FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

英語の授業より「素読」のすすめ 

今日は小学生の英語教育の事を書きたいと思います。


先日から小学校で英語の授業が始まりました。
しかもどうも正確には、言語としての英語自身を教えることではなく、

「英語を使って自分を表現できる能力を身につける」

ようなことであるらしい。

僕はずっと前から”小学校”での英語教育には猛反対でした。
(もちろんそれ以前の初等教育ではもっと反対です)

日本語の助詞や敬語がきちんと使える外国人は尊敬していました。

その分日本人で助詞や敬語を正確に使えない人が如何に多いかを憂慮しています。
助詞が使えない人は間違いなく英語の前置詞が正確には使えません。

しかし、英語という言語を勉強するのでなければ、多少間違った前置詞でも英語を話せばいいのです。
外国人にとっての日本語もそれで一向にかまいません。

あくまで手段なのですから最低限度でも大した問題ではありません。


「日本語」を小さいときからしっかり勉強しないで一体どんなグローバル人材になるのか、というのが僕の意見です。言葉でどんな物事を表現するかという能力は、その言語が何であるかのずっと前から大切なことです。

だから、余計に、英語の勉強を通じて、たぶん”引っ込み思案”な日本人が外人と渡り合うためにもっと自分を出せる練習をして欲しく、それを英語という言語を利用して実現しようとしているのが文科省の考えなんでしょう。


海外に10年以上いて、外資系の社長を10年近くやって来た実感です。

間違いなく大切なものはそういうもののもっと奥にあります。
インド人は英語がうまいから自己主張ができる訳ではないのです。

流暢な英語で浅い内容のコンテンツを、さも格好よくしゃべっていた日本人を沢山知っています。

プロはプロにしか分からないように、その言語で表現する内容の質は、同じ質の内容を理解する人にしか理解されません。
どの言語を使う民族であるかはまったく関係ありません。
もちろんその言語のうまい下手は本質的には関係ありません。
(もちろん理解しやすいかどうかはさすがにあるが)。

それをグローバルのもっている一元性というのだと思います。

しかも、業者に丸投げしている学校がある一方、自分たちで企画して教えている学校もあるようです。

一体、日本人をどこに連れて行こうとしているのでしょうか?

「教える」ということ。

「育てる」ということ。

「人にする」ということ。

そして

「日本人にする」ということ。


政治が、国民が、みんなでもう一度原点返って考えるべきです。


僕は”声に出して美しい日本語を読む”事に賛成です。

素読です。

意味は二の次です。

どうして英語などと言う前に「音としての日本語」に愛情を持たせ、その音の響きを好きにならせないのでしょう。

どうせ、話す内容や意味はその人の成長に比例して解るしかないのですから。
スポンサーサイト

カテゴリ: 社長ブログ

[edit]

Posted on 2011/05/26 Thu. 23:30    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示