大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの社長をしている 大谷光彦のブログです。

11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

映画に求めるもの 

久しぶりに映画を観ました。「ゼロ・グラビティ」という宇宙物で、3Dとかドルビーアトモスとか言う一種のサラウンドで有名な映画だそうです。

zero gravity

映画を観るのは如何にも〝OFF Day"であることを実感できるという意味で好きですが、総じて内容に入り込んでしまうタチなので、落胆と感動の落差が激しく、いずれにしても疲れてしまう方です。だから僕にとって映画はどちらかと言うと心身ともにOFFを実感できる時でなければなかなかハードルが高いイベントのひとつになっています。

これは息子に勧められて行ったものです。3Dのメガネも持っていて貸してくれると言うし。好奇心を刺激されて。
第一印象は、確かに一度観る価値はあると言う感じです。特に技術の進化を実感できるという点では素晴らしい。

まるで自分が宇宙空間に浮いていると〝物理的にそう感じられる”ところが凄い。映像と音の迫力は確かに未知のものでした。生理的に宇宙を実感できるというレベルがあって映画としては確かに凄い。人物の息使い、重低音の迫力、3Dの空間浮遊感や座席が動いているかのような無重力感とか。

次に感じたのは、動物として静寂と闇の怖さや、如何に重力や空気が人間にとって大切かという学習をしたということかもしれない。そういう意味では宇宙の過酷さや未来の世界に生きていたくないっていう幻滅感とかという副産物もあったと思います。あまり後味のよくないものだけど・・・

でもその劇的な生還に感動できないんですよね。ストーリーに厚みがなく、映画と言うよりテーマパークのアトラクションと言う感じ。うまく作られているけど多くがCGというのかFXと言うのかよく知りませんが、音もそうだけど画像もデジタル的に綺麗過ぎてリアリティーがない。

若い人には楽しめる映画かもしれない。でも映画に求めるものが違うっていう感覚を改めて感じてしまいました。

同じゼロでも「ゼロ戦」にすれば良かったかなあ、と思った年末の一日でした。映画にもいろいろありますね。


スポンサーサイト

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2013/12/31 Tue. 00:43    TB: 0    CM: 0

女性がリーダーであること ~才能に屈服する快感~ 

さて、やっと休みになりました。

先日寒いので懲りたはずなのにまた自転車に乗りたくなって夕方出かけてきました。今日は風がなくて体感温度は随分と増しでした。

海2

休んでいる工場が多いのか遠くまでくっきり。(真ん中のヨットの帆のようなのがアクアラインの通気口となっている人工島)

そう言えば先日久しぶりにブルーノートに行って〝マリア・シュナイダー”のビッグバンドを聴きました。昔サンフランシスコに居た時、通勤中の車のFMで聴いたのが最初。数少ない女性がリーダーのジャズオーケストラで、秋吉敏子もそうだけど、当時はやや凝った理屈っぽい音で、そんなに好きではなかったけど、非常に格好いい音でした。すぐCDを買ったのを覚えています。改めて取り出してみたらそれは1992年に彼女が出した最初のアルバムで、1994年の6月11日に買っていました。

生で聴いたのは今回が初めてでしたが、20年前とサウンド自体は変わっていなかった。今最もクールなジャズオーケストラと言われて大した人気になっていますが、その理由がわかったような気がしました。それはCDを聴くだけではわからなかった魅力です。

もちろんサウンドも非常に凝っていて知的で格好がよい。ドラムとベースがジャズを感じさせるけど、それがなければクラシック的でもありすごくコンテンポラリーなサウンド。アコーディオンなんかもあってとてもオシャレなサウンドです。

でも一番印象に残ったのはオーケストラ全体の景色でした。中央で指揮をとる彼女の格好よさがサウンド自体を形作っていると言うか、彼女と男性集団が醸し出すビジュアルなサウンドって言うか、女性がリーダーであることによって生じる一種のトランス状態と言うか、そういう空気感が会場を支配していたように思います。

もちろん彼女の美しさも大きなポイントになっていると思う。いわゆる女性的・母性的ニュアンスではない知的でむしろ少年っぽいキュートさがその作り出すサウンドに輪郭を与えているのかもしれない。

極端かもしれないけど、卑弥呼に見られるようなカリスマヒロインに従う男性集団が持つある種リラックスした一体感であり、女王蜂を中心とした完成された機能美という表現でも良いかもしれない。

男性が男性をコントロールする効率より次元の違う高次元の効果が出ているような気がしました。それは一種の才能というものに屈服する快感かもしれない。そんなことを考えながら心地よい時間を過ごしました。

是非YouTubeで聴いてみてください。

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2013/12/30 Mon. 00:50    TB: 0    CM: 0

サンタクロースと家族のヒストリー 

こんな寒い日にわざわざしなくてもと思いながら、よせば良いのに久しぶりに自転車に乗ったら案の定、心も体も冷えて帰宅。北西の冷たい風に10キロでギブアップ。ここのところのひどい運動不足のせいでしょうか、寒風にとても勝てなかった。でも、澄んだ空気にピンと張りつめた夕焼け。なかなか身の引き締まる景色でした。寒いのは暑いよりやはりいい。今日は冬至ですね。まだ明るいうちに出たのにあっという間に陽が沈んでしまいました。

夕焼け

来週はクリスマス。このところ一段と多忙で時の経つのが早かった。今年ももう終わりですか。
今年のクリスマスは平日。仕事で猥雑に過ぎて行きそうです。

そう思って少し飾ろうかと倉庫を探していたら、20年も前にカナダで買ってどうもそのままになっていたらしいサンタクロースを家内が見つけてくれました。買ったことすらすっかり忘れていました。これを作ったカナダ人のセンスの良さとその遊び心に感心し、昔子供と祝ったクリスマスを少し思い出しました。

サンタさん

昔はツリーを引っ張り出していろんな楽しい小物で飾ったものです。子供が大きくなるに従ってツリーが小さく貧弱になって行きました。そして今では何もしなくなってしまった。家族とクリスマスの関係はそんなものでしょうね。それが健全な日本人のクリスマスかもしれない。

昨日、社員が大勢家族連れで来てくれました。みんなで料理を作って、ゲームをしてちょっとしたパーティーでした。総勢20名くらいでしたが皆若い社員で小さな子供も大勢。子供とクリスマスは大いに関係がありますね。自分自身が小さかった頃のこと。自分の子供が小さかった時のこと。そして子供達が巣立っていった今のクリスマス。家族のヒストリーがそこにあったことを思い出しました。

随分ブログを更新していなかったですね。今年も終わりそうになってきたので少し時間があるときまた思うことを綴ろうかと思っています。

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2013/12/23 Mon. 00:29    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。