FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

怖さを伴った快感・大阪維新の会 

大阪維新の会。その直球過ぎるネーミングゆえ、どこか斜に構えて見ていましたが、結果は圧勝。

選ばれてなった知事を任期途中で降りて、今度は市長に手を挙げてそれに選ばれてみせる。
それを「有り」にする政治という”お祭り”。 

政治が法律の最も遠いところにあることを改めて教えられました。「立法の府」の本来の意味も。

閉塞感→英雄出現期待→パラダイム転換→親しみ易さ→解り易いメッセージ→選ぶ心地よさ→?

独裁者という批判もあるようであるが、選挙で選ばれた訳だから独裁者ではないでしょう。むしろ英雄志向のタレント弁護士に英雄期待をする大阪人のポピュリズムを見るべきでしょう。

東京や中央への反発や地方分権の先鋒になることによって溜飲を下げたい大阪人のエネルギーを集約した手腕に感心します。

民主や自民という既成政党や組織票というものが結局何ももたらしてくれず、市役所職員の高給を維持させながら巨大な赤字を産み続けてきた体制を正当化するだけだった。左翼も右翼も役に立たなくなった。これを”切羽詰まった”と呼んでよいのかどうか分らないけど、時間の問題だったのでしょう。

これが「大阪人」ゆえに起こった現象なのか、日本全土に広がっているかもしれない導火線に火を付ける先鞭になるのか。少しわくわくして見守りたい心境です。

思っていたより早く瓦解が始まり、思っていたより速く組織を拒絶した無党派層が、中央にもそして日本全土でヒロイズム願望を展開するかもしれませんね。「都市は人を自由にする」と自由は最後に地方も都市化するから。

これは欧州で起こっていることと無縁ではないと思います。貧富の差によって生じる国家と個人の二極化の「可視化」が世界規模で起こっています。これが日本の政治を大きく変えることになるのでしょうね。

「自由の怖さ」という名の「怖さ」を伴った快感を覚えるのは私だけでしょうか?





スポンサーサイト

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2011/11/28 Mon. 23:05    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示