FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
 

続トランプ大統領雑感 〜ノーベル賞・ゴーン元会長で考える日本の民度〜 

先日トランプ大統領のことを書きました。あれから2週間ほど経ちますが、またマティス国防長官を解任というニュースを聞き、彼があくまで「トランプ」であり続けていることにある意味ホッとするという不健全な気持ちを持つと同時に、ここのところの株の暴落などにみる世界経済の不安定さは、トランプを初めとする各国の自国閉鎖主義がその原因のひとつであると思うし、考えたくはないけれど先の2つの大戦前夜を連想してしまう年の瀬になってしまいました。

前回のブログで本庶先生のノーベル賞とゴーン元会長の今回の刑事事件がこのトランプ大統領のことと関係があると言いましたが、ちょっと今回はそのことを考えてみたいと思います。

まずのノーベル賞のことから。今までのノーベル賞の受賞者は圧倒的にアメリカ人で、多くは西洋先進国の人です。アジアでは日本がダントツのトップで、当然日本人の優秀さを誇っても良いと思いますが、これから先はどうだろうと考えてしまいます。その理由は、個人責任文化へのシフトが不十分なまま“短期での成果を求めることで無駄をなくそう”という考え方が進んでいると思うからです。日本人がなぜ優秀か、というのは日本の民度が高かったからで、それは日本の個人の評価というものが近視眼的ではなかったことと関係するのではないかと思っているからです。今の日本の方向性は外資系などにみる西洋文化の中で形成された評価制度のような考え方を学問や研究開発にも当てはめようという風潮が感じられます。

これは日本が貧しくなってきていて、「効率」の定義を昔のような尺で考えられなくなってきたからです。このことは経済的なことと関係がないとは言いませんが、実は経済力と国力を連動して考えること以外の日本固有の価値観・価値基準が衰退しているからではないかと。これは資本主義やグローバリズムへの適応ニーズがもたらす負の効果といって良いし、今必要なのはいわゆる「リベラルアーツ」を軽んじる風潮(価値観の貧困化)への警鐘です。

時間をかけて育むことでしかできないことは匠の世界から夫婦の愛情に至るまでこの世の中にたくさんあります。それは人がオーガニックにしか成長しないということだと思うからです。そういう価値観をもつことに今我慢が必要とされるようになってきて、その我慢ができるには経済的なゆとりが日本の社会からなくなってきてしまった。会社の経営、教育、研究開発、子育て、家庭、文化など枚挙に暇がありません。この問題はデータエコノミーやAIによる新たな水平線の中で人間の存在価値をどう考えるかと言うこととも表裏一体のテーマです。

トランプの「短期決戦型勝利の法則」の欠陥とこのことは根っこが一緒。世間が我慢する価値を文化として失ってきて、民主主義はポピュリズムという欠点を通じてそれに便乗する人物を指導者にする。大きな成果には時間と失敗は必要で、文明を画期的に進化させるような発見はその何千倍もの失敗や無駄があり、それを許容する文化が無くなってきたように思います。

もうひとつのこと、そう日産のゴーンさんのことです。これはノーベル賞で議論した話の裏返しで、日産を再生させた傑出した能力をもつ人物が落ちた墓穴の話とも言えるし、日本人(この場合特に社員)が寄ってたかって突出した異質な外国人に対して持っていた不満感を解決し溜飲を下げようとする意図が隠れている行為とも言えると思うのです。突出した強さや能力を持つリーダーを求めつつも同時に皆があまり差を持っていないことに居心地の良さを感じる日本的社会主義(平等主義)の矛盾です。

トランプの場合は、庶民の屈折したヒロイズム礼賛のエネルギーがその正当性の裏付けとなっていますが、ゴーンの場合はどこか用済みと判断した狡猾な集団意識を感じたりします。検察が起訴する背景の話で具体的に日産の現経営陣がどういう動きをしたかは知りませんが、日本人経営者ではゴーンのような人物はなか現れなかっただろうし、あの時点であんな成果をだせる人は他にいなかった。その代りにあのような疑わしい背任系の行為もしなかったし、訴追されるような事態にはならなかっただろう。

僕は随分海外との関わりの中で仕事をしてきましたが、やはりトランプ大統領とゴーンさんは米国人とヨルダン人(と言ってよいかは?ですが)であり、本庶先生は日本人だとつくづく思います。いずれも優秀で突出した能力を持っているので普通の人ではありませんが、能力の基盤とその表れが違う。大切なことは数字などの客観性・中立性のある尺度は、時間の幅をどう考えるかということが重要だし、時間によって成果が違うことは環境がどこまでそれを許容できるかという問題でしょう。厳密主義は大きな成果を得られないことは歴史が証明しているし、効率が良いとは非常に難しい注意を要する言葉だと思うわけです。

なんか居心地がよくない年末ですね。歴史はこの平成最後の年をどのように評価するのだろう。
スポンサーサイト



カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2018/12/25 Tue. 17:37    TB: 0    CM: 0

