大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの社長をしている 大谷光彦のブログです。

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

マレーシア航空に寄り添う 

マレーシア航空がこんなに短い間に2度もひどい災難にあったことに心が痛みます。何度も何度も乗った飛行機なので人ごとではありません。

最初の遭難は未だに何が起こったのか皆目解っていないようだし、機体も乗客も忽然と消えてなくなったまま。あんなにハイテクに満ちた文明の利器が、なぜ痕跡を残さずに消えてしまえるのか。事実は小説より奇なり、とはまさにこのこと。CIAとかKGBという世界の話なのか、宇宙とか未知の文明というような領域の話なのか、もっと紛争とかテロとか組織的・社会的な話なのか。とにかく現実感がまったく感じられない。メディアも新情報があれだけなければニュースヴァリューがないと見えて、まったく報道しなくなっている。それも含めて本当に不可思議な話です。何か歴史から消え去られた事実のひとつみたいに。

そう思っていたところに今回の「撃墜」という衝撃的な事件。こっちは、まったく反対の意味でまたあまりにも非現実的な事件です。少なくともこっちは「事故」ではなく「事件」。地球上をあれだけ飛び交っている普通の平和な定期航空便が恐ろしく理不尽に“うっかり”撃ち落とされた訳です。しかもその雑さと言うか幼稚さと言ったら実に古典的でまた恐ろしく低レベル。

このように書いていても本当に常識的な感想を持ちえないような気持になってしまいます。その意味で非常に納得感のないまさに「事故」なのかもしれません。何か気持が沈んでしまいます。行方不明も大問題だけど、今回の撃墜には大きな怒りを覚えます。うまく気持を整理できませんが、あまりにも「人為的」な出来事で、その“やりきれなさ”は半端ではないですね。
どこまで人間は愚かなのか。悪意があった方がまだマシです。

マレーシア航空に乗ると必ず "トゥアントゥアン・ダン・プアンプアン(tuan tuan dan puan puan)"という言葉でパーサーが案内を始めます。tuanは男性を呼ぶ時の「~さん」でpuanは同じく女性を呼ぶ時の敬称。複数形がないので同じ単語を並べて複数を表わします。danは英語のandなので、これで“紳士淑女の皆さん(ladies and gentlemen)”という意味なのですが、きっと事故にあった飛行機は同じ言葉で乗客に話しかけて飛立ったことでしょう。あんな事が起こるとは微塵も思わないで。

例の雑誌の“じゃらん”は「歩く」とか「道」と言う意味で、ふたつ続けると「旅行」と言う意味になります。マレー語はあまり抽象語がなくて、難しいことを表現するのは得意ではありませんが、それだけにとても可憐で暖かい言葉です。

マレーシアには6年以上も住んでいたので、もう第二の故郷と言っても過言ではありません。言葉も簡単で特にマレー人はとてもフレンドリー。特に最初3年半くらい住んでいた田舎の村はもうジャングルと隣同士。本当に今から思うと冒険とかおとぎ話の世界でした。ヘビ、アルマジロ、ヤモリ、ガチョウ、ドリアン・・・ 枚挙にいとまがありませんが今でも家族の話題が尽きません。

Backup分の移動 2196 (320x240) (200x150)
(以前にもアップしたかもしれない写真ですが、この向かいに住んでいました。ジャングルの中にある桃源郷でした。)

僕にとってはこれらの事故は、ひょっとしたら昔の友達の人生を変えているかもしれない出来事です。人は、世界の人は、こういう事件にどう対処するのでしょう。政治の世界と普通の生活の交差するところにあるどうしようもない怒り。
巻き込まれた方々のご冥福をお祈りします。



スポンサーサイト

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2014/07/22 Tue. 00:19    TB: 0    CM: 2

思い違いが出来る幸せ 

忙中閑あり。休みにしては早起きの今日、朝から秋のコンサート用に手がけているユーミンの「中央フリーウェイ」の編曲。半分くらい完成でしょうか。13時からのリハまでの時間にブログアップしようかと。

言わずとしてた名曲ですが、思っていたコード進行と違うことを今回発見。つまり何となく覚えていたメロディーが間違っていたんです。何度も何となく聴いていたメロディーですが自分に都合の良いメロディーに勝手に変えていたと言う事なんですが、譜面にすることがなければ一生気付かなかったかもしれない。そう、サビの前で転調していたんですね。恥ずかしい限りです。

