FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

"闇"と"明かり"とそして"希望"・・・ 東京ディズニーランドに思う 

今日のテーマは「明かり」です。

未だに東京ディズニーランドは閉鎖中です。その横に元々鉄鋼団地という工業団地があって、夜はTDLとは対照的に真っ暗だったのが、今どっちも真っ暗で本当に不気味です。

不夜城と言う言葉がありますが、本当にTDLはそんな世界でした。夜の花火が終わってしばらくすると、舞浜の駅が人で溢れます。特に埼玉の方に行く武蔵野線の列車は舞浜で満杯になります。京葉線がTDLの為に存在すると言っても過言ではないといつも思っていました。今、舞浜駅は”そこに住んでいる人々”の為の駅であること以外その存在意義を失っています。如何にその利用者の落差が大きいか、驚くばかりです。

一日の半分は夜、つまり闇です。でも火を発明して以来、人類は少しづつ闇を駆逐して行きました。近代になって電気が発明されてその勢いは決定的になり、昨今の都市は「24時間」昼のようになっていました。

コンビニなんかを見ていてもその事は感じますが、24時間ではないにしても、TDLのその迫力は相当なものでした。夜の暗さを明かり(灯り)によってより強調しながら、その暗を利用して素敵な別世界を作り出しています。夜の魔術もまた灯りによって生まれる。

今、生活のための電気まで節約しなければならないこの時、この「明かり」を必要とするTDLが開業できないのは、浦安の液状化の被害だけが原因ではないのでしょう。昼間だけの営業もアリかもしれませんが、アトラクションの機械を動かすだけでも相当な電力を使う事でしょう。

文化とか芸術はそもそも「無駄」なものです。そこまで言わなくても、「娯楽」ではお腹は一杯にはなりません。衣食足りて礼節を・・・という意味でも、この震災と原発不安の中でミッキーマウスはないでしょう、ということです。映画なんかも同じかも知れません。

しかし、です。敢えて言いますが「衣食足りて」の境は結構難しいと思うのです。人は何を目標に生きるのか?何を楽しみに前に進んで行くのか・・・ どこかでそういう事と食べ物の話は重なってきます。

桜の季節を迎えようとしていますね。液状化の被害が未だ癒えない浦安の境川でも桜並木が色に染まり始めています。「自粛」も良いでしょう。でも桜花を見てつかの間の希望を持ちたいという人間の本能もまた存在すると思います。

「再生への道」が何を必要としているのか。不気味なTDLの闇の世界を車窓から見ながら、どういう形でこういう「夢の世界」をまた取り戻して行くのが良いのか、考えさせられます。

スポンサーサイト



カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2011/04/04 Mon. 23:54    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示