FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04
 

エアバス事故と赤とんぼ 

先日、仕事の合間に親のご機嫌伺いに急ぎ足で尾道に帰ってきました。
いろいろありますが両方息災でありがたいことです。

父親は特攻隊の生き残りで、最近は機会があるといろいろ当時の話を聞くことにしていますが、ちょっと驚いたことがりました。

家に通称「赤とんぼ」という複葉機の模型があったのですが、そこにあった機体番号が父親が最後に乗った(そして突撃前に終戦になったのですが)飛行機のそれだったのです。どこかのクラフトショップで見つけて驚いて買ったのだとか。

赤とんぼ   赤とんぼ(番号入り)

これはもともと練習機です。百田尚樹の「永遠の0」などからのイメージで特攻隊に使用された戦闘機はいわゆる零戦だったと言う様なイメージですが、戦争末期は使えるものはすべて使う戦いだったことがわかります。この飛行機に爆弾を付けて多くの仲間が南の海に散っていったのです。父親も4日終戦が遅かったら、そして上官が攻撃命令を止めなかったら死んでいたということです。

父親にとってこの体験は一生を決める大きく重大な経験だったようです。そりゃそうでしょう。
今の日本の平和な環境では想像もつきません。
でも中東やアフリカで起こっている自爆テロは、彼らにとって、すぐそこにある現実です。

それはともかく、この番号が何故この模型についているのかはわかりません。
偶然にしては出来すぎていて気味が悪いくらいです。

この話を書いたのは、フランスでのジャーマンウィングス社のエアバス墜落の事故があったからです。
パイロットの自殺行為に多くの人命が巻き添えになったというからショッキングな話です。

メンタルへルスの仕事をしていることから自殺ということに大きく反応してしまいますが、社会的に言えばこれは殺人と言った方が適切です。自殺が駄目なのは、周りの人に与えるダメッジを無視する身勝手な行為であるからと言う言い方を良くします。カトリックでは、自殺すると絶対に天国に行けないと言っています。殺人より罪が重いという考えもあります。

今回の墜落は自殺でもあり殺人でもありますが、宗教的な問題ではなく、純粋に殺人行為としてのインパクトの大きさに驚きます。現象としてはいわゆる自爆テロに似ています。

でも心神耗弱状態による巻き添え殺人という要素は、行為能力という壁に突き当たり、法的な意味の殺人として裁かれない可能性があります。その場合の被害者の家族の怒りの矛先がどこに行くのか?

特攻隊での死も自殺であるとは言えないだろうか?
国策による洗脳の結果での自殺と言ういい方も出来るかもしれない。
では戦争と殺人は何が違うのであろうか?
脱走は正義なのか?
エアバスの副操縦士の罪は?

飛行機という密室空間の怖さとか、減速しないで降下して行く窓から見えるものとか、本当に想像すらできません。

死んでいった父親の仲間のことを考え、そして今回の殺人行為の原因を考えています。
理不尽と言うにはあまりにも無慈悲な事件です。
被害者の方の冥福をただ祈るしかありません。





スポンサーサイト

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2015/03/28 Sat. 16:02    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示