喧嘩で勝つ方法 〜平成最後の年のトランプ大統領〜 

早いもので今年もあと半月くらいになってしまいました。しかも平成も今年が最後と考えると、時の経つ速さというより“歴史になっていく日々を過ごしている”と言うような感覚がどんどん強くなっていきます。最後の年だからこそ「平成」を考えるというテーマで書いてみます。

社長を退任して6ヶ月近くブログを更新していませんでしたが、僕にとって今年の最大の関心ごとは何と言ってもあのトランプ大統領です。戦争と喧嘩は先に攻撃した方が有利に進められ、常識を振りかざした方が負けます。つまり自分の怒りの感情に正直な方が多くの場合初動で勝つと思います。怒りは一番強いエネルギーを与えてくれる感情だと思いますが、それを抑制している間に攻撃されると、つまり格好をつけている方が負けるということです。国のトップにそういう人物が就任することもままあって、南米とかアフリカなどには今でもそういうトップはいるでしょう。だから、最大の関心ごとであるという理由は、あのアメリカという超大国の大統領にその種の人物が選ばれたということです。「パックスアメリカーナ」はとうの昔に終わっているとは言え、その意味では歴史的に大きな曲がり角のような特筆すべき現象、何かに駄目を押すようなことが今起こっていると言う感じがしています。

会社を経営していて、自分が如何に常識家でバランスを重んじるタイプかということを、ネガティブな意味で何度も思ったことがあります。もっと言えばサラリーマンタイプと言うか、組織の一員タイプというか、理性に価値があると思い過ぎていると言うか。まあこういうことは人間の「タチ」の問題なのでとやかく言っても仕方がないことながら、そうでないタイプの経営者を羨ましいと何度思ったことか。どこが羨ましいかと言うと、変な意味ではなく、悩みが少ないと思うからです。悩みは想像力から生まれます。想像力が大きい人の欠点は判断する材料が多くなると言うことです。経営は複雑な要素の中で判断することではありますが、先に行動する能力がある人の方が新しいことができると思うし、特にイノベーションというのは過去の積み上げではなく直感力を優先するタイプでなければできないと思うからです。まあ守りに強い人は攻撃に弱いという言い方になるのかもしれません。「バックキャスティング」という言葉がありますが、まあ演繹法的に物事を考える能力がなければ創造性に繋がりにくいと言ってもいいでしょう。

トランプでなければできない大胆でシンプルな行動をアメリカがしている。しかもトランプ個人のパーソナリティーそのものをそのエネルギー源にしているという行動をアメリカという国家がしているというところが凄いことです。オバマ元大統領はは理性とか愛とか理念と言う方向性を大切にし、教養の価値を重んじる「大人」でしたが、トランプはよく言えば映画の「ロッキー」のようなヒロイズムに憧れる人物、シンプルでパワフルで勇気溢れるわかりやすい人物、損得に正直で偽善のない人と言えるでしょう。

メンタルヘルスの世界では、自己把握力とか、起こっていることを客観視できる能力が高い方がストレス耐性が高いと言われます。最近レジリエンスとか首尾一貫感覚(SOC)などとも呼ばれる一連の能力のことです。しかし僕に言わせるとこのトランプタイプの人が一番ストレス耐性が高いのではないかと。攻撃型の人にストレスがないと言う訳ではないでしょうが、自分に対して複雑な感情を持たない分、それが「うつ」などにつながる可能性は低いような気がします。

彼の登場に象徴される“思考や行動の単純化と明確化”は(一種の無責任化を内在している訳ですが)今や世界の潮流となってきていて、Brexit やフランスの暴動などもこの流れの一つだと思うわけです。所得格差だなどの不満が大きいエネルギーになって臨界点に達してきたとも言えるけど、それを行動に移すのはこう言ったトランプタイプの行動パターンと無縁ではないと思う。

しかし日本人はそこまでエネルギーが高くないのか、行動の単純化をやはり侮蔑するほど教養が高いのかどうか分かりませんが、特に若者が行動を起こさなくなって久しい気がします。60年安保を最後にそういうことが社会現象にならなくなった。一方、災害ボランティアに手を上げる人が多い。日本人は優しいのか大人しいのか理性的なのか。国民性とまでは言わないが、グローバルな競争では今もって弱い。それは誇れることなのかも知れないが負け惜しみにしか聞こえないことも多い。ただし同時に大切なことは、戦争も喧嘩も長期戦になるとトランプ型が強い訳でもないことは歴史が証明しているということ。さらに言えば、本庶先生のノーベル賞とゴーン元日産社長の話とこのことは関係があります。そのことはまた次に考えてみようと思っています。

今年一番の寒さになってクリスマスを迎えることができると期待し、もう平成ですら終わると言うのに昭和への郷愁を感じている自分に気づきます。年齢のせいだけでしょうか?

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2018/12/12 Wed. 18:42    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示