この事で思い出したのは、自分が子供の頃、例えば「台風一過」を「台風一家」とか、「不通になっています」を「普通になっています」と思い込み意味がわからないと思っていたことです。もう忘れたけどこういうのが一杯ありました。大きくなって行く中で人知れず「目から鱗」が如何に多かったことか。

向田邦子に「眠る杯」というエッセイがありますが、あれも滝廉太郎の「荒城の月」に出てくる歌詞「巡る杯」を「眠る杯」と思いこんでしまっていて歌うたびに間違ったという話でした。シューベルトの「野中の薔薇」を「夜中の薔薇」と思えた話もありました。まあ誰でも子供はやるんだ、と安心した思い出があります。ちょっと知的レベルとエッセーにできるだけの“奥深き誤解”なのが僕とは全然違いますが・・

子供って意味が解らなくても抵抗がない世界に住んでいることがわかります。自由な言語発想がとても素敵な情景を生みだしたり、それで勝手に心豊かになっているとも言えますね。意味が解って辻褄が合うことの貧しさという考えもできると思います。思い違いをしても許される幸せは得ようとして得られるものではないなあ、と。

まあ、いい歳をして、ユーミンで久々の新鮮な間違い発見をして小さかった頃のあの独特の「幸せ感」が蘇ってきたと言うのも気恥かしい話ですが、この歳になってそういう新鮮な発見はそうそうあるもんじゃないんで、少し“素直に得した”感があります。

そう言えば、一昨日の金曜、スーパーボーイの三田社長と会食をして、そのあと知りあいが出ているというので、土砂振りの雨の中、お茶の水の「NARU」に行きました。宮本貴奈のピアノトリオで、米国で活動していた女性で最近日本で露出が増えているようです。そこでの新たな発見は、ゲストプレーヤで出ていたテナーサックスの鈴木央紹(ヒサツグと読むそう)のプレー。全体的に暗くて修道僧的雰囲気を纏い過ぎているかとは思うけど、なかなかオリジナリティーがある。特にバラードの表現は秀逸でした。もう少し花があれば、もう少しグルーブしてくれれば・・なんだけど、上手いプレーヤーでした。今まで知らなかった。

NARU.jpg
(やっぱりプロはプロですね)

根が単純なんで、またエチュードでアドリブ練習をうんとしたくなりました。どうせいつものように続なかないんだけど。

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2014/07/20 Sun. 12:19    TB: 0    CM: 0

古き良きアメリカ~Memories of You 

久しぶりのブログです。

進めていたグループ会社との合併が正式に承認され、7月1日付で無事に新生「マイランド」が発足しました。これを契機に「会長」にさせてもらいました。ひと段落してホッとした週末でした。そして今日はイベント無しの静かな一日。

秋に演奏会が3つ入ったのでいくつか新たに編曲を、と「フィナーレ」を立ち上げました。ちょうどよい気持ちの区切りになるかと。

今日から始めたのは「Memories of You」。昔サンフランシスコで良く聴いていたグレンミラーの演奏が体に染みついていてそれをサックス5本とクラリネット用に編曲しようと思いついた次第。往年の名曲です。古き良きアメリカを感じさせる一曲。

僕が居た時はバブルが弾けた直後の、もう古き良き香りのないアメリカでしたが、単身赴任の密度の濃いあの高揚感と少しザラザラした気持を思い出します。そんな中で聴いたこの曲は少しの間でも僕を優しく穏やかな気持ちにさせてくれたものです。
懐かしくなって住んでいたアパートの写真を探しました。ちょっとしたmemories of meですが・・

Backup分の移動 1722 
(この写真は5年前くらいに行ったときのものです。でもアパートはそのままでした。)

この曲は1930年の作曲。映画「ベニ―グッドマン物語」の中でも出てきましたが、本当に癒してくれるメロディーです。長調のゆったりした曲で、木のぬくもりを一番感じさせる木管楽器であるクラリネットにピッタリの曲。今回わがバンドに新たにクラリネットの名手が加入してくれたので記念の一曲にしようと思って編曲を始めています。

Memories of You
(まだ編曲途中だけど、PC画面から・・・)

ちょっとメランコリックになりましたが、明日からまた新たなメモリー作りに頑張ります。

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2014/07/06 Sun. 23:57    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。