大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの社長をしている 大谷光彦のブログです。

11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
 

慌ただしい癒しの旅 

草津温泉に行ってきました。流石に年末らしい人の多さに少々疲れたし、急に行くことにしたので旅館も選べず、その内容にはがっかりしましたが、あの湯質は健在でした。ここの湯は本当に何度入っても拒絶感を催さない控えめな湯で、僕には合っているような気がします。

IMG_0056.jpg

草津のもう一つ好きなところは、その町並みです。昔からの路地が残っていて、雪が降ってきたりするとまたそれがよく似合う。小さな路地が入り組んだ湯治場なので、そろそろスイスのように車の乗り入れを禁止にしてて欲しいと思っています。「人」だけであった世界がやはり似合う街です。

IMG_0053.jpg

また街の中にさりげない形で人々の信仰を表すものが今も生きているところも好きです。”温泉に生活している”感じが板についていて、昔と変わらない自然さがある。そういうところにも魅かれます。

IMG_0044.jpg

しかし人が多かった。公衆浴場には列ができるほどだったし、スキーやスノーボードのついでに温泉に入りにきている若者のグループも多く、年の瀬の慌ただしさの中で落ち着きのない旅行になってしまったことも確かです。

今日は特に風もあり相当寒かった。足早に1年が過ぎ去ったようにこの旅行も慌ただしく終わってしまいました。
来年もまた同じように過ぎて行くのであろうと思いながらの束の間の「癒し」の旅でした。



スポンサーサイト

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2011/12/31 Sat. 00:43    TB: 0    CM: 0

戦い終わって一服 

新たな仕事を引き受けたこともありましたが、この12月は1日を除き全日程外食を敢行。やっと最終日を迎えました。心も身体もしんどい1ヶ月だったような気がします。今日はそれも一区切りの仕事納めの日でした。

昨日は(株)コアの社員と恵比寿で2次会カラオケまで行って午前様。若い社員の歌う多くの知らない歌に隔世の感あり。そして今日は挨拶回りや顧客打合わせの後、日本橋のヒューマニーズ社にて締めの挨拶をして、最後夕方に六本木のマイランド社で納会に参加。首都圏の300人の社員が乾杯。久しぶりの大きな組織での納会でした。

一年の区切りとは言え、太陽はいつもと同じように沈み、翌日また昇る。この単なる「自然の営み」に過ぎない夜のひとつに、年越の意味を持たせ思いを新たにするという「人間の営み」を子供の時から不思議な思いで見ていたものです。「文化」というのはそういう人と社会の生き方を言うのでしょうが、そういう正月の行事もどんどん簡略化されて様変わりしているのも年を追うごとに「文化的」でなくなっているようでとても残念な気がしています。

しばらくブログから遠ざかっている間にユーロ危機や、北朝鮮の金正日の突然(?)の死去など奥の深い問題の根になる重大事件が起こっていますね。

このユーロの話を聞くたびにザイルで互いの体を結んで登山をしているパーティーを連想します。実力や実績が違うのに、身を結び合った方が一人の登山より全員のリスクが平均的に少ないと考えるある”システム”をです。

今はそのザイルのせいでどうにも全員が動けなくなってしまっている。ザイルを切るとみんな落っこってしまうような状態。そんなことを思ってしまいます。

北朝鮮の問題は何故か危機感を感じないですね。かの国の狂気まで継承される気が何故かしない。権力継承者が若すぎて、準備が足りないというか、迫力が不十分というか。周辺の人物を見てもクーデターが起きるようなギラギラ感もない。まあ情報がそもそもないのと、今の日本から想像できるには異質過ぎてリアリティーが感じられないのかもしれない。

本当にいろんなことがあった1年でしたね。「おめでとう」を省いた年賀状を書きました。

明日朝から衝動的に予約した草津温泉に1泊旅行をしてきます。あのあっさりとした硫黄温泉の湯質が好きで、ここのところ箱根から宗旨替えしています。ゆっくりもできないけど少し違う空気に触れるのを楽しみにしています。

今年の雪はどうでしょう?

