FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04
 

揺れない建物に何故しない! 

僕は、アメリカに駐在していたサラリーマン時代、免震とか制震の技術パテントを日本に持ってきたり、海外の免震のメーカーと販売権とか施工権の契約を取りまとめる仕事をしていたことがあります。

免震というのは鉛の板の入った積層ゴムを地面と柱の間に入れて建物を土地から浮かす(分離する)技術です。あまり高い建物や柔らかい構造の建物には向きません。一方、制震というのはスラブとスラブの間にダンパー(揺れの緩衝ディバイス)を入れたり、カウンターウエイトをコンピューター制御して、建物の揺れを相殺するような部分的なムーブメントを生む技術や設計のことを指していて、高層ビルや柔構造のものでも使えます。

当時は、当然もっとそういう技術をどの建物でも導入する時代が来ると信じていましたが、未だに殆どの建物は”つぶれない強い建物”の方向には行っていても、”揺れない建物”の方向には行っていません。強い建物を耐震と言いますが。

もちろん免震や制震の建物が増えていることも事実ですが、全体の中から言えば未だに圧倒的に少数派でしょう。

この原因はやはりコストです。最初から組み込んだ場合20%くらい高くなるでしょうか?出来上がった建物に新規にこれらを施工することも出来ますが結構コストがかかります。もっとも当時の話なので今は違うかもしれません。

しかし、今回の地震を自分でも経験をすると、この免震や制震の建物にどうしても住みたくなります。もちろん一戸建てでも可能です。安心というのは、結果が大丈夫だ、という頭で理解することからではなく、”揺れない”(実際は”あまり揺れない”というべきですが)現象からこそもたらされるからだと思うからです。

うちの犬が揺れると吠えます。大きな地震の場合は揺れる前から吠えます。得体の知れないものへの恐怖だと思います。人間もまずは動物なんだから、例えつぶれない建物だと頭で考えていても、揺れること自体とても怖いことであるはずです。もちろんその前に潰れる(耐震性の弱い)建物であってなならないことが根本ですが。

前にも書いたけど、地震は予知しても駄目です。来なくすることは不可能だし、どんなに技術が進歩しても予知確率には一定の限界があると思うからです。そもそも30秒後に来ます、などと気味の悪い警報が鳴る携帯なんか何の意味もありません。どうしろというのでしょう?火を消す? まあそんなところでしょう。

それより、地震が来ても揺れない建物にする方が絶対に良いと思います。予知にかけている国の予算を補助金に使うべきです。なんで未だにそうならないのでしょう。地震保険も全然安くなるはずですし、そのくらいのところにお金をかけても安心(と安全)を買うべきです。

今回の地震でその話をだれもしないことを不思議に思い、できればそれを促進するNPOでも立ち上げて啓発運動を起こしたいくらいです。今この時にもしないならいつするのでしょうか? さらに言えば、震災の時にその熱が盛んになっても、残念ながら「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ということで、また熱が冷めてしまうのでしょうけど。

みなさんどう思いますか?
スポンサーサイト

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2011/03/29 Tue. 23:44    TB: 0    CM: 0

報道の偏りが示す日本の幼稚性 

非常に気になることがあります。それは何十カ国もの国がこんなにこの混迷の日本の支援をしているのに、そんな各国の様子があまりにもメディアに取り上げられていないことです。

TVをそんなに見ている訳ではないけれど、どう控えめに見てもフォーカスされてなさ過ぎる気がします。

例えば米国の支援を報道しない政治的配慮があるのかもしれないし、海外に頼っていることを見せたくない行政のプライドもあるのかもしれない。原発技術の優位性で世界でビジネスしようとこの前まで思っていたメーカーや東電はもっともだとしても、それを後押ししていたからと言って、日本のメディアや行政や政治まで一緒であったとそう簡単に思わせないで欲しい。せめて海外のメディアが日本のモラルや秩序を誉めていることを認めることだけでも報道すれば良いのにと思う。

また、自衛隊や消防という公務員の努力をもう少し愛情を持って報道しても良いのではないかとも思っています。公務員だから当然という狭量さを国民がそれほど持っているとも思えない。被災の現場ではもっと素朴にヒューマンな感謝があると思います。

原発の問題も、海外がどういう数値を補足し、どういう状況分析をしているのか、もっと報道すべきです。日本の国境をとっくに超えて放射性物質は拡散しているし、そもそも風が運ぶ訳だから、あんな同心円でその危険を一律に計る事自体ナンセンスです。その内日本の国土以上に被害を受けている他国が出てきてもおかしくないのです。少なくとも「公海」の汚染はそうとう進んでいるのではないかと思います。

放射能の問題は人類が人工的にかつ恣意的に作った技術のひとつの負の副産物であり、そのことにもっと謙虚になる良い機会を与えてくれています。石原都知事は、表現に対する配慮が欠けていたとしても、大切なことを勇気を持って発言したと思う。

また地球という同じ船に世界が乗っていて、一旦浸水し始めると結局船が沈没してしまうことも、今回のことで分かりやすくなったと思います。温暖化の問題をもっと生命の危機として明確に示してくれていると言っても良いでしょう。

クジラの問題よりもっと利己的でかつ本能的に礼賛される行為なのに、何故グリーンピースは原子力では大人しいのでしょうか。

最近社民党がおとなし過ぎますね。米軍の問題と今回の米軍の援助というのをどう整合しているのでしょう。民主党も自衛隊の存在に対してどう整合するのでしょう。

何事も一方向から見ただけでその正しさや間違いを語るのは恥ずかしいことだと思います。そして普段自分が発言していることに責任を持つという品性が問われています。

日本のメディアの質の低さを恥ずかしく思います。それを政治から独立していないだけだと言えるのであればむしろ救いなのかも知れませんが。もう少し大人になって欲しい。その事を今世界が見ているような気がします。

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2011/03/29 Tue. 00:00    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示