大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの社長をしている 大谷光彦のブログです。

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

忙中“編曲”あり 

本当に久しぶりに何のイベントもない週末が2日続いています。外は寒いのかもしれないけど、南向きの書斎の窓からは暖かい陽の光が注いでいて静かで穏やかな午後になっています。

休んでいる工場が多いのか、ゆるんだ空気なのに透明度が高く、遠く三浦半島まで見えるようです。

急に聴きたくなったベートーベンのピアノソナタのCDをかけています。ヴィルヘルム・バックハウスの1951年の録音。古い録音ならではの温かい感じが今日にあっているかも。

問題はこの部屋の乱雑さ。キーボードの上までメモの紙切れが散らかっていて、読みかけの本やCDが無秩序に転がっています。昔から”整理整頓”が苦手で、余程切羽つまらなければ片付けることをしないので、その性癖がこの“たおやかな”午後の価値を減じているように思います。

今日は時間があるので何度も挑戦して壁を破れないサックスのアドリブ練習をしようと意気込んだのですが、この緩んだ空気のせいか、あるいは緊張感のない気分のせいか、放りだしてしまってPCに向かってこれを綴っているところです。

ジャズのアドリブは無数の基本パターンを指に覚えさせ、そのどのパターンも12音階全てで出来るようにならなければいけません。と言うか、それが出来なければ必ず成長が止まって、そこで一生を終えるという感じです。
しかもどういう風にメロディーを作るかはその時瞬間に浮かんでくるものに忠実であるべきで、それを習得した無数のパターンを組み合わせて音にする・・・ 結局こういう訓練は若いうちに徹底的に体に覚えさせる以外になく、もう僕の場合絶望的に遅すぎる修行を今しているような不毛感にとらわれます。いつもあるところから先に行けない。体が(と言うより脳が)ついて行かない。悔しい限りです。

今の若い人には随分アドリブの上手い人が多くて、きっとそんな練習を頭が柔らかいうちからしているんだろうなと、失った時の価値を恨めしく思っています。昔は何でもそうかもしれないけど、先生について習ったり、教則本を見て真面目に基礎練習なんかする雰囲気はなかった。適当に見よう見まねでやってしまってそのまま技があるところで固まって、そのまま一生を終える。プロではないのでそれでも良いんだけど、後になってそこそこ演奏するようになると、その超えられない壁が悔しく思われるようになる。残念でもあるけど、何度人生やっても同じことを繰り返しそうな気もします。仕方のないことなんでしょう。

「悲愴」の第2楽章になった。ベートーベンにはこういう素晴らしく心をえぐるメロディーラインが突然飛び出す傾向がありますね。この前第九をゴスペル風に編曲(下にMIDIファイルで掲載)しましたが、この悲愴を聴いていると3拍子のジャズ風にしてみたい衝動が沸いてきました。確かに名曲だ。ハ短調というのも良いですね。以前編曲した「運命」と一緒。アルトサックスだとちょうど#もbもないA Minorになる。そう思いながら興味はそっちに向かい始めています。でもメンバーが評価してくれるとは限らない。まあ。アマチュアだから別に構わないか・・・独善的でも済まされるようになるのも歳の功??

日が長くなりました。この前までもうこの時間は外が暗くなってきて、“明日からまた仕事”モードだったのに、まだ明るいと依然「今日」に留まっていられるような気がします。

(ところで友人から編曲作品を聴きたいというリクエストがありました。初めての試みなので音が聴けるどうかわかりませんが先日完成した編曲作品、以下掲載してみます。どちらかで聴けるでしょうか?たぶんこれは作曲の著作権は関係ないと思うので。)

ベートーベン第九(ゴスペル風)

ベートーベン第九(ゴスペル風)

<ベートーベン第九(ゴスペル風)>
(これは楽譜をなぞってPC音源で出しているものです。実際にはこの楽譜を生のサックス5本で演奏するのでもっとちゃんとした音になります。)
スポンサーサイト

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2013/02/24 Sun. 17:37    TB: 0    CM: 0

忙中 "American Pop Art" あり 

今週もいろいろありましたが、とても嬉しいことがありました。

友人のキミコ・パワーズさんのコレクション、American Pop Artの展覧会がいよいよ実現することになり、今週火曜日に日比谷の外国人特派員協会で記者会見を行いました。

