FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

ドナルド・キーンの帰化に思うこと 

今日から連休。海外に行く友人も何人かいます。例の原発や続く余震のことを考えると、日本の地をしばし離れ枕を高くして寝たくなるという潜在願望(潜在ではない人も大勢いるけど)があると思います。しかし昨夜は久しぶりにゆっくりと長い睡眠をとることができました。日本に居るのに。

ディズニーシーも昨日からオープン。まだ花火はないみたいだけど、駅の活気が全然違います。
新幹線も青森まで開通して、もう一度震災前にリセットですね。
少しずつ前に向いた話題が出るようになって、復興のスタートが切れたような気がします。

ここ数日で一番気になった話題はドナルド・キーンの日本への帰化と永住の話です。年齢のことや、今回の震災が決断の切っ掛けにはなったのかも知れませんが、人生の最後にもっとも好きな世界に身を置きたいという、「心の中の終の棲家」が日本と日本文化と日本人だったことへ少し誇りを感じます。でも同時にある種の落胆に似た気持ちも持ちました。

落胆というのは、今の日本人の中に彼のような日本文化への深い理解と愛情を持っている人がどれだけいるのか、と思ったこと。日本人でないがゆえにその価値が解るのかも知れませんが、戦後の教育による”教養を求める心の破壊”ということを思います。

三島由紀夫が市ヶ谷で割腹自殺したのは、深い教養を持つ”日本文化の内にいる日本人”が、失われていく日本人の理解力と感性に耐えられなかった”強烈なプライド”の実力行使であったとすれば、このドナルド・キーンの帰化は、同種の教養レベルを持つが外国人が、(外国人であるがゆえに行った)まったく逆の穏健な形を取った、同じような強烈なプライドの実力行使であるように思うのです。彼が88歳という年齢まで穏健であり得たこととは、やはり”日本文化の外にいる日本人”であったからかもしれません。

言ってみれば、外国人が持っていてくれていた”日本のタイムカプセル”が今開かれたような、そんな感じでしょうか。

うまく言えませんね。でも日本人がこの震災で失ったものは、外から日本を本当に理解している人から見たら、実は大切なものではなく、昔から日本人が持っていた別のものは寧ろ今からその姿を現すことができるのかも知れない、そんなメッセージのような気もします。

今日の日経の春秋に、彼と中尊寺の桜の話が出ていましたが、良い話ですね。日本人が共通項として持っていたある種の波長を感じます。

彼に刺激され、源氏物語でもしっかりと読みたくなりました。
スポンサーサイト



カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2011/04/30 Sat. 00:23    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示