FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02
 

C世代と多様性 

今年に入って日経で「C世代駆ける」という特集をやっていますね。コンピューターとかチェンジなどいくつかの今の若者を取り巻く環境を特徴付ける英語の頭文字がCであることから付けられた名称のようです。

このC世代の特集を読んでいると、ネガティブな側面ばかり強調されてきた若者の中に”逆に従来の日本人とはまったく異なった基盤を持つがゆえに”現れることが可能になった(つまりマイナスゆえに生じ得た)未来の新しい日本人というニュアンスがこのC世代という言葉に込められていると感じられてきます。

人材紹介会社の㈱コア(http://www.core-jp.com)が今年2年目に入ります。ある転職サイトで利用者の評価でトップ10入りするなど、お陰様で順調な滑り出しになっていますが、2年目はまた新たなチャレンジをしなければならないと思っています。

コア社は、「今までにないキャリアへのアプローチ」をテーマにしている会社ですが、この日経の記事に示唆されることが多くあります。

例えば「グローバル人材」という今誰もが求めている人材の意味を私は「多様性に対応できる人材」と解釈しています。海外でも通用する人材という意味で使われますが、多くの国で通用するということはその国の文化や人の考え方に対応できる人材ということになります。これは日本の国内においても同じことです。社員にもそのように言い、そういう人材が求められていることを求職者のみなさんに伝えるように良く言っていますが、「対応できる」というのはやはり「自分の中に多様性を持つ」ことから始まります。

多様性は柔軟性と言っても良いかもしれません。けっして多くのspecialityや経験を持っていることを意味するわけではありません。もちろんそういうものがプラスになるということは事実だと思いますが、そもそも柔軟性の量に比例して多様なスキルであったり世界が広がり身について行くのではないかと思っています。

㈱コアでは今「キャリア塾」のようなものを準備しています。キャリアコンサルティングからライフコンサルティングへの一歩なのかも知れませんが”具体的なニーズ”にも応えられる機能を少しずつ増やしていこうと言うものです。

このC世代の記事に勇気付けられました。今のカオスな世の中ゆえに”むしろ様になる”考え方があるのでしょう。私の年代の人間とは大きく違うというパラダイム変換は、彼らの中にすでにあるものに気付くことなのかもしれませんね。彼らの多くは既に「多様なもの」を持っている人たちなのかも知れません。でもそれに気付き、それを意識的に強化し、そしてそれを自分に資するものにしていく意思とビジョンを明確にしなければなりません。

多くの頼もしい若い人たちが私たちの想像以上に増えていっているような気がします。
それをお手伝いする会社になりたいと思います。

この塾のコンテンツは、コア社の基盤になっているものの考え方の上に自然に積み上がって行くものを一つ一つ拾っていくことから始めようと思っています。コアという「ハブ」の上に拡がっていく扇のようなイメージです。
私も、そして会社も新しいことにチャレンジです。

今年もよろしくお願い致します。

スポンサーサイト



カテゴリ: 社長ブログ

[edit]

Posted on 2012/01/04 Wed. 16:01    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示