大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの社長をしている 大谷光彦のブログです。

12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02
 

古典的ウイルスと同窓会 

先週、所用で御殿場に行ったついでに、富士山の景色が自慢のホテルに一泊してきました。
寒空の夕焼けになかなかどうして引き締まった風情の富士山でした。

lala Gotenba富士山

ところが良いことがあると反動があるらしく、帰ってきてからが大変。頭から首にかけて痛みがあると思っていたら頭皮に尋常でない違和感が。週が明けて病院に行ったら帯状疱疹との診断。痛みが結構ひどく、とても仕事ができる状態ではなく、3日間休んでしまいました。

まだ初期に手当てをしたらしく、聞いていたほどの激痛には至らなかった方だと思いますが、今までに味わったことのなかった痛み。頭の三叉神経がやられたらしく、結構踏ん張りにくい痛みでした。

これは水疱瘡のヘルペスウイルスという随分古典的かつ普遍的に存在する人間親和性の高いウイルスみたいで、鳥インフルとかエボラとかの最近デビューした〝コワモテ″のウイルスとは違い、妙に懐かしく親近感を感じるウイルスです。
しかし帯状疱疹神経痛なる後遺症を発症することもあるそうで、舐めると怖いのはきっと古典的なものの特徴なのでしょう。心して神妙かつ従順にお付き合いをしたつもりです。

お陰様でなんとか痛みもとれ、今のところ後遺症の芽は出てないみたいです。まあ年末年始に結構無理したせいで免疫が下がっていたのでしょう。良い休養になったと思う事にします。

ところで明日は日曜ですが、高校の同級生が出張で上京の予定。昼間から一杯やることになっています。同窓会の名簿からメールアドレスを見つけてくれて連絡をくれましたが、彼とはもう何十年も会っていない。盆と正月に郷里の尾道で皆集まっているのですがどうも都合が合わずもう何年も出席していません。

還暦も超えてくると本当にお互い誰かわからないという現象が起こるものです。「時」と言うのは定期的に会っていれば同時に進行して行きますが、長年会わなかった同窓会というのはまるでタイムカプセルのように時が一致しない。会うことで突如昔の自分にも出会う事になり、自分の中でも2つの別の「時」が現れます。

だから、自分の遠い過去と今の自分を一致させられなくなって、まるで2人の自分が一緒に存在しているような気持になってしまいます。彼とはそのくらい会っていません。

明日開けるタイムカプセルはどんな自分に会わせてくれることでしょう。懐かしくも怖い気がしますが、これを機にまた一緒に時を歩み始められればいいなあと思っています。
 


スポンサーサイト

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2015/01/31 Sat. 23:39    TB: 0    CM: 0

テロで感じた〝大人のユーロ″ということ 

年が明けてからもう10日以上経ちましたが、明けましておめでとうございます。
今年の正月は子供や孫の他に海外からのお客さんもあって賑やかでした。そもそも例年より少し長めの休みでしたが、イベントが多いと一層長く感じるもので、若い時は時間の中身が濃くてたくさんの時間を過ごしたように感じたことを思い出しました。

そう言えば、2~3日前から息子夫婦がアメリカに旅行中でペットを預かることに。突如1匹同居人が増えたのですがこれが意外にも可愛いので驚き。夜行性で犬とバッティングしないと思ったら、なかなか自己主張も激しく、互いにナーバスに。部屋を分けました。ハリネズミも馬鹿にしたもんではないですね。伊達に針がある訳ではない?存在感たっぷりです。

チェルシー

ここ何年か喪中の連絡が多く、去年は我が家がそうだったので、人によっては2年連続かそれ以上年賀の挨拶を控えることになります。昔から長く出し合っている年賀友達は年齢も似ているので親の年齢も近い。そういう時期になったことを実感します。

いきなりのビッグニュースがパリでのイスラム過激派のテロ。この手の事件にも慣れて来ていましたが、全土で300万人を超える人が集まって集会し、そこにヨーロッパと近隣の首脳が多数参加したことに驚くとともに小さな感動を覚えました。

ユーロというのは単に経済圏として新たなマーケットを作っているという様なイメージで理解していましたが、もっと深い意味があるように思った次第。移民や多様な宗教や貧富の差の問題。そして今更もとには戻れないという一蓮托生としての政治ユニットとしての側面。

こんなに素早く各首脳が「連帯」の意思を言葉だけではなく行動に移したこと、否、移さなければならなかったことに、事の重大さを感じました。経済ユニットではなく、もうひとつの国なんですね。きっと。一応それぞれ別の国だけど、もう別の国とは言ってられない。複数の国々なのに9・11の時のアメリカと同じ反応ができると言う意味。立派なひとつの「新しい国」になっているのかもしれない。

今日は成人の日。一昔に比べ〝良い子”の新成人が多くなった印象を持ちます。欧州の連帯と比較して少し「大人と子供」の意味を考えました。

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2015/01/13 Tue. 00:05    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示