FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
 

「一陽来福」と「人間ドック」と「クリスマスイブ」 

一昨日は冬至でしたね。ついこの前まで夏だったような気がするのに光陰矢の如し。冬至は“逆境”を転じる縁起の良い日のようですね。「一陽来福」と結びついていたり北欧の「聖ルチア祭」などもこの時期ですね。家内も先日友人に誘われて早稲田にある「穴八幡神社」にお札をもらいに行ってきたようです。すごい人で大変だったとか。

夜中の零時に室内の南向きの壁ににそれを張らなければいけないそうで、いつもながらその儀式性に驚いています。僕は生れてすぐ洗礼を受けたカトリックなのでこういう習慣にはまったく疎いのですが、家内は京都出身のせいか、生活の中に浸透しています。親や回りがそうだったようで、宗教ではなくすでに「文化」として定着している感があります。

宗教と文化は大本では一緒でしょうが、歴史を経て残ったものは習慣となり“生きるスタイル”に変わっていくものも多く、そうなったものはすでに宗教と呼ぶようなものではないのでしょう。”社会で容認され定着した生き方のスタイル”というものには大切な何かが隠されているように思います。

ところでこの冬至の日、私は人間ドックを受けていました。人間ドックというものが嫌いな人は多いのですが、私はどちらかと言えば好きかもしれない。あまり健全な習慣ではないとわかっていながらどこかホッとするところがあるのです。

たぶん“日常から合法的に”離れられて「休息」が取れる、というイメージがあるのだと思います。携帯はつながらないし、早期発見ができるのは会社の為になる、という妙なexcuseと結びついているという心理があると思います。少なくとも激務から解放される時間がある。

でも、物理的にあの胃カメラとか腸カメラには苦痛が伴います。でもこれも最近は鎮静剤の発達のお陰で苦痛はなくなってきています。異常心理とも言えますが、むしろあの浮遊感には一種麻薬のような快感すら感じます。そういう意味では昔の方が今よりはるかに抵抗があったように記憶しています。年齢と比較して語られる人間ドックの費用対効果もあるのかもしれませんが、技術の進歩もあるのでしょう。

しかし、今回つくづく思ったのは、「産業」として発達して定着した人間ドックビジネスのことです。私が毎年行くドックには徹底的に合理化されたホスピタリティーと言うか、マニュアル化の徹底による高度なサービス感覚が
随所に見られます。しかも毎年エスカレートしている。良く言えばクレームが起きない徹底さ。悪く言えば少々“やり過ぎ”で恥ずかしくなるようなベタツキ感。検査などはほとんど幼児をあやすような粘着質なほど優しい指示に満ちていて、そのくせ言葉はエレベーターガール(今はもういないか?)のような疲れない発声方法に則った定型言葉。

高齢者と資産と健康志向と保険診療が効かない故の客商売が結びついたサービス産業です。今後は遺伝子解析なども含んだテーラーメイド医療の方向に行くのでしょう。

アメリカに居たとき「人間ドック」の話をして随分珍しがられた思い出があります。日本人は健康志向が強いのか、検査コストが安いのかわかりませんが、世界に突出した現象のようです。しかし最近は特にアジアの富裕層を当て込んだビジネスにもなっているとかで、日本人特有のものでもないのかもしれない。ひょっとして東洋人が好きなんだろうか・・

それと、問題になっているもののひとつに「被曝」があります。僕も一応気になる部分です。特に最近定着してきたPET-CTと言うのは大きな被曝量がありそう。CTやX線検査と併せると結構バカにならない量を浴びていると知人の医者も言っていた。調べてみると自然界での被曝量が大体2.4mSvだとか。飛行機に乗っても長い路線で0.2くらいらしい。それに比べるとはっきりした事は分からないけどフルコースのドックでは20くらい(いやもっとか?)にはなっていそうです。それの害も無視できないとは思います。これも年齢とか生殖適齢期なのかなどと関係する話だと思うので、僕くらいの年齢では実際あまり関係ないのかもしれない。

とにかく2日間のドックが今年も終了。いつものような解放感と違和感と少しの不快感を伴った時間でした。まだ結果は届いていませんが、冬至の日の人間ドック。“一陽来福”となるか???

そう言えば今日はクリスマスイブ。もう少ししたら教会に行かなければならない時間です。1年に何回も行かない教会だけどクリスマスの雰囲気は良いですね。これも一陽来福や聖ルチアと同根の「文化」かもしれない。
スポンサーサイト



カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2012/12/24 Mon. 16:42    TB: 0    CM: 1

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示