IMG_1324 - コピー IMG_1316 - コピー

彼女は僕がアメリカに居た時に知り合い、もうかれこれ20年以上のお付き合いになりますが、アンディ・ウォーホールやジャスパー・ジョーンズなどのいわゆるアメリカンポップアートの世界トップクラスのコレクションを持っています。しかし日本での展覧会をしたことがなく、ぼくはその素晴らしさに感動し、この10年間、日本での展覧会開催をするよう説得していました。これを公開しないのは一種の「罪」です、と。それをやっと承諾してくれて、今回の実施につなげることができました。美術館や多くの企業の協力を得て実現できることですが、発起人(?)および本人と親しい関係者のひとりとして本当に嬉しく思っています。

展覧会は今年の8月7日から10月21日まで、六本木の国立新美術館で開催されることになりました。主催者の中にTBSが入っていて、8月にはこの関連番組が放映されるそうです。“サライ”の2月号や“日経おとなのOFF”1月にも紹介されています。

IMG_1329 - コピー IMG_1330 - コピー

このパンフレットになっているアンディのポートレートはキミコさんご自身です。存命なジャスパー・ジョーンズやクリストなどとは今でも交流があります。

僕もこんなことが実現するとは本当のところ思っていませんでした。コレクターには2種類いて、そのコレクションを人に見てもらいたいと思いそれを動機として集める人と、単にそれらの作品が好きで手元に置きたいと思っていたり、画家がまだ無名であればそれによって彼らをサポートして才能を開花させて欲しいと願うことが動機になっている人。彼女とご主人であるJohn Powersさんは後者の方でした。だからこのような展覧会を開催するのは大変でした。ましてや日本での開催は初めてのことです。

彼女は1960年代の“黄金期”のアメリカのニューヨークに住んでいました。そこでまだ無名の今では巨匠と言われる多くのアーティストと交流がありました。話を聞いているだけで、当時の溢れるような活力を持っていたアメリカという国、そこに住んでいた人、そして多くの芸術家の日常が闊歩する思いがします。

また今僕は、別の友人を巻き込んで、この展覧会に合わせてその世界を本にしようというプロジェクトを進めています。出版が展覧会に間に合えばさらに素敵なイベントになると考えています。

僕の仕事とは何の関係もないこれらのことですが、人の縁というのは本当に面白い。このイベントも相当大変なことになってきましたが、仕事のストレスを発散する別世界になっているのか、わくわくする気持ちで何とか時間を見つけてひとり興奮しています。

今年は一段と楽しい年になりそうです。是非みなさん、展覧会に足を運んでください。そして感想を聞かせてください。よろしくお願いします。

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2013/02/23 Sat. 17:52    TB: 0    CM: 0

アンパンマンのマーチと八重の桜 

極寒の毎日で春も何もありませんが、サクソンファイブに、地元商店街の4月6日開催の「桜祭り」への出演依頼がきました。

屋外での演奏だし、客層が小さい子供のいる若い家族連れ、という如何にも我々に不得意なターゲットで困ったと思っていますが、主催者いわく、絶対受けるのが“アンパンマン”のテーマだというので、さっそくYouTubeで聴いてみました。

アンパンマンの人気は知っていましたが、今までアンパンマンの曲というのをちゃんと聴く機会はありませんでした。作詞のやなせたかし氏は90歳を超えておられてまだお元気というのは知っていましたが。

まあ、ともかくいつもやっているJazz系の曲では如何にも場違いと思い、このアンパンマンのマーチと言うのを急いでサックスクインテット用に編曲しました。作曲はあの三木たかし。これはちゃんと聴くとなかなか名曲です。曲も良いのですがあの歌詞がなかなかのもので、良く見ると完全な哲学的内容であることを知りました。歌詞は3番まであるようです。3番はサビに戻るので正確には2番と半分なのかもしれない。

言葉は易しい(また優しい?)けど内容は結構深い。“生きる”ことを肯定し、人の為に何かをすることが嬉しくて生きるエネルギーになっているという考え。愛とか勇気とか夢とか熱い心とかを正面から歌っている。

リフレーンになっているフレーズは:
 “嗚呼アンパンマン、優しい君は、 行け、皆の夢守るため”

どのくらいの歳の子供が聴いている曲か正確にはしらないが、小学校としてもこの内容は少々難しいような気もします。でもストレートで、元気のなくなった日本人はもう長くこういう言葉を正面から照れなく言えなくなってしまっているのではないかと思うような内容です。人気がある理由の底辺にあるものが何かということを考えさせられました。

