FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

幸せということ 

今日は春の気配を感じさせる暖かさだったのに明日は10度以上も下がるそう。三寒四温とはよく言ったものです。

この週末は孫に正月以来の再会で一日が過ぎ、音楽の練習で二日目も終わりました。孫は1歳半を過ぎ少しコミュニケーションができるようになってきたせいか、人間らしくなってきた・・・

20150115.jpg


相変わらずイスラム国(HNKは「国」という呼称をやめたみたいですね。正しい姿勢だと思います。)関連のニュースが続いていますね。

ヒューマニーズでいろいろな〝パーソナリティー・アセスメント”のツール開発を進めているのですが、今先進国を中心にいわゆる「IQ」ではなく「EQ」にフォーカスして人というものを考えて行こうというものが主流になっていっているのを実感しています。

EQは〝Emotional”から来ています。つまり「心の知能指数」と言う様な概念を大切に思うトレンドです。「人」は理性と合理性ではなくむしろ感情や情緒に基づいて行動するのに、それを一段低いもののように考えてきた近代の歴史が背景にあるのではないかという考え方です。

連日報道されているイスラム国関連の凄惨な事件の原因はたぶん人の「怒り」なのではないかと思っています。将来への絶望、貧困などで壊されていくプライドが生じさせるとても強い怒りがその出口を探しているのではないかと。

人は得をすると考えている範囲では理性的な判断を尊ぶフリができるのですが、そうではない時にはもっと荒い感情に支配される。一見理性的な判断をする「大人の国際社会」とは別の、国境によって分けられないこの怒りというエネルギーを感じます。

ISというテロ集団の事件が起こるまで、民族や宗教という軸による争いが国際社会で続く戦争の原因と簡単に考えていましたが、もっと人の深いところにある心の作用のようなところに目を向けなければならないと思えてなりません。経済とか政治とかの「社会的な大人の尺度」が役に立たないところに来ているような気がします。

週末はバレンタインでしたね。息子のお嫁さんと娘からチョコレートをもらって、自分の幸せに罪悪感を感じながらそんなことを考えていました。本当に最近のチョコレートは一段と綺麗ですね。幸せで申し訳ない気がします。
僕には語る資格がない?

バレンタイン1 バレンタイン2
スポンサーサイト



カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2015/02/16 Mon. 23:10    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示