FC2ブログ

大谷光彦のブログ

一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

新型コロナと企業研修 

コロナの感染者がまたじわりじわりと増えてきました。最初の波が過ぎたのは間違いのないところですが、「コロナショック」とでも言える「初もの」への恐怖が少し減ってきていることも確かです。人の中には必ず「慣れ」という薬が潜んでいて、どんなショッキングなことでも時間によって耐性ができていくものだからです。

今の世の中を見ていると、コロナが“全く目に見えないところにいる敵”ではなく、“居るところがわかっている敵”になってきた感じがしますね。「正しく恐れる」とは良い言い方をしたもんだと思います。

ながく企業の社員向けのメンタルヘルスの仕事をしてきましたが、この何年かはむしろcareやcureよりprevention(予防)の方に関心が強く働くようになってきていました。

例えば出血しているような時にはまず止血しなければ命に関わる。しかしそれを通り過ぎると、“出血しにくくするにはどうしたら良いか”を考えるようになります。その方が最終的には効率が良いからです。ヒューマニーズの仕事はもちろんメンタルヘルスの予防に向かってどんなサービスができるかを目指していましたが、危険を予知して目に見える被害が起こっていないときに、企業として費用をかけ、直近の不便を承知で、そのためにエネルギーを割くことはなかなか余裕がなければできないものです。

ヒューマニーズの社長を辞めて、少し周辺から物事を見ることができる立場になりました。そして思うことは、この予防そのものを企業に訴えて行ける立場になったという自覚を持てたということです。

3年前に「一般社団法人 組織・人能力開発研究所」という長い名前の法人を設立しました。その名称で企業の従業員の中の、次世代のリーダー候補を対象とした研修を始めました。見かけは「メンタル系」の領域ではありませんが、それはメンタルをもっと大きく、もっと「普通のこと」として捉えるという発想から来ていると言っても良いかもしれません。

つまり、「生き生きと働く」ことが一番メンタルの問題を包括的に遠ざけることになり、その意味では当然「予防」になるというアプローチです。この社団法人で実施しているのは「コア社員」研修と言って、”会社の経営に主体的に関わる自分の意欲と、その意欲を会社の未来の成長に結びつけるだけの能力を会社に認めさせ、それを自分の成長につなげることができる能力にまで高めることができる社員を目指す”というような研修です。うまく言えませんが、自己主体主義とでも言うようなものです。

そんなうまい話があるのかと思いますよね。でもこれは研修によってある種のスキルが身に付いたり知識が身に付くような研修ではないので、もちろんそんなに簡単にそんなことが実現できるわけではありません。

ポイントは「自分の力で考え、自分の言葉で発信し、会社の将来を自分のこととして考え、真摯に課題に向き合い、大真面目にその解決に会社人生をかける」ような姿勢を身につけることを目標にしている研修です。外資系の会社にいた時、「self-driven」という言葉をよく耳にしました。言ってみればそんな社員になって欲しいという研修です。

ヒューマニーズを経営しながら、常に悩んでいたことのひとつに、社員は性善説で考えるのか性悪説で考えるのか、ということがありました。今はこう思っています。組織を無機質な大勢の人の集団だと捉えればそれはあくまで人の行動は性悪説、つまり易きに流れ、エゴに従って行動し、決して会社組織に奉仕するよう「自発的に」動くことはない。別に悪意があるとかという意味ではなく、人の自然で平均的な行動はそのようになると考え、規則を作り、強制的に枠をはめ、組織全体の最適解に向かって統制のとれた行動をとらせる、ということです。軍隊の機能を維持するなどはその典型でしょう。

しかし、もっと少人数、あるいは一握りの幹部社員や経営層を考えた時、やはり一人ひとりの能力が圧倒的に重要であり、マクロ集団の物理法則は適用できないと思うようになりました。多くの社員の平均点を教育や育成によって上げていくのは本当に難しいと思います。ところが少人数の対象に、それらの個性を無視して一定の無機質なルールを課していくのもまた「人的資源」の活かし方としてはどうなのかと思うわけです。いわば性善説です。

今私がいくつかの企業で行っている「コア社員研修」は、言ってみればこの少人数の社員に個別に存在する「少し前向きに生きたいエネルギーの芽」を、肯定的に意識的に自分の力で発展させるきっかけ作りのお手伝いをしようというような研修のつもりです。

実はその姿勢を持ち続けられれば、さっき言ったメンタル的にネガティブになる可能性を少なくし、自分の意識すら客観的に見る視点を持ち、自分の組織の中での位置を鳥瞰することができるということだと思っています。そしてそんな社員は組織に依存ししがみつくのではなく、上司に対してすら寛容になり、組織の課題にも忍耐力を持ち、大きなキャパシティーの中でその解決を図っていけるのではないか、と。会社という組織自体は結局利益を作る個人に歯向かうことはできず、その人間を重用する原理が働くはず。そしてその社員は幹部になり、権限を持ち、自分の意図することをより実現しやすい環境に自分を置ける。たとえ特定の上司に疎んじられ、「出る杭」が」打たれようとしても。

最初にコロナのことを言いましたが、消去法で感染しない方策に逃げ込んでいると、経済的に命が断たれてします。国に補償を皆が求めれば国家が破綻する。「正しく恐れる」は「賢く恐れる」ことであり、それが長期間続くであろう新型コロナと共存しながら結局は勝利する方法なのだと思うわけです。社員が生き生きとすることは免疫とも関係するはずで、その根っこは同じなのではないかと。

私の研修もコロナによって4月と5月はまったくできませんでした。6月から少しずつ、そして7月から開始の運びになった企業が増えてきました。また緊急事態宣言が発令されないことを願いつつ、私の研修の方向性とコロナへの対処の仕方は深いところで根っこが同じテーマでもあると、改めて思っている今日この頃です。
スポンサーサイト



カテゴリ: 社長ブログ

[edit]

Posted on 2020/07/05 Sun. 23:52    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示