FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

結婚35周年に思う 

今週の6日は僕の35年目の結婚記念日です。いつも素通りしてしまうのですが、昨日行きつけのレストランに行ったら花束をもらってしまいました。「季布や」の皆さん本当にありがとう。今年はアメリカの大統領選挙の日と重なっていますね。慌ただしい日になりそうです。

IMG_0886.jpg

まあ還暦を迎えた後の最初の結婚記念日ということと、35年というのはそれなりの区切りかとも思え、祝ってもらって素直にうれしかったです。“遥々と来つるものかな”、そんな心境です。

昨年は娘の結婚、今年は息子の結婚と自分の還暦と35年目の結婚記念日か・・・ まあいろんな区切りのイベントが続いています。結婚は銀婚式が25年目ですよね。10年前というのは事業の真っただ中(今もそうだけど・・)でまったく気持に余裕がなかったことを思い出します。とにかくまだまだ坂の“途中”も良いところで、それどころではなかった。金婚式というのは50周年というからこんどは別の意味で難易度が高い。

そういう意味では35年と言うのは普通は一定の峠を越えて迎える記念日であることの方が多いのかもしれません。
確かに高校や大学の同級生の多くはサラリーマン。戦いモードからスローモードにギアチェンジしている友人が多い。
また明日から激烈(?)な一週間が始まるのかと思うと正直疲れを感じる自分がいますが、少なくともまだ休めとは言われていない組織があることは幸せだとも思います。本当は激烈な日々と休息の日々が半々だと良いなと思います。そんな風に思う分だけ流石に歳を取ったのでしょうか。

最近思うのは、社会的な自分と非社会的な自分の“分離”です。とくにマイランドの社長になってからそう思うようになりました。理由はうまく説明できませんが、それ以外の会社(ヒューマニーズやコア)は自分の考えていたことが何らかの形でビジネスコンテンツに直接関係しているのに、マイランドはそうではなく、社長という機能(そのビジネスコンテンツが何であれ)を期待され、それを果たすことそのものがミッションになっていると言うか・・・そんなところが違うのかもしれません。

それぞれ面白さと苦労があります。どっちが良いと言う事でもありません。でも自分の考えがそれ自体コンテンツになることって、例えばコンサルタントとかラーメン屋さんとか、そういう職業にありがちな気がしますが、場合によってはビジネスというよりそれを遂行していること自体が結果よりも重要になってしまってそれで満足している、あるいはそれでなければ満足できないと言うか、そういう要素があるのではないかと思うわけです。

感覚的には“自分だけの自分“と社会的存在の自分”がいるって言うような言い方があるのかも知れない、そしてその両方は常に一緒に生きて行っていて、“分離不能”なのではないかと。

これは昔から持っていた感覚だけど、こんな風にはっきり感じてそう行動しているような感じは最近のことであるような気がします。

子供の結婚とか友人の定年とか、はたまた結婚35年とか・・・ そう言った「社会的な営み」の区切りと関係しているのかも知れません。

そう言えば、今直接オペレーションをしていませんが、僕が会長になっているキャリアコンサルの会社「㈱コア」が11月1日に創業丸2年を迎えました。これももうひとつの僕にとっての区切りです。お陰様で支えてくださる企業とキャンディデートに恵まれ順調な滑り出しをしています。社員も少し増え、より「社会的な会社」になりつつあります。でも創業メンバーと一緒に大切に抱えてきた“想い”はそれぞれの「非社会的な自己」と密接に関連していると思います。これからどうなるのか少し楽しみです。
スポンサーサイト



カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2012/11/04 Sun. 19:07    TB: 0    CM: 2

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示