FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

Watertown 

ボストンのテロ事件を見ていたら“Watertown"という名前が出ていました。逃走中の犯人が逃げた町ということで。

実はこのウォータータウンという町は昔仕事で結構何度も行ったことのある町なので、昔のことを思い出して反応してしまいました。そこに本社のあるLandscape専門の設計事務所との打ち合わせの為です。

まだバブルが弾ける前で日本の複数のリゾート計画を担当して海外の設計事務所などの窓口をしていた時の事でした。こんなのアリですか? っていう様なスケールのリゾート計画がいくつもありました。「夢」がリアリティーを持っていた時代です。もちろんそれがリアルな世界ではないことをすぐ知ることになる訳ですが・・

ボストンの真ん中を東西に横断する河、レガッタで有名なチャールズリバーを川上である西方に遡ると、自然に辿りつく町で、本当に昔のNew Englandの風情を残した美しい町です。トロリーバスが走り、高い建物が目に入らなかった町でした。古い倉庫を改装した天上の高い広々とした贅沢な事務所で、とてつもない大きな窓から目の前のチャールズリバーを遡上する鮭を見ることができました。結構高い緯度にあるボストンは紅葉が早い。当時、10月の終わり頃のこと、学生時代に何度か訪れた場所で昔北海道にあって今は廃線になっている「天北線」から見る美しくも短い秋を思いだしたものです。

あれは1980年代後半だったと思うので、もうかれこれ20数年前のことになります。きっと大きく変わってしまっているのかも知れません。変わったのは町だけではなく、きっと人も変わってしまったんだと思います。アメリカも変わってしまった気がします・・・

Charles River
(チャールズリバーの向こうに見えるハーバード大学:マサチューセッツ州観光局のサイトから)
スポンサーサイト



カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2013/04/19 Fri. 23:41    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示