FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

人造りは幼児教育 

今日は、理事をやっている社会福祉法人「龍美」の新年度最初の理事会に出席して1日が終わりました。

分園や待機児童の施設を入れると全部で5つの保育園を経営しています。

僕のライフワークは、幼児教育~家庭教育での「人の土台」造りと、その後の初等・中等教育での「育人」に力を注ぎ、もっとスケールを持った社員として入社し、会社の発展に主体的に寄与することで社会人として未来に「希望」を持つ人材を増やす仕事です。

社員は社員になったときにはもっと「社会性」を持ってなければいけません。社員に希望を持ってもらうためにはそれは必須です。昔の日本にはもっとそれがあったように正直思います。

更に、その上に今、グローバルというニーズが多いかぶさっています。言うまでもなくそれは国際的な「多様性」への対応能力です。

今、企業の社員向けのこころのサポートをしていますが、明らかに今の我が社の力ではこれらのニーズに応えるのは力不足です。どうしたらよいのか日々考えています。

それに対応するために、”横展開”ができる人材や組織との連携や、それによって作り出せる新しい動きなど、新たな体制構築に邁進しています。

震災の年です。きっと変化させてみせます。

0歳児から学童保育までの現場の中で起こっていることにしっかりと耳と傾けたいと思っているし、次は学校教育や家庭教育の問題に正面から取り組もうと思っています。

人は、産まれた瞬間は「人」ではありません。人になるには、「人」とは何かの理念と、それを可能にする仕組みが教育に携わる全てのものの中に必要です。まずは「龍美」の保育という理念に携わり、その課程で得られるものを次の展開に結びつけようとしているのです。微力ですが決して無力とは思いたくありません。

今現場で起こっていることを考えると、全てが時間との勝負だとおもいます。時間が足りません。
スポンサーサイト



カテゴリ: 社長ブログ

[edit]

Posted on 2011/05/25 Wed. 22:30    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示