大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの社長をしている 大谷光彦のブログです。

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

「あまちゃん」と「半沢直樹」に見る〝言語の劇画化” 

NHKの「あまちゃん」が終わりましたね。ときどき見ていましたが、これは革新的な朝ドラであったように思います。セリフで取り上げる言葉や発想が従来のNHK的世界を大きく変え、ストーリーの展開もよく練られていて毎回その意外さに驚くことしきり。

宮藤官九郎の才能が大きい。彼のような才能はとても新しい才能だと思う。
大友良英の音楽も最高だった。ふたりに同じ匂いを持った人間を感じる。

例えば最近のお笑い芸人を見ていると、その頭の回転の速さに感心することが多い。僕はそれが今や若い人のコミュニケーションの中心となったインターネットなどのツールの持つレスポンスの速さとか、曖昧で微妙な言語を駆使して絶妙な距離感をとる意思疎通の新文化などと関係しているように思えていましたが、この「あまちゃん」のセリフやストーリー展開の中にもそれを感じさせるものがありました。

またこれは「劇画的」表現を駆使している。スピードが速い。多くの登場人物が出てくるけど深く掘り下げる手法ではなく漫画のようにページめくりのスピードを敢えて上げて、そのめくった後に残る行間(コマ間と言うべきか)をうまく使っている。

僕は向田邦子のシナリオが好きで、橋田壽賀子のそれが好きになれないタイプです。その説明は長くなるので止めますが、向田邦子がセリフの間とか沈黙の表情などで感情の複雑さや言葉にできない深さを表現するのが上手かったように、宮藤官九郎のセリフの切れ味にも、その反対の手法を使ったが故に表現できている表現力の豊かさを感じる。

また登場人物の多さや東北・震災・AKB文化・田舎と都会のそれぞれの価値・出世の意味・自分と絆・・・などの盛りだくさんのテーマにも拘わらず消化不良になっていないことにも感心。

音楽も良かった。非常にオーガニックな金管楽器を使った2拍子のシンプルな快活さ。ドラマの内容と本当に合っていた。

それと主役の能年玲奈の少年ぽさとか二面性のなさ。それゆえの動物的とも言える純粋さを出せる眼の輝き。彼女はたぶん多弁ではなく、普段もあんな風にこなれた自己主張なんかはしないんだろうな。いつまでそうかは知らないけど・・


あまりの人気に最終回だけ見た「半沢直樹」も劇画的だったけど、こっちはむしろ大げさで単純化した劇画ストーリーで、エンターテイメントに徹したシンプルな表現力で成功していた。権力とか大企業と個人とか、怒りの感情が一番人の共感を生むとか、そういうわかりやすさに徹していた。でも大きく言えば「あまちゃん」と共通点も感じた。

うまく言えないけど、ドラマにインターネットとかコミックの影響が大きく反映するようになり、〝言語の劇画化”とでも言うような現象が起きているように思います。そう言えばLineのスタンプなんか典型的な絵文字であり絵言語ですよね。
スポンサーサイト

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2013/09/29 Sun. 15:54    TB: 0    CM: 0

祝カープCS進出 ~敗北感が作る美酒~ 

苦節15年。

「確率」という考えで言えばさすがにそろそろと言う事でしょうが、身内にとってはそう言う景色にはなりません。期待を裏切ってあっさり早く決めてくれました。

そう、カープの16年ぶりのAクラスと初のCS進出です。

わたくし事ではありますが、娘と息子が生まれた年にいずれもカープが優勝しています。今年はまた新たな命が加わったので優勝するかもしれません。

91年から優勝していないんだからその年に生まれた子が22歳になってしまっている訳です。97年からはAクラスにもなっていない。これはもうひとつの歴史的な時間としての価値ですね。

継続してきた敗北感と言うものが、少しの勝利の価値を最大化すると言う意味で、この悠久の時間は広島人の結束力を最大に高める効果をもたらしていると思います。美酒はそうして生まれるもの。自虐的な集団の群集心理とも言えますね。

今から撮り置きしたビデオを見ることにします。明日が休みだったら嬉しいのに・・・
恥ずかしい話ですが、優勝しなくてもこれだけでもう幸せです。

応援して下さった多くの友人の皆さまに心より感謝申し上げます。

坊や

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2013/09/25 Wed. 23:03    TB: 0    CM: 0

2つの育児日記 

少し感動することがありました。

昨日、2週間ぶりに娘の家に行って発見(?)したものなのですが、2冊の「育児日記」のことです。

一冊(右の方)はもう30年以上も昔に僕の奥さんがこの娘が生まれたときに書き始めた分厚い大判の日記(これ以外にも2年間以上書いた記録があるらしい)。左の方のもう一冊は僕の奥さんがその娘に、またその娘(つまり僕にとっての孫)が生まれた日(つい1か月前)に病院で贈った真新しい日記で、僕のその娘が自分の娘(僕にとっての孫)のためにまさに新たに書き始めた日記。つまり新米の母親のフレッシュな日記。

