FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

たかが捻挫、されど捻挫 

今日は結構くだらない話題です。

先日、約束の場所に急いでいたら足を捻挫してしまいました。地下鉄の階段を上がったとことろで、何かの工事中だったと思います。地図を見ていて足元がおろそかになっていました。

サンフランシスコで建設工事をしていたとき、工事現場脇の道路で転んだ老人から訴えられたことを思い出しました。アメリカでは、とても考えられないような理由で大きな訴訟になることには慣れっこで、僕も何度訴訟を経験したか忘れるくらいです。FBIにまで何度も接触したものです。訴訟という意味の英語とアメリカンインディアンの種族を掛けてアメリカ人のことを「スー族」と呼んでいました。(他意はありません。すみません。)

僕自身は当時会社の代表もしていましたが、4年間で35件の訴訟を指揮していました。成功報酬の弁護士が多く、ネタになる話があれば被害者をせきたてて原告に仕立て上げるので、何でもアリでした。いくらお金があっても足りません。それで弁護士を社員にしました。日本はつくづく健全な国だと思います。

まあ、そんなことも思い出して、これもアメリカだったら原告になれるかなあ、と思っただけです。もちろんそんな怪我でもないし、向こうにそんな過失があったとは思えませんでした。

問題はそのあとです。その時は歩いて行く時間がなくてタクシーを拾ったのですが、お客さんと話した後ほとんど痛みを感じなかったので20分くらい駅まで歩いてしまいました。その後です。腫れて痛み出したのは。

娘の結婚式の数日前であることに気付いたときはもう後の祭り。急遽足くびを冷やしたりしたものの、結局杖をついて歩くのがやっと、という状況に陥ってしまったのです。病院で見てもらったら骨にも異常はないようで、全治2週間、なるべく大人しくして足を使わないこと、ということでした。

式はさすがに写真が一生残ると思い、「杖を持っていない父親」として痩せ我慢して1日過ごしました。その分次の週からは相当痛む足を引きずって仕事をする羽目になってしまいました。足というのは本当に重要な器官であります。仕事に行けないどころかトイレに行くにも普段とは違う工夫が要求されます。大げさになると同情されるし、甘く見ると些細なことで痛みが走ります。しかも治りを早くしようと医者にもらったテーピングをしていたら足が爛れてしまって痒いことしきり。こんどは痒みどめを塗る始末。もう踏んだり蹴ったりです。

動けるというのは「動物」の原点ですね。動けなくなると体のすべてのメカニズムが狂ってしまうという意味がわかります。

障害者の人には誤解されそうですが、杖を持っているのとそうでないのでは電車の中なんかでの皆の反応がまったく違うのに驚きます。また「階段」という“しろもの”は杖があっても相当厳しいということもわかりました。
また杖の長さの調整が難しい。もっとも効果がある長さやつくタイミングなどいまだに工夫に余念がありません。

歳をとると治るのが遅いようで、今日もまだ杖が離せていません。月曜から出張だというのにどうしようか迷っています。

人生どこにどんな落とし穴があるかわからないものですね。
スポンサーサイト

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2011/11/12 Sat. 23:24    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示