話は飛ぶけど、このことで連想したのは、今NHKでやっている「八重の桜」です。

会津というは“悲劇の藩”と言う捉え方をしていたけど、それは多分に幕藩体制が終わろうとして時代が変わっているのに愚直に“大切だと決めたこと”を守り通した不器用な藩というネガティブな価値感があったからだと思うのです。

そうではなく、たぶん“人間の幸せ”って器用で合理的なものからは生まれてこない、というメッセージであり、最後には其れが一番強い、と言うような価値感が見直されているのではないかと思っています。

山本八重の言う「ならぬことはならぬ」と言うのは実は“洗脳された価値感”という見方ではなく、人間の根源的な能力とか脳のメカニズムを考えると、駄目なことは駄目という考え方の方がはるかに“深く”物事を理解できるメッセージなんだと思います。


柔道などのスポーツ界や学校での体罰の問題なんかも実はここにヒントがあるような気がしています。

このことはまた改めて少し書きたいと思っていますが、アンパンマンのマーチが子供たちに伝えたいメッセージや、会津藩の時代への処し方、今だからこそ必要な何か大切なものを含んでいると思います。

アンパンマンの歌詞で言っていることは小さい時から「当たり前」の価値感として大人たちが迷わず教えなければならないこと。皆歌ってくれると思って3番までの演奏にしました。

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2013/02/17 Sun. 23:20    TB: 0    CM: 0

死の意味 

この連休前の金曜日に久しぶりの友達(と言うのは少し失礼かもしれない先輩ですが)と飲みました。丸の内のブリックスクエアーのレストラン。結構おいしかったのでまた行こうと思っています。

そこで考えたことですが、今日は「人の死」について書こうと思います。

「死」と言う文字は多くの“元気”な人にとってあまり見たくない文字だと思います。僕もそうです。

この友人の奥さんが亡くなっていたんです。僕は知りませんでした。

そういう事をすぐ知らせる人が多い中、傷が深いとすぐ知らせれないこともあると言うことからの“気付き”です。今日はそういう事を少し書きたいと思います。

以前にも少し書きました。これは南直哉の至言から啓発された世界観ですが、人の死には3つの種類があると。

自分の死は所詮自分が生きている間に頭で考えること。だから死んでしまった自分はもう其れを考えることをしないし、出来ない。だからそれは「どうでも良い死」。

他人の死は新聞が毎日報道することだし、自分の何物にも影響を与えない死。例えばそれが有名人であったとしても、自分が会ったこともないのに良く知っている人の死のように感じているだけ。敢えて言えば単なる他人の不幸を味わっている快感かも知れない。これも、要するに「どうでも良い死」。

問題は自分の心の中で大きな位置を占めている“知っている人”の死です。

死と言うのは避けようもな生物的かつ物理的現象ですが、自分というものを省みなければならないリアルな世界の中では、“ある人”の死は“自分の死”以上に“自分の死”なのです。

そう、「ロス」という言葉で表すしかない「喪失感」です。宗教や心理学が存在するのはこの「ロス」あるいは「ロスト」という世界があるからです。

例えば自分の子供の死、親の死、そして“伴侶の死”。とりわけ人生の長い時間に起こった事を共有した伴侶の死。これは結構リアルな死だと思うし、本当の死とはそういう形でしか自分の人生の中に存在しないのです。

この先輩の中に彼女は生きていて、それ以外に彼女が生きているということはあり得ない。死が無機質であると同時に後に残された者にとっては自分が自分の死を遂げるまでそれが最もリアルな死なのです。皮肉なことに!

そういう人の死は他人が語ってはいけない死なんでしょう。その人にとってだけ存在する固有の死。“世界に一つだけ”の死。そして“残された人にだけ意味のある死”

そんな事を語りながら帰ってきたら、かみさんが泣いていました。

話を聞くと、中学時代からの親友の娘さんが突然死で目の前から居なくなってしまったという。それを1年以上伝えなかったその親友の話を長い時間かけて聞いていたからと。

偶然でしょうが僕の友人の伴侶の死と“僕の伴侶”の親友の子供の死。

限りなく違う死なのに限りなく近い“リアルな死”。

少し考え、もっと考え、考えることに健全に疲れ、死を考える不遜を考える。
今日はそんな夜でした。

お休みなさい。明日の朝きっといつものように目覚めますように。



カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2013/02/10 Sun. 23:32    TB: 0    CM: 1

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。