育児日記  夏希

偶然だけど娘の誕生日と孫の誕生日は1週間しか違わないので、30年以上経っていてもほとんど同じように産まれてからの毎日をその実際のカレンダーに合わせて比較ができます。僕は恥ずかしながらこの右の古い方の日記の中身を見たことは一度もありませんでした。僕が始めて子供を授かったときの「僕の時」も書きとめられている日記と言ってもいいかもしれません。いわば30年前のタイムカプセルです。

自分が生まれて何日目に何をしていたかが書いてある昔の育児日記を見ながら、今度は自分の娘がその日に何をしたかを今書いているといると言うことが僕をとても不思議な気持ちにさせたのです。とても感動的で、今回孫ができて始め感動したような、そんな気持ちでした。

右の方には細かくその日に赤ん坊がしたことを絵を交えて書かれています。そしてそのとき赤ん坊でしかなくて、一切記憶のないその子自身が今新たに母親としてそれを読み、自分が生んだ新しい命が歩み始めた「時」の記録をまさに書き始めている。

赤ん坊の自分と母親の自分が同一人物であることで、自分の母親を今新しい形で理解し始めていると言っても良いかも知れません。

感動したというのは、生まれた日が近いという偶然もあるけど、自分を育てた自分の母親の30年前の愛情を、あたかも〝同じ日”に〝同じ立場”で感じることができるということ。自分が初めて母親になり、30年前に初めて母親になった若き日の自分の母親の心をまるでタイムスリップしたようにリアルに感じることができているということ。凄いことだと思いませんか?なんかそう言うことを思って妙に感動してしまいました。うまく整理できないのですが、そんな感じです。

僕の奥さんは日記魔というか、とにかく毎日家計簿とか簡単な日記を書いているような人で、今まで家庭生活上、その各種「負」の部分(笑)に目が行っていたけど、正直そういう習慣の価値とか効用を初めて発見したイベントでもありました。

新しい命がこの世に生まれた最初の時間、そして母親の存在が圧倒的にその子が生きるために不可欠な少なくとも1年とか2年の時間。そして初めての子であればその子を育てることで母親として(いや人間として)初めて成長していく過程。そして2度と巡ってはこない大切な時間。もちろん育児の大変さとか、放棄したいような気持もあるかもしれないけど、そのことも長い時を経て繰り返しているという大河のような命の繋がり・・・

人類は母系の連鎖だと言う意味が良くわかりました。それはゲノム的世界を(卵子の遺伝子の役割と精子の遺伝子の役割は50%ずつの役割ではなく微妙に異なるという生物学的知識以上に)情愛のような感覚で再認識させてくれるという別の話にもつながって行きます。

この30年で如何に大人とか社会が幼稚化したかという感じもこの日記の装丁とか、中のデザインで感じましたが、この歳まで生きて来て、また新しい発見をさせてもらいました。

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2013/09/22 Sun. 16:55    TB: 0    CM: 0

中秋の名月 

今日は「中秋の名月」
一年で一番綺麗なFull Moonと古来言われている十五夜の月。

生命に満ち溢れ、テンションが高くなる。
地球の天体衝突によって生まれた謂わば地球の子供。

一番近い天体ゆえに地球の生命に大きな影響を与え続けています。

moon100[1]

岩石だけの天体なのにそこに物語ができる。無機質なのにパッションに満ちている。
今日も良い日でした。カープが勝ったからではありません。大きな月に暫し想いを馳せる・・
夜が少しずつ長くなって行きますね。酔える時間が長くなる秋。

明日も皆さんにとって良い日でありますように。




カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2013/09/20 Fri. 00:08    TB: 0    CM: 0

夏のイベント終了 

"Serendipity18"と言うプロのビッグバンドがあります。ボブ・フローレンスのナンバーを中心に演奏しているJazz Bandです。今日開催された国立新美術館でのAmerican Pop Artの展覧会関連のパーティーで演奏を聴くことができました。
セレンディプティー
(ちょっと照明が暗かった・・)

やはりビッグバンドは最高でした。バンマスの杉山さんが友人で、今回僕が関係している展覧会でのパーティーに出てもらいました。パーティーのBGM的な演奏で申し訳なかったのですが、最近のライブなんかではまずお目にかかれない往年のカウントベイシー中心のナンバーで、途中からはこちらも酔いが回って大いに盛り上がりました。

新美パーティー

美術館でのJazzの演奏というのはなかなか実現しないのでレアな体験でした。しかし吹きぬけの巨大な空間での演奏だったので少し響き過ぎたようです。でもこういうサウンドもまたレアものかと思い大いに楽しみました。

これで8月からの一連のイベントが終了。
今年の夏は僕にとって気候だけではなく本当に暑い夏でした。
華やかでざわついた夏、でもとても楽しい夏でした。
秋は少し仕事に集中です。

APAチケット

展覧会は六本木の国立新美術館でまだ開催しています。終わったらコロラドに持って帰り、もう二度と実現しない催しになると思うので、お近くの方は是非お出かけください。

講談社本
(講談社から出ている「アーティストとの会話」もポップアートに興味がある方は是非手にとってみてください。面白い内容になっています。)

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2013/09/17 Tue. 23:15    TB: 0    CM: 1

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。