象ではなくなっていたんだと言う民族的な喪失感。

考えれば考えるほど今回のことは奥が深い問題をはらんでいるように思います。

この事件が、尖閣諸島で落としどころを間違った中国が日本国民の目を他にそらす為に仕組んで、日本政府がそれに呼応して積極的に仕組んだ動きだったりしても驚かないかもしれない。
スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/10/01 Fri. 21:51    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示