カテゴリ: 社長ブログ

[edit]

Posted on 2011/12/28 Wed. 23:15    TB: 0    CM: 0

命をネタにした振り込め詐欺 

この週末で10ミリシーベルトくらい浴びてきました。人間ドックの話です。X線やCTでそのくらい十分なるようです。

長期間ブログがとまってしまいましたが、新たに加わった職場への対応と毎夜のコミュニケーションでまったく時間がとれず、伸び伸びなっていた人間ドックにやっと行ってきた次第。

この1カ月、新たな環境に慣れないせいでしょうか、本当に疲労困憊で、この2日間は本当に良い静養になりました。携帯電話も使えないし、メールも見ることができないのですから。

3年前まで勤めていた外資系の会社では、社長がシリアスな病気になっていないかという報告義務がありました。そのため毎年結構徹底的な体の調査をしていました。

しかし独立してからは、そういう義務感もなくなって面倒なので行かなくなっていました。そもそも人間ドックの生存率に与える影響は必ずしも明確ではないと聞いていたこと、それとやはり内視鏡だのなんだので食事制限もあるし、苦痛がないわけではない。

今回は多忙を理由にしばらく行っていなかったのですが、そんな理由もあったように思います。

友人の医者に言わせれば、人間ドックは”命をネタにした振り込め詐欺”のようなものだとのこと。確かに内容によっては高額だし、クリニックの新たな収入源として利用者の獲得競争も激しいようです。どれほど効果があるのかわからないし、かえって不安を助長するという見解もある。それにしては高額であると。蓋し名言です。

しかし今回気付きました。数値が悪いのは相変わらずで、意志力の弱さを毎回明らかにしてくれますが、効用もあるのです。結構外部の環境から自分を遮断してくれて一種の休養になるし、体の中をじっくり見るのは哲学的ですらあると。

最終的な結果は結構先になるのでなんとも言えませんが、久しぶりのリラックスが人間ドックだったことに驚いている週末でした。

年末まであと少し。生活習慣病の改善意志は弱いのですが、なんとか最後まで倒れずに酒を飲み続けたいものです。



カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2011/12/18 Sun. 23:08    TB: 0    CM: 0

前橋と幸せ家族 

2011年も師走。今年もあっという間ですね。

金曜日に前橋に行ってきました。新幹線の通っている高崎には幾度も行ったものだけど前橋には今まで用がなく、今回が初めてでした。東京もそうだったけど、一気に冬になったような冷たい一日でした。

目的は、提携している識学研究所の講師が「幸せな家族の作り方」という講座を「前橋プラザ元気21」という市の施設で行うのでそれをチェックすることでした。子供の「不登校」などに悩む親御さんを対象とする講座です。

子供の問題は家庭の問題。家庭の問題は両親のあり方が原因。結局は親としての人の生き方がテーマとなる。自分を変れば家庭の問題も簡単に解決します。
20111202-1.jpg
20111202-2.jpg
20111202-3.jpg

講座が終わったあとも何人か帰らずに講師に相談をしていました。どの家族にもそれぞれ違った問題があるのでしょう。



結局は家庭の問題も企業の問題もその人の考え方に原因があります。
いつも「こころの悩み」を扱っていますが、人が幸せになるためにはその人の過ごす時間全てに関わる問題を見なければなりません。人生の半分以上は会社以外の時間です。そして子供時代の「時」はその人のその後人生にとってとても大切です。

これからヒューマニーズ社はそういう側面にも対象を広げ、もっと人が形成される時期の親との関係性に派生する問題にも切り込んで行こうと思っています。家族の一員としての「人」の問題です。

講座はまずまずの反響でした。でも時間が不十分だったこともあるとは思いますが、まだポイントを絞り込まなければならないですね。また内容を一緒になって造り込みます。企業の問題と違ってまた新たなチャレンジです。

両毛線で前橋駅に着いたとき丁度昼食時でした。駅前で食事をしようと思って探したけどこれがまったく無い。やっとあったのはラーメン屋が一軒。多分前橋が県庁所在地だと思うけど、とても駅前とは思えない。きっと駅には人が集まらないのでしょう。でもそのラーメン、結構美味しかった。
20111202.jpg

カテゴリ: 社長ブログ

[edit]

Posted on 2011/12/03 Sat. 23:59    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示